トップ検索結果 > 法政大学第二中学校
法政大学第二中学校

法政大学第二中学校

〒211-0031
神奈川県川崎市中原区木月大町6-1
公式サイト
80偏差値
57
80偏差値
59
男子 02月04日
女子 02月04日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
法政第二
入試日
02/02
80偏差値
56
50偏差値
52
性別
男子
学校名
法政第二(2回)
入試日
02/04
80偏差値
57
50偏差値
54
性別
女子
学校名
法政第二
入試日
02/02
80偏差値
58
50偏差値
54
性別
女子
学校名
法政第二(2回)
入試日
02/04
80偏差値
59
50偏差値
55
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:20

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂あり
軽食販売あり

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    北詰昌敬

  • 創立

    昭和61年

  • 生徒数

    669名(男427名、女242名)

  • 所在地

    〒 211-0031
    神奈川県川崎市中原区木月大町6-1

  • アクセス

  • 系列校

    中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    413名 (完全混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週34時間
      1年 2年 3年
    国語 5 4 4 13
    社会 3 4 4 11
    数学 5 6 5 16
    理科 3 4 4 11
    英語 6 7 7 20
    5教科計 22 25 24 71

沿革

1939年、法政大学の付属中学校として発足する。1948年、学制改革により高等学校として発足。1986年に第二中学校を創設。2014年新校舎教室棟運用開始。2016年に女子を募集して共学化。併せて、新校舎全棟完成。2017年には全キャンパス(グラウンド等)完成。2018年には完全共学化がスタート。

教育方針と特色

法政大学の「自由と進歩」の学風のもとに、21世紀を担う新しい人間性と学力を培い、国際化社会で活躍する人材を育てることを目的とする。英語教育を重視し、多くの時間を設定。「読む」「書く」「聞く」「話す」ことをバランスよく定着させることを目標とする。全学年で分割授業を実施し、少人数で外国人講師による指導を展開している。数学も全学年で分割少人数で、きめ細かな授業を行っている。他の授業でも実践と体験の学習を重視しており、実験や制作活動、観察や鑑賞を数多くとり入れ、自ら定めた課題を追求して、創作したり調査・研究する取り組みが設定されている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 30,000 円
入学手続時 入学金 300,000 円
授業料 - 円
その他 50,000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 71,000 円
入学後1年 授業料 558,000 円
その他 464,210 円
初年度納入金合計 1,443,210 円
中学3年間費用計 約 3,465,530 円
*入学辞退者は、3月31日16時までに申し出れば、納入金の一部、入学時教育充実費(5万円)を返金。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報

教科ごとのポイント

算数
計算問題4問、一行問題6問、大問4題の問題構成。一行問題は基本から標準レベルの問題なので、確実な得点源にしたい。大問は難問ではないが、思考力や作業力を要する問題が多い。大問の後半は、平面図形と立体図形、というパターンで出題されることが多いので、しっかりと対策をしておこう。
国語
説明文と物語文の読解2題と雑問(漢字の読み書き・慣用句・語句の意味用法計15問)という出題構成に変化なし。説明文は言いかえ内容を中心に筆者の考えとその理由を、物語文は主に人物の心情を問われた。50字程度の記述が1問あったが、解答形式は記号選択中心である。
理科
大問は7題。生物分野からは昆虫のからだのつくり、地学分野からは流水のはたらき、天体、物理分野からはばねと浮力が絡んだ問題が2題、化学分野からは気体の発生、溶解度がそれぞれ出題された。天体の問題は語句を下の語群から選ぶ独特のタイプなので、過去問を通して同様の問題に慣れておいた方が良い。
社会
大問11題構成。多くは基本的な問いであり、基礎基本が定着していれば高得点が望める。一方で一般的にはあまり頻出とはいえない用語を繰り返し出題する傾向があるため、徹底的な過去問演習が有効である。地理は地形図を含めた地図が多く出されるので、特に力を入れて学習しておきたい。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    出願書類

    「志望動機などは、海外での経験を混ぜながら書くことにしました。面接で聞かれてもよいように提出書類のコピーを取りました。」(帰国生)(2020年度)

    WEB出願

    「ありきたりですが不備がないか何度もチェックしました。」(2020年度)

    「1月受験結果で出願有無が変わるため、事前に入力を済ませ、出願時は支払いのみ行いました。」(2020年度)

    「出願前に事前に登録を済ませておいたので、出願がスムーズにできました。」(2020年度)

    「若い番号のほうが退室が早いので、出願期間に入って直ぐ出願し、若い番号を取ればよかったです。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

法政大学第二中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校