トップ検索結果 > 川村中学校
川村中学校

川村中学校

〒171-0031
東京都豊島区目白2-22-3
公式サイト
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

6日制土曜月2回

登校時刻

8:10

制服

中高あり

給食

中高あり

食堂
軽食販売

食堂なし
販売中高あり

プール

屋内

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    寺本明子

  • 創立

    大正13年

  • 生徒数

    160名

  • 所在地

    〒 171-0031
    東京都豊島区目白2-22-3

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    60名 (完全混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週35時間
      1年 2年 3年
    国語 5 5 5 15
    社会 3 3 4 10
    数学 6 5 5 16
    理科 3 4 4 11
    英語 6 6 6 18
    5教科計 23 23 24 70

沿革

1924年、川村文子によって川村女学院が創立。1943年に川村女学院高等女学校と改称。学制改革により1947年に川村中学校が、1948年には川村高等学校が開設。1988年には川村学園女子大学が設立。

教育方針と特色

創立者川村文子が提唱した「感謝の心」「女性の自覚」「社会への奉仕」を教育の指針とする。中学校では、基礎学力の充実に重きを置くと同時に、品位ある社会人として礼節を身につけ、人間形成の基礎づくりに努める。知、徳、体の調和のとれた、広い視野と知的で国際感覚をもつ女性の育成を目的にカリキュラムを編成。とくに英語教育は授業時間の増加、外国人教師による少人数授業などで、学力向上に努めている。高校では、多様化した生徒の進路志望に応じ、進路に適した選択科目を配して他大学受験希望者への支援も行っている。心豊かで品位ある女性を育てるため、芸術鑑賞などの行事にも力を入れている。また、総合的な学習の時間では「生きる力」を養うことを目的とし、中1では「地球環境」、中2では「国際理解・国際交流」、中3では「自覚」をテーマとし、自然に触れる体験学習やキャリアガイダンスなどを実施する。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

進学状況

2014年入試データ

卒業生進路状況


  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他

中学イベントカレンダー

川村中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校