トップ検索結果 > 立教女学院中学校
立教女学院中学校

立教女学院中学校

〒168-8616
東京都杉並区久我山4-29-60
公式サイト
80偏差値
61
女子 02月01日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
女子
学校名
立教女学院
入試日
02/01
80偏差値
61
50偏差値
57
性別
女子
学校名
立教女学院(帰国)
入試日
12/21
80偏差値
56
50偏差値
52
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:05

制服

なし

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂条件付
販売条件付

プール

屋内

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    田部井善郎

  • 創立

    明治10年

  • 生徒数

    595名

  • 所在地

    〒 168-8616
    東京都杉並区久我山4-29-60

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    69名

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ50分・週31時間
      1年 2年 3年
    国語 5 4 4 13
    社会 3 4 3 10
    数学 4 4 4 12
    理科 3 4 4 11
    英語 5 6 5 16
    5教科計 20 22 20 62

沿革

アメリカ聖公会から日本に派遣されてきた宣教師C.M.ウィリアムズによって、1877年、立教女学校として湯島に設立。1924年には、関東大震災を転機に現在地に移転。1947年、学制改革に伴い立教女学院中学校と改め、今日に至る。

教育方針と特色

キリスト教に基づき、真の自由の精神と国際感覚を身につけ、自主性を育てることを目指す。中学5学級、高校4学級編成で、教科授業は週5日、2学期制である。年間10回、主に土曜日には人間性を養う宗教活動として、「土曜集会」を実施。毎日の礼拝、週1時間の宗教の授業も行われている。学習指導では、中学から英語の習熟度別授業を少人数で実施、補習授業も行うなど学力向上を図る。高校からは進路・適性に応じた選択制や少人数の授業も導入。生徒会活動も活発で、マーガレット祭(文化祭)は生徒がすべて運営。生徒の宗教活動として、聖歌隊、ボランティアグループも組織されている。制服はなく、生徒は個性を考えた服装で自由に学園生活を謳歌している。所定の要件を満たせば一定人数立教大学に推薦入学が可能。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 30,000 円
入学手続時 入学金 250,000 円
授業料 - 円
その他 260,000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 - 円
入学後1年 授業料 540,000 円
その他 201,600 円
初年度納入金合計 1,251,600 円
中学3年間費用計 約 2,700,600 円
*入学辞退者は、2月7日12時までに申し出れば、施設費・藤の会入会金(26万円)を返金。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
計算+一行問題9問、大問3題の問題構成。前半は標準的なレベルの問題が多いので、確実に得点しておきたい。また、後半の大問では、条件整理などやや思考力を必要とする問題も見られるので、時間配分に注意をしながら取り組むことが大切である。
国語
論説文と物語文の2題構成。漢字等の知識問題は独立して出題されず、読解問題の中に組み込まれている。文章の長さ、選択肢、抜き出しのレベルは例年通りだが、記述が難しくなっている。要旨や山場だけをおさえるのではなく、意味段落における要点や、山場までの展開をしっかりおさえないと、納得のいく記述は書けないだろう。よって、全体をつかんだうえで記述問題に取り組むということを意識して学習をしてほしい。
理科
大問4題で4分野からの出題。生物分野は植物のはたらき、地学分野は流水のはたらきや地層、物理分野は磁石、化学分野は炭酸水に関する出題がされた。選択問題が中心ではあるが、正答をすべて選ぶ問題など、たしかな知識や思考力を問われる。読解力を試す問題も見られるのでしっかり演習しておきたい。
社会
大問4題構成。用語記述の出題割合が高く、原則漢字指定である。時事問題に関しては、大問2では豊洲市場、大問3ではSDGsに関する出題があり、時事問題の対策が必要。全体としては基本的な問題が多いため、これらの問題を取りこぼさないように演習を徹底したい。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    出願書類

    「書く項目が多かったので、事前に下書きして、失敗しないように注意しました。」(2020年度)

    「願書の志望動機欄がかなり広く設けられているので、数日かけて考えて記入しました。」(2020年度)

    「志望理由の欄が広めだったのでミスに備え、願書は2部いただきました。」(2020年度)

    「志望理由記入欄が7行あったので、父母の視点、本人の視点からの志望理由を記入しました。受験票の写真を糊付けしたらはがれてきてしまったので、両面テープで貼り直しました。」(2020年度)

    出願その他

    「1月10日(出願開始日)の9時ごろ、埼玉受験校の近くの郵便局から発送しました。受験番号は2桁の最後のほうでした。」(2020年度)

    「“出願期間内消印有効”とあり、1月10日に届けばよいのかと9日に郵送してしまいました。学校から電話をいただき、再び取りに戻って再度願書を郵送し直しました。」(2020年度)

    「願書に同封されていた簡易書留・速達の指定封筒を使用し、自宅近くの郵便局から発送しました。翌日学校に届いた中では遅いほうの番号でした。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

立教女学院中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校