トップ検索結果 > 筑波大学附属中学校
筑波大学附属中学校

筑波大学附属中学校

〒112-0012
東京都文京区大塚1-9-1
公式サイト
80偏差値
66
80偏差値
69
男子 02月03日
女子 02月03日
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
筑波大附属
入試日
02/03
80偏差値
66
50偏差値
62
性別
女子
学校名
筑波大附属
入試日
02/03
80偏差値
69
50偏差値
65
四谷大塚入試結果の偏差値です。
本偏差値は2019年入試の結果偏差値です。
80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

隔週5日制

登校時刻

8:15

制服

中学のみあり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売なし

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    野津有司

  • 創立

    明治21年

  • 生徒数

    613名(男307名、女306名)

  • 所在地

    〒 112-0012
    東京都文京区大塚1-9-1

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高

  • 小学校からの
    内進生

    134名

  • 高校生
    外部募集

    80名 (完全混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週30時間
      1年 2年 3年
    国語 4.5 3.5 3.5 11.5
    社会 3.5 3.5 3 10
    数学 4 4 4 12
    理科 3 4.5 4 11.5
    英語 4 4 4 12
    5教科計 19 19.5 18.5 57

沿革

1888年、東京高等師範学校附属尋常中学校として設立。1949年に東京教育大学附属中学校と改称。1978年に東京教育大学が閉学し、筑波大学となったため、筑波大学附属中学校に改称。

教育方針と特色

「強く、正しく、朗らかに」を校訓に、調和的な心身の発達と豊かな個性の伸長を図り、民主的社会の一員として人生を主体的に開拓し、人類社会の進展に寄与することができる人間の育成を目標とする。教科書を中心とした授業内容で、確実に基礎力を身につけ、じっくりと応用力をつけていくことに重点をおいている。英語では外国人講師を起用した授業を週1時間行っている。集団生活における協力と責任感を育てるために、校内の諸行事や校外学習、1年次に海浜生活、2年次に高原生活などの夏季行事を行っている。クラブ活動はバレー・バスケット・サッカーなどの運動部が活発だが、文化系の研究会なども積極的である。併設大学の教育実習にも協力している。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

出願資格(参考)

下記区域内に保護者と同居し、そこを生活の本拠とする者。東京23区、西東京市、清瀬市、狛江市、東久留米市、三鷹市、武蔵野市、府中市、調布市、小平市、東村山市、小金井市、国分寺市、和光市、川口市、朝霞市、蕨市、戸田市、志木市、新座市、さいたま市、所沢市、草加市、三郷市、八潮市、浦安市、市川市、松戸市、流山市、柏市、川崎市。
受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
標準レベルの問題を中心に、小問形式の問題が20問前後並んでいる。変則的な試験時間(社会と合わせて50分)なので、問題のレベルを見極めて手際よく処理する必要がある。数に関する問題や、複雑な図形の問題、グラフや表の読み取り、立体図形の構成などが頻出である。
国語
今年も放送による聞き取りはなく、一昨年・昨年と続いた資料(世論調査)の読み取り問題もなかった。物語文と説明文の標準的な読解2題となった。記号選択中心で難問もないが、文章量は少なくなく、他教科と組み合わせての短い試験時間設定である点には注意したい。
理科
大問5題で、物理分野から2題、生物・地学・化学分野から各1題の出題。生物分野はいろいろな植物のつくり、地学分野は和歌に出てくる月、物理分野は虫眼鏡と力のつり合い、化学分野は燃焼が出題された。小学校で学習する基礎知識を確実に身につけておく必要がある。記述問題などで確かな理解と思考力を求められるので、注意したい。
社会
例年通り小問数が10問。記号選択が9問で、ことばを文章から抜き出す問題が1問だった。各設問で要求される知識は基本的だが、知識を複合的に組み合わせて考える問題が多い。基礎的な学習を確実に理解し、グラフや表などの統計資料、地図を分析する力を身につけておきたい。歴史では年号の正確な知識が求められた。年表を活用した学習をこころがけたい。
  • 出願
  • 試験当日
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 願書類など

    「写真が2枚必要なのですが、12月1日以降撮影のものという指示がありました。」

    「2日目に出願しました。体育実技は受験番号順に行うので、早く帰りたい場合は早く出願に行ったほうがよいです。202番は2時間以上待つことになりました。」

    「桐蔭会館に入り、男女別に椅子へ案内され、順番に出願しました。出願初日の朝は混雑していましたが、スムーズに次々に対応していただきました。」

    「出願初日の9時50分に行ったところ、男子は待っている人が数人でしたが、女子は20人以上待っていました。」

    「10時に着いた時には、10名程度が順番待ちをしていました。スムーズに出願できました。遠方から受験する場合には、書類をその場で書き、印が必要でした。」

    「出願時に通学区域外に居住していたため、“4月1日までに通学区域へ転居する”旨の念書に押印しました。」

    「報告書は、12月中に小学校の担任の先生に記入をお願いしました。」(2018年度)

    「願書裏面に検定料納入後の証明書を貼付するのですが、自分の控えである受領証と間違えて貼ってしまいそうになりました。」(2018年度)

    「女子は志願書の左上の点線部分を切り取ります。」(2018年度)

    「出願時に『受験の心得』のプリントの配布がありました。」(2018年度)

    「写真を貼り忘れたことを気づかずに手続きしてしまい、学校から電話があり郵送しました。写真は2ヶ所に貼ります。」(2017年度)

中学イベントカレンダー

筑波大学附属中学校 のイベントカレンダー

実施日 開始時間 行事名 都道府県
9月19日(土)
9:00
体育祭
東京都
9月26日(土)
14:00
説明会
東京都
事前にインターネットで予約
10月3日(土)
(1)10:00 (2)14:00
説明会
東京都
事前にインターネットで予約
10月31日(土)
9:00
文化祭
東京都
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数363校