トップ検索結果 > 横浜市立南高等学校附属中学校
横浜市立南高等学校附属中学校

横浜市立南高等学校附属中学校

〒233-0011
神奈川県横浜市港南区東永谷2-1-1
公式サイト
80偏差値
61
80偏差値
62
男子 02月03日
女子 02月03日
第6回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
横浜市立南高附属
入試日
02/03
80偏差値
61
50偏差値
56
性別
女子
学校名
横浜市立南高附属
入試日
02/03
80偏差値
62
50偏差値
56
第6回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:30

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂中高あり
販売中高あり

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    三浦昌彦

  • 創立

    平成24年

  • 生徒数

    非公表

  • 所在地

    〒 233-0011
    神奈川県横浜市港南区東永谷2-1-1

  • アクセス

  • 系列校

    中 高

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    38名

  • 授業時間

    1コマ50分・週33時間
      1年 2年 3年
    国語 5 5 5 15
    社会 3 3 4 10
    数学 5 5 5 15
    理科 3 4 4 11
    英語 5 5 5 15
    5教科計 21 22 23 66

沿革

1954年、横浜市立港高等学校開校。同年5月、横浜市立南高等学校に改称。2012年、横浜市立南高等学校附属中学校開校。

教育方針と特色

知性・自主自立・創造を教育理念として掲げ、学びへの飽くなき探求心を持つ人材の育成、自ら考え、自ら行動する力の育成、未来を切り拓く力の育成を教育目標とする。国語・数学・英語は高校1年まで毎日学習、数学・英語は少人数での授業など基礎学力を確実に習得できるようなカリキュラムを実施する。最大の特色は、「EGG」と呼ばれる総合的な学習の時間。「Explore(さがす)」「Grasp(つかむ)」「Grow(のびる)」の頭文字を取って名付けられている。体験を通してコミュニケーション力の育成を目指す「EGG体験」、各専門分野の講師を招く「EGG講座」、ゼミ形式の学習「EGGゼミ」などがプログラムされている。中3時にはEGG体験の学習の実践として、カナダの研修旅行が行われ、異文化に触れる体験や英語でのコミュニケーション体験を通じ、コミュニケーション力の育成の実現を目指す。また、EGGゼミの集大成として、卒業研究に取り組む。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

進学状況

2014年入試データ

卒業生進路状況


  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    出願書類

    「紙の願書と調査書があったため、郵送の期日や小学校への依頼などを忘れないように気をつけました。郵送受付初日に提出しました。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

横浜市立南高等学校附属中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校