トップ検索結果 > 日本女子大学附属中学校
日本女子大学附属中学校

日本女子大学附属中学校

〒214-8565
神奈川県川崎市多摩区西生田1-1-1
公式サイト
80偏差値
51
女子 02月01日
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
女子
学校名
日本女子大附属
入試日
02/01
80偏差値
51
50偏差値
47
性別
女子
学校名
日本女子大附属(2回)
入試日
02/03
80偏差値
51
50偏差値
47
四谷大塚入試結果の偏差値です。
本偏差値は2019年入試の結果偏差値です。
80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:50

制服

中学のみあり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂中高あり
販売中高あり

プール

屋内

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    町妙子

  • 創立

    明治34年

  • 生徒数

    749名

  • 所在地

    〒 214-8565
    神奈川県川崎市多摩区西生田1-1-1

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    100名

  • 高校生
    外部募集

    130名 (完全混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ夏50/冬45分・週30時間
      1年 2年 3年
    国語 4.3 4 4 12.3
    社会 3 3 4 10
    数学 4 4 4 12
    理科 3 4 4 11
    英語 5 5 5 15
    5教科計 19.3 20 21 60.3

沿革

1901年、日本最初の女子大学である日本女子大学校設立と同時に併置された日本女子大学附属高等女学校が前身。1947年の学制改革によって、日本女子大学附属中学校となり、今日に至る。

教育方針と特色

創立以来の基本精神である「信念徹底・自発創生・共同奉仕」を現代に生かし、“自ら学ぶ姿勢を育てる”という考えのもとに、学習に積極的にとり組み、学習方法を発見していく生徒の育成に努めている。そのため、ホームルームやクラブにおいて、生徒の自発的な活動を奨励し、自発的生活態度や自治生活の運営を体得させるよう特別教育活動を実施。軽井沢三泉寮での、人間の生き方や将来の展望についての自覚を深めるプログラムはその一例である。学習指導は教科の特性に合わせ、習熟度別授業や個別指導を導入。高い学習効果を挙げている。卒業生を招いての「キャリア教室」、バランスのとれた人間性を養う「芸術の鑑賞会」や必修科目である「バイオリンの授業」なども本校の特色ある教育である。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 25000 円
入学手続時 入学金 250000 円
授業料 - 円
その他 95000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 123500 円
入学後1年 授業料 511000 円
その他 285000 円
初年度納入金合計 1264500 円
中学3年間費用計 約 3050550 円
*同時出願の受験料は、2回分で4万円。*入学辞退者は、3月30日15時までに申し出れば、施設設備費(9万5千円)を返金。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
総設問数は20〜25問程度。基本〜標準レベルの問題を中心に、幅広い分野から出題される。計算と一行問題が約半数を占めるので、ミスなく得点したい。計算問題はやや複雑なものが出題されるので、計算力を鍛えておこう。後半の大問にも難問はなく、基礎をしっかりと身につければ十分対応できる。
国語
例年通り、長文2題構成で、第1回は随筆文2題、第2回は物語文と随筆文。選択問題はなく、書き抜き問題と記述問題の割合が高い。記述問題のほとんどは「自分のことば」で答えるもの。知識問題は漢字の書き取りと語句。語彙を豊富にする学習を心掛けたい。
理科
大問9題で、地学分野から3題、生物・物理・化学分野から2題ずつの出題。生物分野はアサガオの発芽、消化、地学分野は地層、火山、星座、物理分野はてこ、ブランコの往復回数を調べる実験、化学分野は水溶液、溶解度が出題された。出題される分野が多いため、苦手をつくらないよう基本をおさえたい。
社会
大問5題構成。記号選択の割合が高く、内容も基礎基本が中心だが、30分の試験時間に対して問題数が多いうえ、長めの記述問題が3問出題されている。また、例年、グラフや表を写真と自分の知識を結びつけて答えさせる問題が非常に多い。教科の知識だけではなく論理的な思考力が必要となるので、過去問演習を通じてこうした形式を自分のものとして定着させたい。
  • 出願
  • 試験当日
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 願書類など

    「子どもが書く自己紹介は、記入用紙のコピーを取って練習をしてから本人に書かせました。」

    「WEB出願の志望理由は300字以内で入力するので、事前準備をしておきました。」

    「子どもの通う学校が前・後期制なので10月前半までのコピーしか持っていなかったのですが、実際は12月末時点の欠席日数が必要で慌てて学校に連絡しました。」

    「試験当日午後受験があるので、面接の時間を早くするために、郵送物は配達日指定で出願初日に着くようにしました。」(2018年度)

    「受験を早く決めたので、出願初日に着くように送付しました。早い受験番号になり、面接が早く終わりました。(2018年度)

    「念入りに下書きしました。志望動機欄が大きいため、説明会配布資料や過去問を熟読し、学校が求める生徒像を把握しました。」(2018年度)

    「願書受付が必着でしたので、配達日指定にしました。インターネットで追跡し、学校に到着したか、確認しました。」(2018年度)

中学イベントカレンダー

日本女子大学附属中学校 のイベントカレンダー

実施日 開始時間 行事名 都道府県
10月3日(土)
12:00
文化祭
神奈川県
事前にインターネットで予約
10月4日(日)
9:00
文化祭
神奈川県
事前にインターネットで予約
10月13日(火)
10:40
授業見学説明会
神奈川県
事前にインターネットで予約
10月24日(土)
16:00
夕方説明会
神奈川県
事前にインターネットで予約
11月21日(土)
14:00
入試問題解説会
神奈川県
事前にインターネットで予約
12月5日(土)
17:00
親子天体観望会
神奈川県
事前にインターネットで予約
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校