トップ検索結果 > 実践学園中学校
実践学園中学校

実践学園中学校

〒164-0011
東京都中野区中央2-34-2
公式サイト
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:25

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂中高あり
販売中高あり

プール

なし

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    越川頼知

  • 創立

    平成8年

  • 生徒数

    242名(男141名、女101名)

  • 所在地

    〒 164-0011
    東京都中野区中央2-34-2

  • アクセス

  • 系列校

    中 高

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    270名

  • 授業時間

    1コマ50分・週34時間
      1年 2年 3年
    国語 5 4 5 14
    社会 4 4 4 12
    数学 5 4 5 14
    理科 4 5 4 13
    英語 7 8 8 23
    5教科計 25 25 26 76

沿革

1927年、神田錦町に東京堂教習所として創立。その後、中野区中央に移り、1948年、学制改革により実践学園高等学校と改称。1954年、実践学園商業高等学校と改称。1990年、実践学園高等学校と改称、及び普通科設置。1996年、中高一貫教育として中学校を復校。2010年、高尾総合グラウンドに研修センター2号館(教育棟)竣工。2011年、本校隣に建設した図書館と自習スペース融合型の自由学習館を拠点とした「Jスクール」による進学指導体制を確立。

教育方針と特色

「学問の修得をとおして、自己実現をめざし、人類・社会に役立つ人材づくりをする」を建学の精神として掲げ、その教育理念のもと教育活動にあたる。グローバル化に対応するためのリベラルアーツ&サイエンス教育に力を入れ、講演会や校外授業を行っている。英語教育には特に力を入れ、中1からネイティブ講師による英会話を実施している。日本の歴史や文化を学んだ上で、中3でのニュージーランド語学研修につなげる。中期、長期留学制度で生徒の多様な意欲に応えている。きめ細かい指導ができるよう、少人数学級を編成。担任が生徒の学力を把握、フォローするため、自主学習ノートやステップアップノートと呼ばれるノートを使って学力の向上を図る。習熟度別授業や学習進度別の補習、「ジュニアJ・スクール」と呼ばれる講習を取り入れ、基礎学力の習得に力を入れている。生徒の様々な学びに対応する「自由学習館」、生物や環境問題について学べる「実践の森・農園」、学習効果の高い「IWB(電子黒板)」と独自の設備も充実。心身の成長に主眼をおいた部活動も活発である。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

進学状況

2014年入試データ

卒業生進路状況


  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他

中学イベントカレンダー

実践学園中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校