トップ検索結果 > 早稲田実業学校中等部

早稲田実業学校中等部

早稲田実業学校中等部

〒185-8505
東京都国分寺市本町1-2-1
公式サイト
早稲田実業学校中等部
80偏差値
64
80偏差値
69
男子 02月01日
女子 02月01日
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。

性別
男子
学校名
早稲田実業
受験日
02/01
80偏差値
64
50偏差値
60
性別
女子
学校名
早稲田実業
受験日
02/01
80偏差値
69
50偏差値
65
四谷大塚入試結果の偏差値です。
80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:30

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂中高あり
パン自販機あり

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    村上公一

  • 創立

    明治34年

  • 生徒数

    713名(男456名、女257名)

  • 所在地

    〒 185-8505
    東京都国分寺市本町1-2-1

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    無い内進生

    104名

  • 高校生
    外部募集

    180名 (完全混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週32時間
      1年 2年 3年
    国語 4 4 5 13
    社会 4 4 4 12
    数学 5 5 5 15
    理科 3 4 4 11
    英語 5 5 5 15
    5教科計 21 22 23 66

沿革

1901年、早稲田大学創立関係者によって創立。この当時は実業教育に重きをおいた。のちに早稲田大学の傘下から独立するが、1963年に再び早稲田大学系列に復帰し、新たに普通科を設置する。2001年4月、国分寺市のキャンパスに新宿区から移転し、名称を中学部から中等部へと改称。2002年から女子を募集して共学校となる。

教育方針と特色

建学の精神は「三敬主義」(他を敬し、己を敬し、物事を敬す)で、その教育実践のための校是が「去華就実」(華やかなものを去り、実に就く)。大学の中核となりうる人材の育成を目標に、カリキュラムが編成されている。主要教科は時間増になっているが、知識の詰め込みに終わらないよう、常に興味と関心を育み、自発的な研究と広い視野での思考が出来るような授業を心掛けている。キャンパスは広大で施設・設備が整っており、学業に、スポーツに、芸術に打ち込める充実した教育環境である。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報

教科ごとのポイント

算数
計算1問、一行問題3問、大問4題の問題構成。計算問題も含め、基本問題の出題は少なく、難度の高い問題が多い。特に後半の大問は、深い思考力を必要とする難度の高い問題の出題が定番。平面図形、立体図形、調べる問題は頻出で、調べる問題では正確さとスピード、根気が求められる。全体的に高い処理能力が求められるので、過去問演習をしっかり行っておきたい。
国語
物語文・論説文・漢字語句の3題構成。選択肢と書き抜きのみの出題に2017年度より指定語句を用いる記述が1題加わったが、本年度は3題になり、難度も増した。今後は本格的な記述対策も必要。
理科
大問3題で物理をのぞく3分野からの出題。生物分野は昆虫を切り口とした生物多様性、地学分野は特異な動きをした台風12号をテーマとした気象問題、化学分野は酸素の発生が出題された。本年度は物理が出題されていないが、今年のみの現象であろう。選択肢問題が中心だが、計算や記述問題も出題されるので、過去問題の演習で確認したい。
社会
大問の構成には例年とくらべて大きな変化はなかったが、記述問題の出題の割合が大幅に増加した。特に、最後にある150字の記述問題は内容の難易度が高い。問題数が試験時間に比して多く、すばやく処理する能力も求められているといえる。単なる知識の暗記ではなく、内容把握や日ごろの生活のなかでさまざまなものごとに興味、関心を持っていくことが重要であるといえよう。
  • 出願
  • 試験当日
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 願書類など

    「願書を早く入手して出願期限の確認をし、小学校に書いていただく調査書の受け渡しのスケジュールを作りました。」

    「受付が3日間しかなかったので、配達日指定の書留で出しました。」

    「願書の中で、『学習活動・課外活動等』の欄の記入例が、習い事や通塾名になっていて、合否に影響するのか、気になりました。」(2018年度)

    「小学校の先生に調査書を依頼する時、本人がなぜ志望したか、具体的に伝える手紙と学校のパンフレットを添えました。」(2018年度)

    「志望理由の記入は親でも子でもどちらでも可とのことでしたので、本人に書かせました。」(2018年度)

    「願書を早く入手して出願期限の確認をし、小学校に書いていただく調査書の受け渡しのスケジュールを作りました。」

    「受付が3日間しかなかったので、配達日指定の書留で出しました。」

    「願書の中で、『学習活動・課外活動等』の欄の記入例が、習い事や通塾名になっていて、合否に影響するのか、気になりました。」(2018年度)

    「小学校の先生に調査書を依頼する時、本人がなぜ志望したか、具体的に伝える手紙と学校のパンフレットを添えました。」(2018年度)

    「志望理由の記入は親でも子でもどちらでも可とのことでしたので、本人に書かせました。」(2018年度)

    「調査票の提出があったので、早めに先生に提出期限を含めて依頼をしておきました。」

    「書留で送りました。期間内必着だったので、到着日を郵便局で確認しました。」

    「小学校の先生に報告書を書いていただかなくてはいけなかったので、早めに願書を入手して、下書き用のコピーと一緒に渡しました。」(2018年度)

    「西暦で記入するよう指示があったので、間違えないよう注意しました。」(2018年度)

    「郵送の書留での出願でしたが、受付期間が短いので、到着日には気をつけました。」(2018年度)

    「願書と検定料の振込依頼書がひとつづりになっていました。先に振込みをしてからゆっくり願書部分を記入しようと未記入で銀行に提出しました。受付はしてもらえましたが、銀行収納印の押し直しはできないので、記入ミスに気をつけるよう注意を受けました。」(2017年度)

中学イベントカレンダー

早稲田実業学校中等部 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数363校