トップ検索結果 > 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校

〒230-0046
神奈川県横浜市鶴見区小野町6
公式サイト
80偏差値
62
80偏差値
64
男子 02月03日
女子 02月03日
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
横浜市立YSFH附属
受験日
02/03
80偏差値
62
50偏差値
57
性別
女子
学校名
横浜市立YSFH附属
受験日
02/03
80偏差値
64
50偏差値
59
四谷大塚入試結果の偏差値です。
80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:30

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂中高あり
販売中高あり

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    永瀬哲

  • 創立

    平成29年

  • 生徒数

    240名(男120名、女120名)

  • 所在地

    〒 230-0046
    神奈川県横浜市鶴見区小野町6

  • アクセス

  • 系列校

    中 高

  • 小学校からの
    無い内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    160名

  • 授業時間

    1コマ50分・週35時間
      1年 2年 3年
    国語 5 5 5 15
    社会 3 3 4 10
    数学 5 5 5 15
    理科 4 4 4 12
    英語 5 5 5 15
    5教科計 22 22 23 67

沿革

2009年、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校開校。2016年、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校開校。

教育方針と特色

同校の育成する生徒像は、「サイエンスの考え方」、「豊かな社会性や人間性」、「次代を担うグローバルリーダーの素養」のそれぞれを身につけた生徒である。中学生段階を「基盤形成期」、高校生段階を「充実発展期」と位置付けて、特色あるカリキュラムを編成する。単に授業の先取りを行うのではなく、内容を深く掘り下げ、生徒の興味関心を引き出すように、物事を正確に捉えて考察し討議する「考察・討議(Discussion)」、仮説を立てて論理的に実証する「実験(Experiment)」、フィールドワークなど実体験から学ぶ「体験(Experience)」、自分の考えや意見を正確に相手に伝える「発表(Presentation)」をDEEP 学習として授業に取り入れる。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

  • 出願
  • 試験当日
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 願書類など

    「志願説明会で一人1部出願書類が配布されました。」(2018年度)

    「説明会で細かい指示があります。説明会の話はテンポがとても速く書き留めることが難しかったので、録音すればよかったと思いました。」(2017年度)

中学イベントカレンダー

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数363校