トップ検索結果 > 慶應義塾中等部
慶應義塾中等部

慶應義塾中等部

〒108-0073
東京都港区三田2‐17‐10
公式サイト
慶應義塾中等部
80偏差値
64
80偏差値
70
男子 02月03日
女子 02月03日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
慶應中等部
入試日
02/03
80偏差値
64
50偏差値
60
性別
女子
学校名
慶應中等部
入試日
02/03
80偏差値
70
50偏差値
67
慶應義塾中等部の偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

アイコン_特長など特長など

学期

3学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:10

制服

なし

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売あり

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

奨学金あり

アイコン_概要概要

  • 部 長

    井上逸兵

  • 創立

    昭和22年

  • 生徒数

    758名(男469名、女289名)

  • 所在地

    〒 108-0073
    東京都港区三田2-17-10

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    64名

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ45分・週35時間
      1年 2年 3年
    国語 6 5 5 16
    社会 4 4 5 13
    数学 5 6 5 16
    理科 4 4 4 12
    英語 6 5 5 16
    5教科計 25 24 24 73

アイコン_沿革沿革

慶應義塾は1858(安政5)年、江戸築地鉄砲洲に開かれた蘭学塾「福澤塾」がその起源である。その後、時の年号にちなんで「慶應義塾」と改称。1947年、六三制の学制の始まりとともに、慶應義塾の一貫教育の中で初めての共学校として、慶應義塾中等部が設立。早くから女子教育の必要性を説いていた福澤諭吉の理念が、ここに実現された。

アイコン_教育方針と特色教育方針と特色

中等部の教育は、生徒が将来円満な人格と豊かな人間性をもつ人に育つことを目標としている。学科においても偏らない知識を得ることを重視してカリキュラムが練られ、将来全員が慶應義塾大学の各学部へ進学することを前提とした質の高い授業を行っている。また校友会(クラブ)活動も盛んで、学芸部(文化系)に21、運動部に17の部がある。2011年には大中小3つの体育室とプール等を併設する新体育館が完成し、施設設備は充実している。

アイコン_進学・進路進学・進路

卒業生進路状況

  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    出願書類

    「願書、報告書(小学校記入)は全てコピーして下書きしました。」(2020年度)

    「願書用の写真は明るい表情にしたかったため、塾で撮るのではなく、親と写真屋さんに撮りに行きました。」(2020年度)

    出願その他

    「出願受付期間が短く、連休とも重なっていたので、事前に郵便局で取り扱いについて確認しました。」(2020年度)

    「後で心配になるので、中に入れた書類一式全てをまとめて写真を撮りました。」(2020年度)

    「1月10日から出願だったので、その日の早朝6時ごろ、自宅近くの郵便局の夜間窓口で提出しました。511人中、200番台後半でした。」(2020年度)

  • 備考

    保健室・別室受験

    できる

    保護者控室・場所

    あり・大学施設

    休憩時間の飲食

    できる(飲み物のみ)

    試験問題の販売

    なし

    試験問題の掲示

    なし

    試験問題の持ち帰り

    できる(受験生が使用したもの)

    登校時

    登校時全般

    「8時開門予定でしたが、7時50分ごろには開門してくれました。それまでは正門の外で待機しました。」(7時45分着)(2020年度)

    父母控室

    控室の場所、飲食、寒暖

    「西校舎のホールと教室が控室でした。同じ校舎で女子受験生が試験を受けていたので、静かにするよう指示が出ていました。」(2020年度)

    「ホールで待機しましたが、室内は暖かかったです。飲食の可否は不明ですが、飲み物を飲んでる人はそれなりにいました。」(2020年度)

    試験教室

    試験教室その他

    「トイレが混雑していたそうです。」(2020年度)

    「大学の教室だったため、背中に物はかけられなかったようです。子どもが小柄なため、固定された机と椅子との距離が離れていて、書くのが少し大変だったようです。」(2020年度)

    受験生との合流

    受験生との合流全般

    「誘導などは一切ありませんでしたが、混乱もありませんでした。」(2020年度)

    「あらかじめ待ち合わせ場所を決めていたので、問題なかったです。」(2020年度)

    その他

    試験問題の持ち帰り、掲示と販売

    「試験問題の持ち帰り可、掲示なし、販売なしでした。」(2020年度)

    持ち物全般

    「シャープペンシルの芯を前日に確認しました。」(2020年度)

    「お菓子と下痢止め、頭痛薬、アレルギー薬も持参しました。」(2020年度)

    「コートを入れる大きめのバッグを持参しました。」(一次)(2020年度)

    「体育着は小学校のもの、体育館用の運動靴は1月にサイズぴったりの上履きを購入し、しばらく学校で履きならしたものを持参しました。その他、靴袋はレジ袋、衣服用にはすべりのよい手提げ袋を準備しました。」(二次)(2020年度)

    (面接が関係しない)服装全般

    「Tシャツ、パーカー、ダウンジャケットを着て行き、自分で調整できるようにしました。」(2020年度)

    「暑がりなので、極力薄着にしました。」(2020年度)

    「普段着で下はジーンズを穿いて行きました。」(2020年度)

    食べ物全般

    「水筒に水と休憩時間に食べるハイチュウを持たせました。」(2020年度)

    「親子ともに飲み物のみ持参しました。」(2020年度)

