トップ検索結果 > 桐蔭学園中等教育学校

桐蔭学園中等教育学校
 
男子/(3次)
/02月03日
52
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。

学校長/岡田直哉 創立/ 昭和41年 生徒数/ 468名

何学期制 週何日制 登校時刻 制服 給食 食堂
軽食販売
プール 特待制度
奨学金等
帰国生
受入れ
3学期制 6日制 8:20 あり なし 食堂あり
販売あり
屋内 男女あり あり あり
サイト
http://toin.ac.jp/
所在地
〒 225-8502
神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
TEL
045-971-1411
アクセス
あざみ野駅(東急田園都市線、横浜市営地下鉄線)からバス「もみの木台」下車。・市が尾駅・青葉台駅(東急田園都市線)からバス「桐蔭学園前」下車。柿生駅(小田急線)からバス「桐蔭学園」下車。新百合ヶ丘駅(小田急線)からバス「もみの木台」下車

沿革

1964年、学校法人桐蔭学園設立とともに高等学校(男子校)開校。1966年、桐蔭学園中学校(男子校)開校。1967年に小学部、1969年に幼稚部を開校。1981年、中学校女子部・高等学校女子部を併設。2001年、中等教育学校(男子校)を開校。2019年、中等教育学校に中学校(男子部・女子部)を統合、共学化の予定。

教育方針と特色

開校以来、「育て、伸ばし、鍛える」教育で、「学力・知性」「行動力・社会性」「創造力・感性」を育み、多くの卒業生がその成果を実証している桐蔭学園。2014年の創立50周年を機に、次の50年を見据えた教育改革に着手した。新たに掲げたテーマは「自ら考え判断し行動できる子どもたち」の育成。それを達成するために、学校生活の中心である「授業」をベースにした改革を行っている。「アクティブラーニング型授業」「探究」「キャリア教育」の3つを柱に“新しい進学校のカタチ”を追求する。中でも2015年度から本格的に導入した「アクティブラーニング型授業」は、その研究の第一人者である京都大学の溝上慎一教授が本校教育顧問として授業をプロデュースし、質の高い学びを展開。2020年度からの新しい大学入試において求められる「思考力・判断力・表現力」の向上において有効な学習スタイルで、そのモデル校として全国の教育関係者から注目を集めている。そして、今後の社会が求める、多様性を尊重し、協働する力を伸ばしていく学習の効果を一層高めていくために、中学校(男子部・女子部)と中等教育学校は2019年度入学生より中等教育学校に一本化し、男女共学となる。

偏差値一覧

四谷大塚入試結果の偏差値です。


80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。

50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。


性別 受験日 80偏差値 50偏差値
男子 桐蔭学園中等教育学校 (3次) 02月03日 52 48
男子 桐蔭学園中等教育学校 (2次午後) 02月02日 53 49
男子 桐蔭学園中等教育学校 (2次午前) 02月02日 52 48
男子 桐蔭学園中等教育学校 (1次午後) 02月01日 53 49
男子 桐蔭学園中等教育学校  02月01日 52 48
会員登録がお済みの方はこちらからログイン
四谷大塚からのお知らせ
    桐蔭学園中等教育学校に合格するなら・・・ リトルコース進学コース
掲載中学一覧 現在登録校 364校
グル−プ各社からのお知らせ