トップ検索結果 > 横浜共立学園中学校
横浜共立学園中学校

横浜共立学園中学校

〒231-8662
神奈川県横浜市中区山手町212
公式サイト
80偏差値
62
女子 02月03日
第5回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
女子
学校名
横浜共立学園(A)
入試日
02/01
80偏差値
56
50偏差値
52
性別
女子
学校名
横浜共立学園(B)
入試日
02/03
80偏差値
62
50偏差値
59
第5回合不合判定テストの偏差値です。
80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:20

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売中高あり

プール

なし

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    小澤伸男

  • 創立

    1871年

  • 生徒数

    542名

  • 所在地

    〒 231-8662
    神奈川県横浜市中区山手町212

  • アクセス

  • 系列校

    中 高

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ夏50/冬45分・週33時間
      1年 2年 3年
    国語 5 5 6 16
    社会 4 4 4 12
    数学 4 5 5 14
    理科 4 4 4 12
    英語 6 6 5 17
    5教科計 23 24 24 71

沿革

1871年、米国婦人一致外国伝道協会から派遣された3人の女性宣教師がキリスト教の信仰に基づく女子教育を志して創立した。わが国で最も古い女子校の一つ。英語名「ドリーマス・スクール」は創立者を派遣した協会の初代会長S・P・ドリーマスの名にちなむ。1932年、財団法人横浜共立学園とし、学制改革にともない1947年に中学校を、翌年高等学校を設置、1951年財団法人より学校法人へ組織変更し、横浜共立学園中学校、同高等学校と改称。

教育方針と特色

本校は、全国に先駆けて1999(平成11)年に認可を受けた中高一貫校(併設型)で、人格の陶冶と学力の向上を実現させていくことを教育方針としている。自ら進んで学ぶ意欲を持てるような授業を実現し、さらに自分たちの学習が、自分の幸福のためでなく、他者に仕えるためであるという使命感の自覚を促し、他者に仕えることを喜びとする人格を育てることを目指している。大学進学を前提にしっかりしたカリキュラムが組まれている。英語科では外国人教師による少人数授業も実施。高1の数学は習熟度別になり、高2からは文系・理系に分かれ、大幅な選択制を実施して生徒の将来の目的に沿った履修となる。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 25000 円
入学手続時 入学金 300000 円
授業料 - 円
その他 200000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 - 円
入学後1年 授業料 504000 円
その他 227200 円
初年度納入金合計 1231200 円
中学3年間費用計 約 2693600 円
*A・B両方式に出願し、A方式で合格し入学手続した場合、B方式の受験料を返金。*入学辞退者は申し出れば、施設設備資金(20万円)を返金。*施設設備資金は、2月7日まで延納可。*制服代・学用品代等別途。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
A方式は試験時間が45分で、計算+一行問題6問、大問4題の問題構成。前半は幅広い分野から基本的な問題が出題されるので、確実に得点しておきたい。また、後半の大問では、図形の移動など、やや思考力を要する問題がよく出題されるので、時間配分を考えてできる問題から取り組むことが大切である。
国語
例年通り物語文と説明文の読解2題のほかに、差が出る漢字の読み書き8問が出題された。物語文は人物の様子の説明とそのときの心情、さらに心情の変化と文章の特色を、説明文は言いかえ内容を確認することで筆者の考えとその根拠とを問われた。記述は2問とも読み込む力を要する。
理科
大問5題で、4分野から1題ずつと4分野の正誤問題1題の出題。生物分野は発芽や光合成とメダカ、地学分野は風、物理分野は斜面の運動、化学分野は気体と燃焼が出題された。基本的な問題が中心だが、文章の読解力も問われ、記述問題も見られる。過去問題を使って十分に練習をしておきたい。
社会
例年同様大問4題構成。大問1が3分野の融合問題。例年同様、歴史の出題割合が高い。基礎基本を問う出題が多いが用語記述は原則漢字指定。記述問題は地理と歴史から各1問ずつ出題された。政治は例年時事的な内容の出題が多いので、『ニュース最前線』などを使ってよく学習しておくことが重要。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    出願書類

    「小学校の成績表コピーを、WEB出願の後で簡易書留で郵送しました。」(2020年度)

    「通知表のコピーについて、横浜市の小学校が、A4サイズの複数枚綴りになり、学校指定のA3両面(可)サイズに設定できるコピー機が近くにありませんでした。」(2020年度)

    WEB出願

    「早い番号を取るために、早めにPCの準備をしていたのですが、ログインが切れており、もう一度ログインが必要となってしまい、、早い番号が取れませんでした。直前にログインしたほうがよいと思います。」(2020年度)

    「受験料の支払いがカード決算のため、手元に用意しておくことをお勧めします。出願開始が深夜0時で、0時4分で100番台半ばでした。」(2020年度)

    「他校の午後受験も考えていたので、できるだけ若い受験番号の取得を目指しました。0時になった瞬間にボタンを押しましたが、一度アクセス集中になりエラーが発生し、再度出願ページに戻ってボタンを押し直さなければなりませんでした。」(2020年度)

    「入試当日、面接を早めに終了させて、午後受験に向かう計画でした。早めの番号を取りたかったのですが、PCがフリーズしたため、0時15分に受付となり、後半の番号になってしまいました。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

横浜共立学園中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校