トップ検索結果 > 日本大学第二中学校
日本大学第二中学校

日本大学第二中学校

〒167-0032
東京都杉並区天沼1-45-33
公式サイト
80偏差値
45
80偏差値
45
男子 02月03日
女子 02月03日
第6回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
日大第二
入試日
02/01
80偏差値
44
50偏差値
40
性別
男子
学校名
日大第二(2回)
入試日
02/03
80偏差値
45
50偏差値
40
性別
女子
学校名
日大第二
入試日
02/01
80偏差値
44
50偏差値
40
性別
女子
学校名
日大第二(2回)
入試日
02/03
80偏差値
45
50偏差値
40
第6回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:35

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂条件付
販売条件付

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

奨学金あり

概要

  • 学校長

    深沢詠治

  • 創立

    大正15年

  • 生徒数

    711名(男370名、女341名)

  • 所在地

    〒 167-0032
    東京都杉並区天沼1-45-33

  • アクセス

  • 系列校

    中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    180名 (完全混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週33時間
      1年 2年 3年
    国語 4 5 5 14
    社会 4 4 4 12
    数学 5 5 5 15
    理科 4 4 4 12
    英語 6 6 6 18
    5教科計 23 24 24 71

沿革

昭和2年、日本大学の付属中学校として開校。同22年より中学は新制日本大学第二中学校に移行し、同23年高校は新制日本大学第二高等学校に名称変更。また、同24年に中学・高校に女子部を併設。平成8年度より中学校が、同9年より高校も男女共学となる。卒業生は4万2千余名を数え、実業・スポーツ・芸能・研究などの各界に多彩な人材を輩出している。

教育方針と特色

日本大学の建学の精神である「自主創造」を根底に、「信頼敬  愛、自主協同、熱誠努力」の3つの校訓を掲げている。90年の伝統が育んだ「おおらか」で「あかるい」校風のもと、生徒達は6年間をかけて様々な人や価値観と出逢い、多様な体験を繰り返して、温かみと思い遣り溢れる一人の人間として大きく成長していく。学力面では、確かな学力を身に付けさせるため、どの教科も基礎・基本の繰り返し指導を徹底し、放課後補習や休業日講習など学力補充も手厚い。学力面以外でも、体育大会や文化祭、弁論大会や理系学部見学会などの体験型行事が数多い。また、目的や目標も多様な文化部18・運動部14団体が活発に活動しており、生徒たちは学力の増進だけに留まらない活力ある学校生活を送っている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 25,000 円
入学手続時 入学金 250,000 円
授業料 - 円
その他 100,000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 108,030 円
入学後1年 授業料 480,000 円
その他 407,780 円
初年度納入金合計 1,345,810 円
中学3年間費用計 約 2,676,470 円
*複数回出願の場合、受験料は2回目以降1回につき1万5千円追加。*入学辞退者は指定期間内に申し出れば、施設設備費(10万円)を返金。*女子は男子との制服代・指定用品代の差(5489円)を加えること。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報

教科ごとのポイント

算数
計算と一行問題が合わせて10問、大問4題で、総設問数20問の問題構成。幅広い分野から出題されるが、基本から標準レベルの問題が中心なので、各分野の基礎をしっかりと固め、素早く正確な計算ができるように、基本問題の演習を徹底したい。図形問題は頻出なので、過去問を用いて対策を。
国語
物語文と解説文の読解2題と言語事項(漢字の読み書き・四字熟語・慣用表現・敬語など)という例年通りの出題構成。物語文は様子・心情の理由や表現について、解説文は文脈の細部から言いかえ内容と筆者の考えについて、主に記号選択か抜き出し形式で問われた。
理科
大問4題で4分野からの出題。生物分野はヒトの感覚器官、地学分野は月、物理分野はふり子、化学分野は気体が出題された。基本的な選択問題、ことばを答える問題が中心で、計算問題も見られる。基本事項を早いうちに固めておき、過去問題の演習を通して、問題をこなすことに慣れておきたい。
社会
昨年同様に総合問題・地理・歴史・政治の大問4題構成。総合問題は出題ページ数も多く、設問数全体の半数近くを占める。今年はオリンピックやマスコット・ゆるキャラがテーマ。時事的な内容に関するもの、グラフ・表を用いた出題も多い。記号選択の割合が高いが、用語記述は原則として漢字指定となっている。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    WEB出願

    「出願手続きが終わったかどうか、何度か確認しました。支払い手続きのネット上の確認をしました。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

日本大学第二中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校