  • 面接

    面接場所、面接官人数、受験生人数、面接時間

    「面接は二次試験で、受験生と父母が同伴、面接官は4名、5分程度で実施されました。体育実技が終わった子どもと合流して教室で待機しました。在校生の誘導で面接室に入りました。」(2020年度)

    面接内容

    「面接内容は、志望理由、入学後の抱負、子どもの性格、子どもの長所、手伝いについて、習い事、慶應への熱意、体育実技、中学受験を決めた理由、両親のよいところ・悪いところ、教育方針、今日帰ったら何をしたいか、苦手科目、母の料理で好きな物は何か、などでした。」(質問は父母に対してはそれぞれ一つずつ、子どもには3〜4つ)(2020年度)

    (面接に関係する)服装全般

    「子どももジャケットを着用し、革靴にしましたが、セーターとスニーカーの受験生が多かったです。」(2020年度)

    「親子ともに紺の上下、白ブラウス、白シャツ、紺の靴下を着用しました。靴擦れが心配でしたので、学校まではスニーカーを履いて、その後ローファーに履き替えました。」(2020年度)

    (体育)実技

    実施の場所と内容

    「実施場所は体育館、、所要時間は30分程度でした(着替える時間含む)。内容はシャトルラン(2名ずつ)、ボール実技(真上に投げて前後で手をたたく・8の字ドリブル、4名ずつ)、縄跳び(後ろあや跳び・4名ずつ)でした。」(2020年度)

    実技その他

    「ボール実技の際、我が子はボールが転がってしまったりしたようですが、合格をいただけたので上手か下手かは関係ないようです。」(2020年度)

    「着替えの時、ジャケットなどは在校生がハンガーにかけてくれたそうです。体操服に着替えたらその上にグループ番号のビブスを着用し、3グループに分かれ、その中でそれぞれの実技に向かったそうです。」(2020年度)

  • 合格発表

    合格発表

    「一次も二次も合格発表は15時で、書類受け取りも15時〜17時なので、自宅からだとかなりバタバタしました。」(2020年度)

    「一次は時間通りにインターネットで発表があり、二次は10分前にはネットで発表されました。」(2020年度)

    入学手続き

    入学手続き

    「入学手続き時に写真が6枚必要です。」(2020年度)

  • その他

    その他

    「2次は筆記がないので、メガネをうっかり忘れてしまい、良く見えないまま実技をすることになってしまいました。」(2020年度)

入試要項

費用(参考)

受験料 30,000 円
入学手続時 入学金 340,000 円
授業料 860,000 円
その他 215,000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 70,000 円
入学後1年 授業料 - 円
その他 155,038 円
初年度納入金合計 1,640,038 円
中学3年間費用計 約 4,090,038 円
*授業料2期分納あり(分納の場合、前期43万円、後期に残額43万円を納入)。*入学辞退者は、2月28日16時までに申し出れば、入学金を除く全ての納入金を返金。*慶應義塾普通部、慶應義塾湘南藤沢中等部との、入学手続時納入金の振り替え可。

入試情報 入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

アイコン_教科ごとのポイント教科ごとのポイント

算数
解答の桁数がわかる解答用紙に記入していく短答式になっている。基本~標準レベルの出題で難関レベルの問題はないものの、45分の試験時間に対して問題数が若干多くなっている。幅広い分野から出題されるので、各分野の基礎をきちんと固めておくこと。また、過去問をしっかり解き対策しておこう。
国語
読解は大問2題で、物語風随筆と、仮名遣いの表記と発音の関係を解説した説明文。随筆文では、待遇表現力を問う短い記述1問の他に脱文復元・比喩の内容説明・心情の理由などを、説明文では主に筆者の考えを、それぞれ問われた。言語事項の慣用表現・同音異義語・書き取りなどは8割の得点を目指したい。
理科
大問は4題で、4分野からの出題。生物分野は偽果やハチの8の字ダンス、物理分野は電気回路、地学分野は夏と冬の大三角、化学分野は物質の溶解度が出題され、ほとんどが選択肢と記述形式であった。基礎基本を身につけ、普段から自然や身の回りの理科的な事象に興味・関心を持ち続けることが求められる。
社会
大問数が一昨年、昨年の7題から4題となり、小問数も減少した。昨年の記述問題は字数制限がなかったが、今年は3問すべてで字数が指定された。記号選択の比率が例年同様に高いものの、用語記述の設問がやや増えている。設問の多くは基本事項を問うものだが、日本の伝統的農業と環境問題について問われた[4]はやや難易度が高かった。

中学受験 イベントカレンダー 中学イベントカレンダー

慶應義塾中等部 のイベントカレンダー

実施日 開始時間 行事名 都道府県
10月7日(木)
9:00
体育祭
東京都
空白セル 空白セル 空白セル 空白セル 空白セル
11月6日(土)
12:00
文化祭
東京都
空白セル 空白セル 空白セル 空白セル 空白セル
11月6日(土)
14:30
説明会
東京都
空白セル 空白セル 校内見学 空白セル 空白セル
事前にインターネットで予約
11月7日(日)
9:30
文化祭
東京都
空白セル 空白セル 空白セル 空白セル 空白セル
11月7日(日)
(1)11:00 (2)13:30
説明会
東京都
空白セル 空白セル 校内見学 空白セル 空白セル
事前にインターネットで予約
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校