トップ検索結果 > 青山学院横浜英和中学校
青山学院横浜英和中学校

青山学院横浜英和中学校

〒232-8580
神奈川県横浜市南区蒔田町124
公式サイト
80偏差値
56
80偏差値
58
男子 02月02日
女子 02月02日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
青山学院横浜英和(A)
入試日
02/01
80偏差値
53
50偏差値
50
性別
男子
学校名
青山学院横浜英和(B)
入試日
02/02
80偏差値
56
50偏差値
53
性別
男子
学校名
青山学院横浜英和(C)
入試日
02/03
80偏差値
55
50偏差値
52
性別
女子
学校名
青山学院横浜英和(A)
入試日
02/01
80偏差値
56
50偏差値
53
性別
女子
学校名
青山学院横浜英和(B)
入試日
02/02
80偏差値
58
50偏差値
54
性別
女子
学校名
青山学院横浜英和(C)
入試日
02/03
80偏差値
57
50偏差値
53
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:15

制服

中高あり

給食

中高あり

食堂
軽食販売

食堂なし
販売あり

プール

なし

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    小久保光世

  • 創立

    明治13年

  • 生徒数

    692名(男135名、女557名)

  • 所在地

    〒 232-8580
    神奈川県横浜市南区蒔田町124

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    60名

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ50分・週32時間
      1年 2年 3年
    国語 4 4 4 12
    社会 3 4 4 11
    数学 4 4 5 13
    理科 4 4 4 12
    英語 6 6 5 17
    5教科計 21 22 22 65

沿革

1880年、ミスH.G.ブリテン(米国メソジスト・プロテスタント教会宣教師)によって創立された。1886年以後、長く横浜英和女学校の名で知られてきたが、1939年に成美学園と改称。1996年4月、横浜英和女学院中学校・高等学校に変更。2016年4月、青山学院横浜英和中学校・高等学校に変更。2018年4月共学に変更。

教育方針と特色

聖書の真理を建学の精神に、「心を清め 人に仕えよ」の校訓のもと、130余年の伝統を持つ。「神を畏(おそ)れる」「自立する」「隣人と共に生きる」を教育方針に掲げキリスト教教育、キャリア教育、グローバル教育を3つの柱に育成する。毎日は礼拝から始まり、聖書の時間にはキリストの教えを中心に、心の成長を目指す。週5日・2期制を導入し、生徒の発達段階に応じた独自の教育課程を編成して6年間の一貫性を図る。国際的な視野をもつ人間の育成を目指して、国語教育と英語教育には特に力を注ぐ。英語教育は中1前期は1クラスを2分割した少人数編成とし、中1後期以降はグレード別少人数編成できめ細かに対応している。数学は高2生まで必修である。高校では、選択科目講座が各教科に設置され、進路に向けて学習効果を上げている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 20,000 円
入学手続時 入学金 300,000 円
授業料 - 円
その他 100,000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 93,800 円
入学後1年 授業料 468,000 円
その他 319,800 円
初年度納入金合計 1,281,600 円
中学3年間費用計 約 2,919,000 円
*複数回同時出願の受験料は、2回分は3万5千円、3回分は4万5千円。*入学辞退者は3月29日15時までに申し出れば、施設費(10万円)を返金。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報

教科ごとのポイント

算数
計算問題と一行問題で合わせて8問程度、大問3題の問題構成。大部分が基本・標準レベルの問題だが、問題数が多いので、各分野の基礎的な問題の解法をしっかりとマスターしつつ、素早く正確な計算力を身につける必要がある。ケアレスミスは厳禁である。
国語
説明文とやや長めの物語文の読解2題と約700字の説明文の文脈整序問題のほか、漢字の読み書きや同音異義・語句の意味・助数詞などの雑問が10問という出題構成が定着している。説明文は文脈復元・内容合致などを通して文脈の理解を、物語文は人物の様子・言動の心情理解を、それぞれ記号選択か抜き出し中心で問われるが、記述も数問ある。
理科
大問が4題で4分野からの出題。化学は物の溶解度の計算問題で、生物は目の各部の名称とはたらきから、地学は地球と火星や金星について、物理は物の運動からの出題であった。どれもがオーソドックスな問題なので『四科のまとめ』を何度も解いて基礎力を固め、過去問演習で応用力を身につけたい。
社会
大問6題構成。地理の出題割合がやや大きい。地理の大問は瀬戸内海を題材にしたものと、自動販売機を題材にしたもの。歴史は衣服について問われた。例年基礎基本を問うものが多い。地名や人名は漢字指定となっており、記述問題は短文のものが2問出題された。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    WEB出願

    「1回から3回まで同時出願ができます。本番で万が一失敗してしまったことを考え、念のため1回・2回を出願初日に申し込んでおきました。(2020年度)

    「全3回申し込みが金額的に得でした。補欠合格は複数受験が優先とのことなので、3回申し込みました。」(2020年度)

    「1回から3回まで同時出願ができます。本番で万が一失敗してしまったことを考え、念のため1回・2回を出願初日に申し込んでおきました。(2020年度)

    「受験料の支払でクレジット決済とコンビニ決済では手数料がかなり違いました。」(2020年度)

    「正しく理解して手続きすれば、大変便利です。デメリットは特にありませんでした。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

青山学院横浜英和中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校