トップ検索結果 > 桐蔭学園中等教育学校
桐蔭学園中等教育学校

桐蔭学園中等教育学校

〒225-8502
神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
公式サイト
80偏差値
55
80偏差値
57
男子 02月02日
女子 02月02日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
桐蔭学園中等教育学校
入試日
02/01
80偏差値
49
50偏差値
45
性別
男子
学校名
桐蔭学園中等教育学校(1回午後2科)
入試日
02/01
80偏差値
52
50偏差値
48
性別
男子
学校名
桐蔭学園中等教育学校(2回特別奨学生選抜)
入試日
02/02
80偏差値
55
50偏差値
51
性別
男子
学校名
桐蔭学園中等教育学校(3回)
入試日
02/03
80偏差値
52
50偏差値
48
性別
女子
学校名
桐蔭学園中等教育学校
入試日
02/01
80偏差値
50
50偏差値
46
性別
女子
学校名
桐蔭学園中等教育学校(1回午後2科)
入試日
02/01
80偏差値
54
50偏差値
50
性別
女子
学校名
桐蔭学園中等教育学校(2回特別奨学生選抜)
入試日
02/02
80偏差値
57
50偏差値
53
性別
女子
学校名
桐蔭学園中等教育学校(3回)
入試日
02/03
80偏差値
54
50偏差値
50
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:20

制服

あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂あり
販売あり

プール

屋内

男女あり

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    岡田直哉

  • 創立

    平成13年

  • 生徒数

    748名(男571名、女177名)

  • 所在地

    〒 225-8502
    神奈川県横浜市青葉区鉄町1614

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    84名

  • 高校生
    外部募集

  • 授業時間

    1コマ50分・週34時間
      1年 2年 3年
    国語 5 4 4 13
    社会 4 4 3 11
    数学 5 6 6 17
    理科 4 4 6 14
    英語 6 6 6 18
    5教科計 24 24 25 73

沿革

1964年、学校法人桐蔭学園設立とともに高等学校(男子校)開校。1966年、桐蔭学園中学校(男子校)開校。1967年に小学部、1969年に幼稚部を開校。1981年、中学校女子部・高等学校女子部を併設。2001年、中等教育学校(男子校)を開校。2019年、中等教育学校に中学校(男子部・女子部)を統合し、共学化。

教育方針と特色

開校以来、「育て、伸ばし、鍛える」教育で、「学力・知性」「行動力・社会性」「創造力・感性」を育み、多くの卒業生がその成果を実証している桐蔭学園。2014年の創立50周年を機に、次の50年を見据えた教育改革に着手した。新たに掲げたテーマは「自ら考え判断し行動できる子どもたち」の育成。それを達成するために、学校生活の中心である「授業」をベースにした改革を行っている。「アクティブラーニング型授業」「探究(未来への扉)」「キャリア教育」の3つを柱に“新しい進学校のカタチ”を追求する。中でも2015年度から本格的に導入した「アクティブラーニング型授業」は、その研究の第一人者である桐蔭学園溝上慎一理事長(元京都大学教授)の指導のもと、質の高い学びを展開。2020年度からの新しい大学入試において求められる「思考力・判断力・表現力」の向上において有効な学習スタイルで、そのモデル校として全国の教育関係者から注目を集めている。そして、今後の社会が求める、多様性を尊重し、協働する力を伸ばしていく学習の効果を一層高めていくために、中学校(男子部・女子部)と中等教育学校は昨年度(2019年度)入学生より中等教育学校に一本化し、男女共学となった。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 25,000 円
入学手続時 入学金 240,000 円
授業料 - 円
その他 - 円
入学手続後から入学まで 授業料 153,000 円
その他 416,500 円
入学後1年 授業料 459,000 円
その他 112,700 円
初年度納入金合計 1,381,200 円
中学3年間費用計 約 3,206,960 円
*複数回出願の場合、2回目以降1回につき1万円を追加。*入学辞退者は、申し出れば入学金以外を返金。*制服代・規定品代等(男子は約11万5千円、女子は約14万5千円)を別途加えること。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報

教科ごとのポイント

算数
大問1が計算と文章題の一行問題、大問2が図形の一行問題、大問3は小設問がついた大問形式の問題が3題の問題構成。基礎〜標準レベルの問題が中心で、各単元の基本事項をきちんと身につけていれば対応できるが、式や考え方を書かせる問題も多い。日頃から式を簡潔にまとめる練習をしておこう。
国語
説明文と物語文の読解2題に書き取り10問という例年通りの出題構成で、2回・3回試験も同様。説明文は文脈の細部と言いかえ内容に注意して筆者の考えとその根拠を、物語文は主に場面の様子(比喩を含む)と人物の心情とを問われた。40字程度の記述も2問あった。
理科
大問4題の出題で、4分野から各1題の出題。生物分野は身近な動植物の観察、地学分野は地層、物理分野は力のつりあい、化学分野は水の状態変化。写真を多用し、より生物を身近に感じさせようとするところは本校らしいところ。基礎知識の範囲で解けるものが多いので、基礎をしっかり固めておきたい。
社会
大問3題構成。全体に基礎基本を中心とした内容の出題で、例年通り記号選択の比率が高い。記述問題は写真から読み取りや時事問題の背景を問う問題が毎年出題されており、対策が必要である。用語記述は一部が漢字指定なので、漢字で正確に書けるようにしたい。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    WEB出願

    「事前に情報を入力しておきました。志望理由アンケートはその他のところも選び、父母の出身校と記入しました。」(2020年度)

    「誤りがないよう、ダブルチェックを念入りにしました。学校によって質問事項が違うので、注意して入力しました。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

桐蔭学園中等教育学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校