トップ検索結果 > 東海大学付属浦安高等学校中等部
東海大学付属浦安高等学校中等部

東海大学付属浦安高等学校中等部

〒279-8558
千葉県浦安市東野3-11-1
公式サイト
80偏差値
38
80偏差値
38
男子 01月20日
女子 01月20日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
東海大付属浦安(A)
入試日
01/20
80偏差値
38
50偏差値
33
性別
男子
学校名
東海大付属浦安(B)
入試日
01/24
80偏差値
38
50偏差値
33
性別
女子
学校名
東海大付属浦安(A)
入試日
01/20
80偏差値
38
50偏差値
33
性別
女子
学校名
東海大付属浦安(B)
入試日
01/24
80偏差値
38
50偏差値
33
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:35

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂高校のみ
販売条件付

プール

屋内

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    茂泉吉則

  • 創立

    昭和63年

  • 生徒数

    442名(男301名、女141名)

  • 所在地

    〒 279-8558
    千葉県浦安市東野3-11-1

  • アクセス

  • 系列校

    中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    250名 (完全混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週33時間
      1年 2年 3年
    国語 5 4 4 13
    社会 3 3 4 10
    数学 4 4 4 12
    理科 3 4 4 11
    英語 5 6 6 17
    5教科計 20 21 22 63

沿革

1988年に、東海大学付属浦安高等学校と同じ敷地内に開校。中学校、高等学校を「中等教育」として継続的、統一的にとらえ、そして、中学校、高等学校、大学と、10年間の教育を一貫して行うことを目指す。大学と接続しているため、ことさらに入試科目を偏重することなく、幅の広い教育が行われる。

教育方針と特色

建学理念を基盤とする国際協調の精神をもち、広い視野に立った人間性豊かな国民を育成することを目標に、「大学の先にある人としての在り方生き方を考える生徒」、「高い目標をもち限界までチャレンジする生徒」、「思いやりをもち相手のことを考える生徒」、「自主的・意欲的に取り組むことが出来る生徒」の育成を目指す。中等部では付属高等学校につながることを展望しながら、知育偏重でない総合教育を実施する。学習と部活動の両立を図り、学力形成と、学校行事や文化活動、体育活動によって、いきいきと主体的、能動的な生活を展開する「東海大浦安学び方スタンダード」を実践していく。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 20,000 円
入学手続時 入学金 160,000 円
授業料 - 円
その他 160,000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 98,348 円
入学後1年 授業料 288,000 円
その他 544,780 円
初年度納入金合計 1,251,128 円
中学3年間費用計 約 2,683,502 円
*A・B同時出願の受験料は3万円。*同時出願でA試験に合格し、入学手続きをした場合、未受験分の受験料1万円を返金。*希望者は、入学手続時納入金の一部10万円を納入したうえで、2月9日まで残金(22万円)の延納可。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報

教科ごとのポイント

算数
計算+一行問題12問、大問3題程度で、総設問数20問の問題構成。文章題の問題が多く、図形の問題の割合は低い。基本から標準レベルの問題が中心で、すべての問題で式や考え方が要求される。ただし、記述欄が小さく、解法を簡潔にまとめる必要があるので練習しておこう。
国語
説明文・絵のない童話・「電車内のマナー」の話題と雑問(音読み・書き取り・対義語)が出題された。説明文では接続語・言いかえ・筆者の考えを問われ、知識だけで答えられる問題も多い。設問を正確に読むことが何よりも大切だ。語彙が乏しいとそれもできない。
理科
大問5題で、4分野から1題ずつと時事問題1問の出題。生物分野はツルレイシ(いわゆるニガウリ)とメダカの観察、地学分野は流水のはたらき、物理分野は音の伝わる速さ、化学分野は水溶液が出題された。時事問題ではノーベル賞について問われた。計算問題や記述問題の対策をしっかり行っておきたい。
社会
大問3題構成。用語記述は漢字指定が多いので、重要な用語や人物名は正確に漢字で書けるようにしておくこと。設問の多くは基本的な内容で、試験時間は理科とあわせて60分あり、設問数も少ないので、あせらずじっくりと取り組むことができる。歴史は、写真などの資料を多用した問題が毎年出題されている。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    WEB出願

    「わかりやすかったです。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

東海大学付属浦安高等学校中等部 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校