トップ検索結果 > 山手学院中学校
山手学院中学校

山手学院中学校

〒247-0013
神奈川県横浜市栄区上郷町460
公式サイト
80偏差値
55
80偏差値
57
男子 02月01日
女子 02月01日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
山手学院(A)
入試日
02/01
80偏差値
51
50偏差値
47
性別
男子
学校名
山手学院(特待選抜)
入試日
02/01
80偏差値
55
50偏差値
51
性別
男子
学校名
山手学院(B)
入試日
02/02
80偏差値
52
50偏差値
48
性別
男子
学校名
山手学院(後期)
入試日
02/06
80偏差値
53
50偏差値
50
性別
女子
学校名
山手学院(A)
入試日
02/01
80偏差値
53
50偏差値
49
性別
女子
学校名
山手学院(特待選抜)
入試日
02/01
80偏差値
57
50偏差値
53
性別
女子
学校名
山手学院(B)
入試日
02/02
80偏差値
54
50偏差値
50
性別
女子
学校名
山手学院(後期)
入試日
02/06
80偏差値
55
50偏差値
52
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:30高校は8:40

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂条件付
販売中高あり

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    時乗洋昭

  • 創立

    昭和41年

  • 生徒数

    645名(男407名、女238名)

  • 所在地

    〒 247-0013
    神奈川県横浜市栄区上郷町460

  • アクセス

  • 系列校

    中 高

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    170名 (完全別クラス)

  • 授業時間

    1コマ45分・週35時間
      1年 2年 3年
    国語 5 4 5 14
    社会 3 4 4 11
    数学 5 5 5 15
    理科 4 5 4 13
    英語 7 7 7 21
    5教科計 24 25 25 74

沿革

1966年に中学校(男子のみ)を開校し、1969年に高等学校を併設。このとき同時に男女共学校となり、翌年から交換留学制度を発足。1985年から高等学校で選抜クラスを設置。2010年に併設型中学校・高等学校となる。

教育方針と特色

「広い視野と大きな度量、使命感と協調性豊かなリーダーシップのある人材の育成」を、教育目標として掲げ、生徒一人ひとりの夢と可能性を育てるべく教育を実施。その具体例として、中学3年の全員参加によるオーストラリア・ホームスティと高校2年の全員参加による北米研修旅行や、豪・カナダ・ニュージーランドの学生たちとの国際交流がある。英語教育以外では、進学を目的とした高密度なカリキュラム(中3から選抜クラスの設置)、多彩な土曜講座、さらに、体力や精神力、創造性を育むクラブ活動の充実などにより、すべてに調和のとれた生徒の育成を目指している。6万屬旅大な敷地内には緑が多く、教育環境としても恵まれている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 24,000 円
入学手続時 入学金 200,000 円
授業料 - 円
その他 - 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 - 円
入学後1年 授業料 480,000 円
その他 486,000 円
初年度納入金合計 1,166,000 円
中学3年間費用計 約 2,864,000 円
*複数回同時出願の場合、受験料は3万6千円。*制服代・学用品代等別途。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報

教科ごとのポイント

算数
計算問題2問、一行問題3問、大問5題の問題構成。一行問題は基本レベルなので、落ち着いて確実に得点したい。後半は大問が多く、出題範囲が多岐にわたる。やや思考力を要する問題も出題されているので、問題レベルを見極めて、時間配分を考えてできる問題から取り組むことが大切である。
国語
今年の文種は説明文と随筆の読解2題と読み書き10問という出題構成だった。説明文では筆者の考えを、随筆文では人物の様子や気持ちを問われたが、どちらも文中語句の意味や用法などを確認する設問が多い。記号選択か抜き出し中心で、実質的な記述は1問のみであった。
理科
大問4題、各分野から1題ずつの出題。生物分野はアサガオのつくりと光合成、地学分野は湿度と飽和水蒸気量、物理分野は豆電球と回路、化学分野は気体の性質について出題された。選択肢問題が多いもののしっかりとした数値計算もさせられるので、盤石な知識力をつけた上で、演習を重ねて確固たる実力をつけておきたい。
社会
昨年より1題増えて大問4題構成。分野ごとの設問数は昨年とほぼ同じ。記号選択の割合が高く、多くは基礎基本を問う設問だった。短文の記述問題は昨年同様1問のみで、用語記述は漢字指定が多い。地理はグラフや表を用いた設問が多い。歴史では昨年同様できごとの並べかえの問題が出題された。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    WEB出願

    「出願前に事前に登録をすませておいたので、出願がスムーズにできました。」(2020年度)

    「複数回受験は何回でも同じ金額なので、安心のために、受けられる分出願しました。」(2020年度)

    「2月1日、2日午前の他校の合格発表を見て、2日午後の受験を決めました。13時までがエントリー期限だったので、慌てず間違いのないよう9時10分ごろWEB出願しました。」(2020年度)

    「入力ミスがないように注意しました。」(2020年度)

    「写真の写りや大きさは注意して確認しました。ネットは非常に便利でした。」(2020年度)

    「2月1日に受験した他校が不合格だったので、翌朝気を取り直してエントリしました。仮でWEBエントリしておいたので、慌てず受験料振込みだけ手続きすればよく、精神的に楽でした。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

山手学院中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校