トップ検索結果 > 東京大学教育学部附属中等教育学校
東京大学教育学部附属中等教育学校

東京大学教育学部附属中等教育学校

〒164-8654
東京都中野区南台1-15-1
公式サイト
80偏差値
50
80偏差値
52
男子 02月03日
女子 02月03日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
東京大附属
入試日
02/03
80偏差値
50
50偏差値
45
性別
女子
学校名
東京大附属
入試日
02/03
80偏差値
52
50偏差値
47
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:30

制服

なし

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売中高あり

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    斎藤兆史

  • 創立

    昭和23年

  • 生徒数

    360名(男180名、女180名)

  • 所在地

    〒 164-8654
    東京都中野区南台1-15-1

  • アクセス

  • 系列校

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

  • 授業時間

    1コマ50分・週31時間
      1年 2年 3年
    国語 4 4 4 12
    社会 3 4 4 11
    数学 4 4 4 12
    理科 4 4 4 12
    英語 4 4 4 12
    5教科計 19 20 20 59

沿革

1948年、東京高等学校尋常科1・2年を募集、在校する3年生と合わせ新制中学校となる。1949年、学制改革により東京高等学校が東京大学東京高等学校となる。1951年、国立学校設置法の改正により、東京大学教育学部附属中学校・高等学校が発足。1963年より6ヶ年一貫教育を開始。2000年、中等教育学校に移行。

教育方針と特色

教科学習と総合的な学習とを二本の大きな柱とし、これに生徒の自主的な活動を有機的に結びつけた教育を行っている。6年かけて、一人ひとりの生徒が「未来にひらく自己の確立」をじっくりめざせる教育を実践している。本校は、協働学習を通して、教科学習と総合的な学習を連動させ、多様な経験と生徒間の相互理解の中で豊かな発想を生み、学問の本質を追求する環境をつくっている。東京大学の知の財産の活用や教授陣による様々なサポート体制があり、遺伝と環境の影響などの研究に代表される双生児研究校としての役割、東京大学の学生の教育実習校としての役割もある。1・2年生を基礎期、3・4年生を充実期、5・6年生を発展期とし、各期に目標を設定した「2−2−2制」を実施している。部活動は運動部・文化部のいずれも、全学年が一緒になって活動している。夏季の校外宿泊生活や様々な行事、生徒会活動も活発に行われている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

進学状況

2014年入試データ

卒業生進路状況


  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    出願書類

    「報告書について、2学期は小学校の行事がとても多く、担任の先生もお忙しいと分かっていたので、お願いするタイミングに注意しました。」(推薦)(2020年度)

    出願その他

    「一応、学校のある中野の大きな郵便局から出しました。グループ面接の組み合わせも出願から影響されるかもと思いましたが、3日目ぐらいに出しても大丈夫なくらい個人をよく見て下さる面接だったと思います。」(推薦)(2020年度)

中学イベントカレンダー

東京大学教育学部附属中等教育学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校