トップ検索結果 > 共立女子第二中学校
共立女子第二中学校

共立女子第二中学校

〒193-8666
東京都八王子市元八王子町1-710
公式サイト
80偏差値
35
女子 02月01日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
女子
学校名
共立女子第二(PM)
入試日
02/01
80偏差値
35
50偏差値
30
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:40

制服

中高あり

給食

中高学期毎に2?3回あり

食堂
軽食販売

食堂なし
販売中高あり

プール

なし

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    晴山誠也

  • 創立

    昭和59年

  • 生徒数

    191名

  • 所在地

    〒 193-8666
    東京都八王子市元八王子町1-710

  • アクセス

  • 系列校

    中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    180名 (高校1年次別クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週34時間
      1年 2年 3年
    国語 5 6 5 16
    社会 4 4 4 12
    数学 5 6 6 17
    理科 4 4 4 12
    英語 6 6 6 18
    5教科計 24 26 25 75

沿革

1886年、女子教育の先駆者34名によって創立された共立女子学園に端を発する。1970年に共立女子第二高等学校が開校。さらに1984年に共立女子第二中学校が開校した。今年学園は創立134年、本校は創立50年を迎える。

教育方針と特色

抜群の自然環境の中に東京ドーム5個分のキャンパスを構え、充実した学びの環境が整う。校訓の「誠実・勤勉・友愛」から導き出された3つの女性像「豊かな感性を身につけた女性」「自ら考え、発信できる女性」「他者を理解し、共生できる女性」を教育理念の柱に掲げ、幅広い教養のベースとなる多面的な体験を重視しつつ、全人的な女子教育を実践し、10年後、20年後に社会で活躍できる自立した女性の育成をめざしている。多くの学校行事に加え、クラブ活動も活発で、中学で18、高校で24のクラブが活動し、それぞれ優秀な成績を収めている。一方、現行カリキュラムでは、英数国3教科の先行学習の導入と進学体制の充実が図られ、基礎学力の確立と大学入試へのきめ細かい対応が可能になっている。中学3年次からは特進クラスも置かれ、高校2年次からは5つのコース制を採用し、生徒の多様な進路志望に対応する。さらに、2022年には新たに英語コースを新設予定である。また、大学付属校の利点である安心の進学制度により、卒業生は約95%が現役進学し、共立女子大学と難関大学を含む外部大学へ、毎年ほぼ半々の割合で進学する。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 25,000 円
入学手続時 入学金 250,000 円
授業料 - 円
その他 - 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 - 円
入学後1年 授業料 500,000 円
その他 285,980 円
初年度納入金合計 1,035,980 円
中学3年間費用計 約 2,765,940 円
*2万5千円の受験料で全日程の受験可。適性検査型入試の受験料は1万5千円。*制服・学用品代等別途。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
計算と一行問題が合わせて10問、大問4題で計20問の問題構成。計算と一行問題で50%を占める。幅広い分野から出題されるが基本レベルの問題が中心なので、ケアレスミスに注意して確実に得点できるようにしておきたい。基本問題を繰り返し練習することで、十分に合格点に達する。
国語
説明文・物語文の読解2題に、雑問(慣用表現・季語・類義語・漢字の読み書き)という出題構成は変わらず。説明文は筆者の考えとその根拠や言いかえなどの文脈の細部を、物語文は様子と人物の心情や性格などを問われた。設問は抜き出しか記号選択で、いわゆる記述問題はないと見なしてよい。
理科
大問4題。今年は地学が2題出て、他に生物・化学が1題ずつ。地学は地震の計算問題が1題と流水のはたらき・化石が1題出題された。化学は水溶液の性質・水溶液の特定の問題が、生物は光合成の問題が出題された。基本的な問題だが考える記述もあり、『四科のまとめ』をしっかり仕上げて、過去問研究すると良いだろう。
社会
大問3題構成。総設問数は25問で、短文の記述問題が1問出題された。全体的に基礎基本が問われているので、基本事項の復習を固めることが重要となる。例年、時事問題に関連した問いが多く問われるので、『ニュース最前線』などで対策を十分行っておきたい。本年の用語記述は漢字指定ではなかったが、過去には漢字指定だったこともあるので要注意。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他

中学イベントカレンダー

共立女子第二中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校