トップ検索結果 > 東京学芸大学附属世田谷中学校
東京学芸大学附属世田谷中学校

東京学芸大学附属世田谷中学校

〒158-0081
東京都世田谷区深沢4-3-1
公式サイト
80偏差値
60
80偏差値
62
男子 02月03日
女子 02月03日
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
東京学芸大附属世田谷
受験日
02/03
80偏差値
60
50偏差値
56
性別
女子
学校名
東京学芸大附属世田谷
受験日
02/03
80偏差値
62
50偏差値
58
四谷大塚入試結果の偏差値です。
80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:25

制服

あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売なし

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    加藤泰弘

  • 創立

    昭和22年

  • 生徒数

    435名(男219名、女216名)

  • 所在地

    〒 158-0081
    東京都世田谷区深沢4-3-1

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高

  • 小学校からの
    無い内進生

    83名

  • 高校生
    外部募集

    106名 (完全混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週29時間
      1年 2年 3年
    国語 4 4 4 12
    社会 3 3 4 10
    数学 4 4 4 12
    理科 3 4 4 11
    英語 5 4 4 13
    5教科計 19 19 20 58

沿革

1947年、東京第一師範学校男子部附属中学校として設立。1951年、現校名に改称し、今日に至る。

教育方針と特色

「個性的で人間性豊かな人格をつくる」「創造性豊かな人間を育てる」「敬愛の精神にあふれた人間を育てる」の3点を教育目標に掲げる。学習指導では自発的、計画的な学習態度を養う。生活指導では、公共物を大切にし環境美化に努める態度と、集団の一員としての自覚を持ち、奉仕活動に積極的にとり組む態度を養う。教科指導においては、基礎・基本とともに、応用・発展的な学習が行われている。総合学習における「テーマ研究」では、自ら選択したテーマを研究し、教科の枠にとらわれない横断的、総合的な学習を行う。さらに、国語や英語のスピーチコンテスト、情報教育、心の健康の学習も行われている。行事も充実しており、生徒には、様々な場面で自ら考え行動し、チャレンジする機会が与えられている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

出願資格(参考)

出願時の時点で、志願者と保護者が同居しており、その住居が下記指定地域内にあること。また、出願時は下記指定地域外であるが、3月31日までに保護者と指定地域内に同居することが明らかな者。・東京都内:東京23区、調布市、狛江市、稲城市、町田市、三鷹市、武蔵野市・神奈川県内:横浜市、川崎市、大和市、相模原市南区、藤沢市・埼玉県内:和光市、朝霞市

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
図形の規則性や構成、条件付きの調べなど、知識やテクニックよりも思考力を試す問題が大部分。また、理由などを自分の言葉で説明する問題が頻出であり、主旨を簡潔にまとめる力が問われる。試験時間が40分と短いため、過去問演習でしっかりと対策をしておこう。
国語
出題傾向が毎年変わるのが本校の特色だ。今年は漢字に読み書き15問に説明文・論説文の読解2題だった。設問のほとんどが言いかえ内容を問う、つまり文脈の確認だった。文章量も記述量も少なめだ。筆者の考えや表現についても聞かれたが、最後は語彙力で差が出る。
理科
大問6題で生物分野から2題、物理・化学分野から各1題、時事問題が1題と論理問題が1題の出題。生物分野は種子の発芽・メダカ、物理分野は電気回路と転倒センサー、化学分野はミョウバンの結晶づくり、時事問題はノーベル賞と火星の大接近が出題された。算数的な要素の強い問題や作図問題が見られるため、対策が必要。
社会
昨年同様に大問6題構成だった。記号選択の比率が高いが、用語記述は原則として漢字指定である。また、短文の記述問題が出題された。表や地図の読み取りに関する問題が非常に多いのが本校の特徴である。全体的に基礎基本を問う内容だが、正確な知識の習得とともに資料を的確に読み取る力が求められている。
  • 出願
  • 試験当日
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 願書類など

    「自己推薦文があり、冬休みに時間をとって書かせました。トピックは親子で確認し、内容詳細は本人に任せました。」

    「2日目に出願しました。数人並んでいただけで、混雑はまったくありませんでした。」

    「自己推薦書に志望動機の記入欄がありましたが、本人自ら思うままに書いていたので少し心配でした。」(2018年度)

    「自己推薦書はしっかり内面をアピールしました。小学校からの内進者とも仲良くできる順応性、コミュニケーション能力の高さをアピールしました。」(2018年度)

    「願書に小学校の校長印が必要でしたので、冬休み前に依頼しました。」(2018年度)

中学イベントカレンダー

東京学芸大学附属世田谷中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数363校