トップ検索結果 > 神奈川大学附属中学校
神奈川大学附属中学校

神奈川大学附属中学校

〒226-0014
神奈川県横浜市緑区台村町800
公式サイト
80偏差値
58
80偏差値
60
男子 02月01日
女子 02月01日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
神奈川大附属
入試日
02/01
80偏差値
58
50偏差値
54
性別
男子
学校名
神奈川大附属(2回)
入試日
02/02
80偏差値
54
50偏差値
49
性別
男子
学校名
神奈川大附属(3回)
入試日
02/04
80偏差値
55
50偏差値
50
性別
女子
学校名
神奈川大附属
入試日
02/01
80偏差値
60
50偏差値
56
性別
女子
学校名
神奈川大附属(2回)
入試日
02/02
80偏差値
56
50偏差値
51
性別
女子
学校名
神奈川大附属(3回)
入試日
02/04
80偏差値
57
50偏差値
52
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:20

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂中高あり
販売中高あり

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    菊池久

  • 創立

    昭和60年

  • 生徒数

    670名(男349名、女321名)

  • 所在地

    〒 226-0014
    神奈川県横浜市緑区台村町800

  • アクセス

  • 系列校

    中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ50分・週34時間
      1年 2年 3年
    国語 4 5 5 14
    社会 4 4 4 12
    数学 5 5 6 16
    理科 4 4 4 12
    英語 6 6 7 19
    5教科計 23 24 26 73

沿革

1928年に設立され、90年の歴史を有する神奈川大学。同大学が1985年に付属校として神奈川大学附属中・高等学校を開校し、現在に至る。1988年からは女子募集を開始し、共学校となる。

教育方針と特色

中高一貫教育のもと、中学生を附属高校へ連絡進学させ、高校生を能力・適性に応じた大学へ進めるよう、きめ細かな体制で教育を推進。早朝7時半からスタートする0時限講習は希望する生徒で1年間を通して実施されており、学習のモチベーション向上になっている。また、国語・社会・数学・理科・英語等は、標準授業時数を超えた授業を実施し、中3前期からは一部高等学校の内容に入る。教員一人あたりの生徒数は少なく、ゆとりある環境で、生徒一人ひとりに目のゆきとどく教育を目指している。コンピュータ教育や海外研修など、時代に即応した体制も整っている。また、緑豊かで広大なキャンパスには、様々な体育施設があり、教育環境は充実している。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 25,000 円
入学手続時 入学金 230,000 円
授業料 - 円
その他 - 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 90,000 円
入学後1年 授業料 560,000 円
その他 327,000 円
初年度納入金合計 1,207,000 円
中学3年間費用計 約 3,033,000 円
*複数回同時出願の受験料は、3回分で5万円。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
計算問題4問、一行問題6問(小設問付き)、大問4題の問題構成で、総設問数は25問程度。前半は基本レベルなので確実に得点したい。後半の大問にはやや難しい問題もあるが、各領域の典型題をくり返し解き、基礎をしっかりと固めておけば対応できる。グラフ絡みの問題が頻出である。
国語
大問1:漢字の書き取り5問、大問2:200字以内の論述(オーバーツーリズムに関する課題)、大問3:論説文による読解問題、大問4:物語文による読解問題の4題構成。選択式はかなり神経を集中して正解を絞り込む読み比べを要する。記述式は字数制限無しで、60字程度と100字程度。読解問題に要する時間は、他の学校の半分程度だが、その分、大問2の論述が難敵。200字以内にまとめることが難しいだろう。
理科
大問4題4分野より出題。物理は電流・LEDと力のつり合い、地学は地震と岩石と天体、化学は物の溶け方と水溶液の性質・中和、生物は植物のつくり及び呼吸についてから出題。標準的なレベルだが、正誤問題や微妙な選択肢もあり、正確な知識が必要。『四科のまとめ』・過去問で実力を養成したい。
社会
大問3題、総問題数約50問という構成は例年通り。出題割合は地理と歴史が約4割、政治が約2割。記号選択と用語記述が中心だが、記号選択は正誤を判断させる問題が多く、細部にわたる正確な理解が求められる。分野を問わず、写真やグラフ、図表を分析し、考えさせる問題が多い。時事的なテーマを切り口にした問題もみられ、時事問題の対策も十分行いたい。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    WEB出願

    「締切に気をつけ、忘れないよう早めに写真を登録しておきました。出願開始日に出願しました。」(2020年度)

    「受験票など自宅で印刷しなければいけないので、プリンターのインクは買っておいた。」(2020年度)

    「12月までには、一通り手順や受験料、合格発表日を一覧にまとめておきました。」(2020年度)

    「受験番号が早いほうが試験後の解散順が早いので、よかったです。」(2020年度)

    「戸惑うことなくスムーズに手続きできました。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

神奈川大学附属中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校