トップ検索結果 > ドルトン東京学園中等部
ドルトン東京学園中等部

ドルトン東京学園中等部

〒182-0004
東京都調布市入間町2-28-20
公式サイト
Aライン
80偏差値
50
Aライン
80偏差値
52
男子 02月02日
女子 02月02日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
ドルトン東京学園(2/1AM)
入試日
02/01
Aライン80偏差値
45
Cライン50偏差値
40
性別
女子
学校名
ドルトン東京学園(2/1AM)
入試日
02/01
Aライン80偏差値
46
Cライン50偏差値
41
性別
男子
学校名
ドルトン東京学園(2/1PM)
入試日
02/01
Aライン80偏差値
47
Cライン50偏差値
42
性別
女子
学校名
ドルトン東京学園(2/1PM)
入試日
02/01
Aライン80偏差値
48
Cライン50偏差値
43
性別
男子
学校名
ドルトン東京学園(2/2AM)
入試日
02/02
Aライン80偏差値
45
Cライン50偏差値
40
性別
女子
学校名
ドルトン東京学園(2/2AM)
入試日
02/02
Aライン80偏差値
46
Cライン50偏差値
41
性別
男子
学校名
ドルトン東京学園(2/2PM)
入試日
02/02
Aライン80偏差値
47
Cライン50偏差値
42
性別
女子
学校名
ドルトン東京学園(2/2PM)
入試日
02/02
Aライン80偏差値
48
Cライン50偏差値
43
性別
男子
学校名
ドルトン東京学園(特待)
入試日
02/02
Aライン80偏差値
50
Cライン50偏差値
47
性別
女子
学校名
ドルトン東京学園(特待)
入試日
02/02
Aライン80偏差値
52
Cライン50偏差値
49
性別
男子
学校名
ドルトン東京学園(2/4PM)
入試日
02/04
Aライン80偏差値
47
Cライン50偏差値
42
性別
女子
学校名
ドルトン東京学園(2/4PM)
入試日
02/04
Aライン80偏差値
48
Cライン50偏差値
43
ドルトン東京学園中等部の偏差値です。
Aライン80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
Cライン50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

アイコン_特長など特長など

学期

2学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:20

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売中高あり

プール

なし

なし

特特制度
奨学金制度

あり

アイコン_概要概要

  • 学校長

    荒木貴之

  • 創立

    2019年

  • 生徒数

    343名(男211名、女132名)

  • 所在地

    〒 182-0004
    東京都調布市入間町2-28-20

  • アクセス

  • 系列校

    中 高

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ45分・週33時間
      1年 2年 3年
    国語 5 5 4 14
    社会 3 3 4 10
    数学 5 5 5 15
    理科 3 4 4 11
    英語 6 6 6 18
    5教科計 22 23 23 68

アイコン_沿革沿革

2019年新規開校の中高一貫校。1889年創立の東京商業学校が、1973年東京学園高等学校と改称し、開校130年を迎える2019年、米国ニューヨークで始まった学習者中心教育のドルトンプランを取り入れ、共学の中高一貫校「ドルトン東京学園中等部・高等部」として出発した。

アイコン_教育方針と特色教育方針と特色

ドルトンプランとは、約100年前に米国の教育家ヘレン・パーカストが、当時多くの学校で行われていた詰込み型教育に対する問題意識から提唱した、学習者中心の教育メソッドです。ドルトンプランが育成する、自ら考え、他者とともに新しい価値を創っていく力は、予測不可能な現代の社会にこそ求められるものです。ドルトン東京学園は、2つの原理「自由」と「協働」をベースに、「ハウス」(異なる学年の生徒で編成するクラス)、「ラボ」(自ら立てた学習計画に沿った学びを実践する場)、「アサインメント」(課題を中心とした学び)の3つを柱としたドルトンプランを、日本の教育制度に適した形で展開します。探究・発信・表現し学びを深めるための仕掛けは、校舎全体にもなされ、全館wifi整備、可動式家具や電子黒板を設置した教室、開放的なラーニングコモンズなど、自由な発想で協働を進めていく環境が整っています。

アイコン_進学・進路進学・進路


主な合格実績
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    出願書類

    「事前書類の提出が1月24日までにあり、本人自筆の志望理由、通知表のコピーを送付しました。父母の出願理由は字数ぴったりになるようにしました。」(プラス型)(2020年度)

    「当日、通知表のコピーを提出しました。」(2021年度)

    WEB出願

    「志望理由を親目線で書くか、本人目線で書くか迷いましたが、本人が志望していることをアピールするほうがよいかと思い、本人が思っている魅力を代理で入力するというスタンスにしてみました。それプラス親の思いも入れて、字数オーバーにならないよう、注意しました。」(2021年度)

