トップ検索結果 > 中央大学附属横浜中学校
中央大学附属横浜中学校

中央大学附属横浜中学校

〒224-8515
神奈川県横浜市都筑区牛久保東1-14-1
公式サイト
80偏差値
57
80偏差値
59
男子 02月02日
女子 02月02日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
中央大附属横浜
入試日
02/01
80偏差値
56
50偏差値
52
性別
男子
学校名
中央大附属横浜(2回)
入試日
02/02
80偏差値
57
50偏差値
54
性別
女子
学校名
中央大附属横浜
入試日
02/01
80偏差値
58
50偏差値
54
性別
女子
学校名
中央大附属横浜(2回)
入試日
02/02
80偏差値
59
50偏差値
56
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:30

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂中高あり
販売中高あり

プール

なし

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    木下耕児

  • 創立

    明治41年

  • 生徒数

    577名(男230名、女347名)

  • 所在地

    〒 224-8515
    神奈川県横浜市都筑区牛久保東1-14-1

  • アクセス

  • 系列校

    中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    100名 (2年次から混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週34時間
      1年 2年 3年
    国語 6 6 6 18
    社会 4 4 4 12
    数学 6 6 6 18
    理科 4 4 5 13
    英語 5 6 6 17
    5教科計 25 26 27 78

沿革

1908年横浜女子商業補習学校設立。1925年横浜女子商業学校を設立。1948年横浜女子商業学園中学校・高等学校に改称。1994年横浜山手女子中学校・高等学校に改称。2009年中央大学の系属法人となる。2010年中央大学横浜山手中学校・高等学校に改称。2012年より中学校で共学化。2013年横浜港北ニュータウンに新校舎建設・移転し、現校名となる。

教育方針と特色

校訓は「謝恩礼節」「自立実践」。実学の伝統と家庭的人間関係を大切にする校風の中で、知性を磨き、徳性を涵養し、心身ともに健全な自立した人間の育成を目指す。中学・高等学校の6年間は人生の土台づくりをするために最も大切な時期であるという考えのもと、その先の大学生、社会人をも視野に入れた本物の学力養成に努めている。中学校から6年間を見通したカリキュラム構成となっており、主要3教科においては先取り学習を行うが、指名や希望による補習授業を随時実施し、一人ひとりの生徒をきめ細かくサポート。センター試験受験範囲を高校2年生までに終了させ、進路は中央大学進学や国公立大学、医歯薬系学部などへの進学を目指す。中高大連携教育を推進し、大学訪問、大学の先生による講演会や特別授業の実施、キャリア教育としての学部・学科紹介などを実施する。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 30,000 円
入学手続時 入学金 290,000 円
授業料 - 円
その他 - 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 - 円
入学後1年 授業料 540,000 円
その他 497,200 円
初年度納入金合計 1,327,200 円
中学3年間費用計 約 3,331,600 円
*制服代・指定用品代等別途。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報

教科ごとのポイント

算数
計算+一行問題10問、大問3題の問題構成。前半は各分野の基礎力を試す出題で、確実に得点したい。後半の大問では立体図形や図形のどう、グラフを利用する問題が頻出で、やや難度の高い問題が見られることもある。基礎基本の積み重ねを大切にし、苦手な単元を作らないようにすることが大切。
国語
前年と同じく、第一回・二回ともに、論説文と物語文の大問二題構成。二題の文章を合わせた総字数は9000字前後で例年通り。文章中からの漢字の書き取り・読み取りが合わせて10問出題される。記号選択と書き抜き問題が中心で、50字以内の記述問題が2問。記述問題は、文中の語句を使って簡潔にまとめるものが多い。これまでのところ、出題形式や難易度に大きな変化はなく、過去問を解いておくとよい。
理科
大問は4分野から各1題。物理分野からはてこのつり合い、化学分野は水溶液、生物分野からは植物のつくりとはたらき、地学分野からは地層が出題された。どの問題も図や文章、設問数にボリュームがあり、ハイペースで進める必要がある。過去問を通して、時間配分をつかむことが必須である。
社会
大問3題構成は例年通り。用語記述は漢字指定の割合が高いが、全体的に基礎基本を問う内容である。試験時間の35分に対して問題のボリュームが比較的多く、時間の使い方が問われる入試といえる。『予習シリーズ』でおおむね出題範囲はカバーできるが、資料から読みとれる情報と基礎知識を結びつけて解答するタイプの記述問題が出題されているので対策を十分行っておきたい。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    WEB出願

    「出願開始日当日にネットの不備があり、出願できませんでした。結局学校側のサイトの問題で、当初より8時間遅れで開始となりました。WEB出願自体は非常に楽で、特に困るようなことはありませんでした。」(2020年度)

    「WEB出願は便利ですが、最終的な倍率が読みにくいと思いました。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

中央大学附属横浜中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校