トップ検索結果 > 青山学院横浜英和中学校

青山学院横浜英和中学校
男子/(C)
/02月03日
 
女子/(A)
/02月01日
54
 
53
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。

学校長/小久保光世 創立/ 明治13年 生徒数/ 590名(男44名、女546名)

何学期制 週何日制 登校時刻 制服 給食 食堂
軽食販売
プール 特待制度
奨学金等
帰国生
受入れ
2学期制 5日制 8:15 中高あり 中高あり 食堂なし
販売あり
なし なし なし あり
サイト
http://www.yokohama-eiwa.ac.jp/chukou/
所在地
〒 232-8580
神奈川県横浜市南区蒔田町124
TEL
045-731-2862
アクセス
蒔田駅(横浜市営地下鉄ブルーライン)徒歩8分

沿革

1880年、ミスH.G.ブリテン(米国メソジスト・プロテスタント教会宣教師)によって創立された。1886年以後、長く横浜英和女学校の名で知られてきたが、1939年に成美学園と改称。1996年4月、横浜英和女学院中学校・高等学校に変更。2016年4月、青山学院横浜英和中学校・高等学校に変更。2018年4月共学に変更。

教育方針と特色

聖書の真理を建学の精神に、「心を清め 人に仕えよ」の校訓のもと、130余年の伝統を持つ。「神を畏(おそ)れる」「自立する」「隣人と共に生きる」を教育方針に掲げキリスト教教育、キャリア教育、グローバル教育を3つの柱に育成する。毎日は礼拝から始まり、聖書の時間にはキリストの教えを中心に、心の成長を目指す。週5日・2期制を導入し、生徒の発達段階に応じた独自の教育課程を編成して6年間の一貫性を図る。国際的な視野をもつ人間の育成を目指して、国語教育と英語教育には特に力を注ぐ。英語教育は中1前期は1クラスを2分割した少人数編成とし、中1後期以降はグレード別少人数編成できめ細かに対応している。中2後半から数学もグレード別授業を行い、高2生まで必修である。高校では、選択科目講座が各教科に設置され、進路に向けて学習効果を上げている。

偏差値一覧

四谷大塚入試結果の偏差値です。


80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。

50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。


性別 受験日 80偏差値 50偏差値
女子 青山学院横浜英和 (C) 02月03日 56 52
女子 青山学院横浜英和 (B) 02月02日 56 53
女子 青山学院横浜英和 (A) 02月01日 53 49
男子 青山学院横浜英和 (C) 02月03日 54 50
男子 青山学院横浜英和 (B) 02月02日 54 51
男子 青山学院横浜英和 (A) 02月01日 51 47
会員登録がお済みの方はこちらからログイン
四谷大塚からのお知らせ
    青山学院横浜英和中学校に合格するなら・・・ リトルコース進学コース
掲載中学一覧 現在登録校 364校
グル−プ各社からのお知らせ