トップ検索結果 > 跡見学園中学校
跡見学園中学校

跡見学園中学校

〒112-8629
東京都文京区大塚1-5-9
公式サイト
80偏差値
48
女子 02月01日
第6回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
女子
学校名
跡見学園
入試日
02/01
80偏差値
40
50偏差値
35
性別
女子
学校名
跡見学園(特待1回)
入試日
02/01
80偏差値
48
50偏差値
44
性別
女子
学校名
跡見学園(2回)
入試日
02/02
80偏差値
40
50偏差値
35
性別
女子
学校名
跡見学園(特待2回)
入試日
02/02
80偏差値
47
50偏差値
43
性別
女子
学校名
跡見学園(特待4回)
入試日
02/05
80偏差値
47
50偏差値
43
第6回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:10

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売中高あり

プール

屋内

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    松井真佐美

  • 創立

    明治8年

  • 生徒数

    671名

  • 所在地

    〒 112-8629
    東京都文京区大塚1-5-9

  • アクセス

  • 系列校

    中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ34分・週時間
      1年 2年 3年
    国語 5 5 5 15
    社会 4 4 4 12
    数学 5 5 5 15
    理科 4 4 4 12
    英語 6 6 6 18
    5教科計 24 24 24 72

沿革

1875年、女子教育の理想を求めて跡見花蹊が創立。日本の女子教育の先駆けとなった伝統校である。1946年には専攻科を設置。その後、中学、高校、大学を設置し、女子総合学園として今日に至る。

教育方針と特色

諸芸術による豊かな情操と、先進的で幅広い教養を備えた女性の育成を目指した学祖跡見花蹊の精神を受け継ぎ、およそ145年の伝統と時代に即した革新のもと、きめ細やかな教育実践を行っている。新たな時代を生き抜くことができる強くしなやかな女性を育てるべく、まず学習において自律し自立した学習習慣を身に付けられるよう、徹底した指導がなされる。少人数制や習熟度別の授業で、一人ひとりに適した学習環境を用意している。またそのかたわら、机上の学習にとどまらず、自然教室や音楽鑑賞会、古典芸能鑑賞といった豊富な学校行事、校外授業を通して、多くの「本物」にふれる機会を設け、「本物」だからこそもたらすことのできる感動を味わうとともに、生徒自身や社会・世界のあり方を考え、美意識を形づくる契機としている。書家でもあった学祖花蹊の字を習う跡見流の習字は全員が授業で経験することになる。日本文化の素養を重視した花蹊の志を継承し、茶道、箏曲、華道についても課外授業として継続的に稽古することができるようになっている。放課後には、それらの課外授業に加えて多彩な講座が用意され、「放課後プログラム」として一つの特徴となっている。国語・数学・英語の補習、ネイティブ講師との英会話など、少人数を対象とした面倒見のよい指導によって、苦手な教科の克服や得意な教科のさらなる発展に努めている。クラブ活動も盛んで、加入率は高い。進路指導も充実している。生徒の望む進路を歩ませたい、という願いのもと、進路講演や大学の模擬授業、大学別説明会など多くの機会を提供し、生徒が主体的に進路選択を実現できるサポート体制を整えている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 25,000 円
入学手続時 入学金 250,000 円
授業料 - 円
その他 205,293 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 416,400 円
入学後1年 授業料 550,000 円
その他 - 円
初年度納入金合計 1,421,693 円
中学3年間費用計 約 3,389,493 円
*複数回出願の受験料は、2回分は3万5千円、3回分は4万5千円、4回分で5万円、5回分で5万5千円、6回分で6万円。*修学旅行費等別途。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
計算問題4問、一行問題6問、大問3題の問題構成。幅広い分野から標準的な問題を中心に出題されている。規則性を見つけて解く問題や図形、グラフの問題が頻出。式や考え方を書かせる問題が多いので、日頃から丁寧かつ簡潔に書く練習をしておこう。
国語
物語文と説明文のどちらも短めの読解2題と言語事項(慣用句・書き取り計10問)という出題構成である。物語文では人物の様子・心情とその理由および言いかえ内容を、説明文では筆者の考えの根拠や要点・脱文復元などを、それぞれ記号選択と簡単な記述とで問われた。
理科
生物2題、物理・化学・地学各1題ずつ。生物はヒトの体から血液と動植物から土の中の生物・食物連鎖の問題、物理は浮力の計算問題、化学は燃焼・水の温度変化、地学は大地の変化から火山が出題された。記述問題が3題、グラフを書くものもあり注意が必要だが、基本重視なので『四科のまとめ』をしっかり復習したい。
社会
大問3題構成。いずれも基礎基本が問われ、用語記述は漢字指定が多い。大問1は昨年の入試でサッカーワールドカップに参加した6か国が問われたのに続き、ラグビーワールドカップに参加した国に関しての出題だった。世界地図を用いた出題形式や首都の気候グラフの問題は数年続いている。外国に関する問いが多いので、おもな国の位置や基本的な要素については力点をおいて学習したい。記述問題は4問出題された。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    WEB出願

    「写真もアップロードでの印刷で、簡単に出願できた点がよかったです。」(2020年度)

    「試験日と4教科or2教科の選択を、間違いがないように注意しました。」(2020年度)

    「受験票を印刷する際、用紙は厚手のもののほうがよいと思いました。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

跡見学園中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校