  • 登校時

    登校時全般

    「1年上の在校生、先生の対応がとてもよかったです。全て分かりやすかったです。」(2020年度)

    「到着すると直ぐに入れてもらえ、本人とも直ぐに別れてしまいました。」(2021年度)

    父母控室

    控室の場所、飲食、寒暖

    「カフェテリアが控室でした。暖房は適温でした。」(2020年度)

    「控室はホールとカフェテリアに分かれていました。カフェテリアは午後も受験する父母のみ入室可能でした。ホールの中は適温でした。」(2021年度)

    試験教室

    受験生の荷物、飲食、寒暖

    「休み時間は教室外で、トイレや水分補給など可能でした。」(2020年度)

    受験生との合流

    受験生との合流全般

    「控室のカフェまで先生が誘導してくれましたので、スムーズでした。」(2020年度)

    「子どもがどの教室で受験しているか、一覧がホールのスクリーンに映し出されるようになっていました。その部屋へ父母が迎えに行く形式でした。」(2021年度)

    その他

    試験問題の持ち帰り、掲示と販売

    「試験問題の持ち帰り可能でした。」(2020年度)

    「試験問題の持ち帰り可、掲示なし、販売なしでした。」(2021年度)

    持ち物全般

    「教室に時計があったので、腕時計は必要ありませんでした。」(2020年度)

    「受験票のコピーを用意しました。」(2021年度)

    (面接が関係しない)服装全般

    「普段着で行きました。」(2020年度)

    「普段着で行きました。」(2021年度)

    食べ物全般

    「水筒のみ持参しました。」(2020年度)

    「チョコレートを持たせましたが、食べなかったようです。」(2021年度)

  • 面接

    面接場所、面接官人数、受験生人数、面接時間

    「プラス型は受験生のみの個別面接でした。面接官は2名、時間は10分ほどでした。」(2020年度)

    面接内容

    「内容は、志望理由、入学後の抱負、小学校生活について、入学後具体的に何を研究したいか、何に興味を持っているかなどでした。」(2020年度)

    面接その他

    「教室で待機し、順番に呼ばれました。2つの部屋があり、受験番号の奇数・偶数で分かれました。」(2020年度)

    アンケート

    実施のタイミングと内容

    「受験生対象で、試験当日に実施しました。内容は、併願校とその志望順位でした。」(2020年度)

  • 合格発表

    合格発表

    「合格発表はインターネットのみでした。ネットで入学金支払いをし、合格書類は3日後に郵送されてきました。」(2020年度)

  • その他

    その他

    「過去問が販売されていなかったので、似たような傾向の問題を解くとよいと思いました。」(2021年度)

入試要項

費用(参考)

受験料 30,000 円
入学手続時 入学金 400,000 円
授業料 - 円
その他 - 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 120,000 円
入学後1年 授業料 930,000 円
その他 493,000 円
初年度納入金合計 1,943,000 円
中学3年間費用計 約 4,101,000 円
*2万円追加で2回目以降5回まで受験可。*国内宿泊研修費、海外研修費(積立)、副教材費は別途。

入試情報 入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

アイコン_教科ごとのポイント教科ごとのポイント

算数
計算+一行問題10問、大問2題程度の問題構成。前半は幅広い分野から基本~標準的な問題が出題されるので、しっかりと基礎を固めておきたい。後半ではグラフや表の読み取り、数・規則性の問題など式や考え方・理由を書かせる問題があるので、日頃から丁寧に書くことを心掛けよう。
国語
物語文と随筆文の読解2題(文章は短い)と対義語という出題(記述1問を除いてすべて記号選択)だった。物語文は場面における人物関係とその心情への理解度および文章の特徴を、随筆文では筆者の考えとその根拠・要旨を問われた。後者にある記述(200字以内)は設問の意図をおさえて、必ず書くこと。
理科
大問3題、地学分野から2題、生物・地学分野から1題の出題である。地学分野は月、紫外線からの出題、生物・地学分野からは多分野複合の小問集合が出題されている。いずれも基礎的な内容ではあり、問題量も多くはないが、会話文を基調に問いが進んでいくため、読解力を養っておくことが望ましい。
社会
大問2題構成。用語記述の一部は漢字指定。記号選択の多くは基礎基本内容。記述問題は計3問出題。全体を通じて時事問題や時事的なテーマにからんだ出題が多いので、時事問題に対する対策をしっかりと行っておくことが重要。

中学受験 イベントカレンダー 中学イベントカレンダー

ドルトン東京学園中等部 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
掲載中学一覧 登録数363校