トップ検索結果 > 筑波大学附属駒場中学校

筑波大学附属駒場中学校

筑波大学附属駒場中学校

〒154-0001
東京都世田谷区池尻4-7-1
公式サイト
筑波大学附属駒場中学校
80偏差値
72
男子 02月03日
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。

性別
男子
学校名
筑波大附属駒場
受験日
02/03
80偏差値
72
50偏差値
69
四谷大塚入試結果の偏差値です。
80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

変則的隔週5日制

登校時刻

8:20

制服

なし

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売なし

プール

屋外

なし

特特制度
奨学金制度

経済的理由の奨学金あり

概要

  • 学校長

    林久喜

  • 創立

    昭和22年

  • 生徒数

    368名

  • 所在地

    〒 154-0001
    東京都世田谷区池尻4-7-1

  • アクセス

  • 系列校

    中 高

  • 小学校からの
    無い内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    40名 (完全混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週32時間
      1年 2年 3年
    国語 4 5 4 13
    社会 4 3 4 11
    数学 4 4 4 12
    理科 3 4 4 11
    英語 4 4 4 12
    5教科計 19 20 20 59

沿革

旧東京農業教育専門学校を母体に、1947年新制の中学校として設立。1952年、旧東京教育大学の附属校となるが、東京教育大学の閉学に伴い、1978年に現在地で筑波大学の附属校となる。

教育方針と特色

心身の発達に応じて中等普通教育を行うとともに、筑波大学の附属校として、筑波大学における学生の教育に関する研究に協力する。つめこみ式の教育は行っていないが、全体の平均は高く、自主的な学習意欲・態度が要求される。中学校の学習範囲にとどまらず、中高6年間を考慮に入れたカリキュラム構成となっている。クラブ活動、生徒会活動、学校行事も生徒主導で運営され、大変な盛り上がりを見せている。生徒指導の面でも、生徒の自主性を尊重する方針で、細かな規則もなく、制服も自由である。「駒場の自由」と評される、明るくのびのびとした雰囲気が受けつがれている。平成14年に「スーパー・サイエンス・ハイスクール」に指定された(継続中)。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
大問4題(総設問数12問)いう形式は例年通り。今年は数量分野から3題、図形分野から1題の出題であった。この学校の算数の問題は、題意を理解し、はじめのいくつかを調べながら探っていくと、ゴールに辿り着くような構成になっている。今年は手間のかかる難易度の高い問題が多く、試験時間が40分と短いため、一度つまずくと完答は難しくなる。「わずか40分でいかに効率的に得点するか」が重要であり、過去問演習、模擬試験等を通じた対策が必要である。よく考えられた問題が多いので、過去問演習が受験対策になるだけでなく、算数(思考力)のよい学習になる。はじめは時間がかかっても良いので、じっくりと取り組んで欲しい。
国語
今年は読解問題2題(論説文と詩)と漢字の独立問題の3題構成であった。出典は椹木野衣「子供の絵」、石垣りん「シジミ」+短文。詩には詩人の短い文章が添えられていて、詩とリンクさせた設問が構成されていた。出題形式は昨年と同様、選択肢の問題はなく、すべて記述問題であった。また、設問の形式が「どういうことですか」「どうなることですか」「説明しなさい」という簡潔なものが多いので、設問の意図する内容を正確にとらえ、文章の本質をつかみ、比喩的な内容を具体的に、具体的なものを抽象化して答えられる語彙力、表現力が必要である。
理科
設問数や難易度で大きな変化はなく、ほぼ例年通り。物理分野がやや難しく、他は基本的な知識を問う問題になっていた。学校の教科書に載っていることなども出題されるので、参考書だけでなく、教科書にも目を通しておきたい。本校の特徴的な物理分野はしっかりとした対策が必要である。過去問演習を通して、十分に慣れておきたい。
社会
今年は昨年同様総設問数22。用語記述は減少傾向にあり、今年は4問で、漢字指定はなかった。記述問題はしばらく出題されていなかったが、今年は30字程度の記述問題が出題された。今後、記述対策も行っておくほうがよいだろう。例年同様、設問の中心は文の選択肢による記号選択問題。選択肢の文を一つひとつ正確に読み取る力が要求されている。各分野とも、あるテーマに基づいた比較的長い本文を読ませ、関連することがらを問う形式。本文の内容の読み取りの問題と、地図や統計などの資料の読み取りの問題は、毎年出題されている。
  • 出願
  • 試験当日
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 願書類など

    「1次出願の初日、整理券を初回(8時50分)から30分刻みで70名ずつ区切って配布していました。」

    「1次出願初日の朝は混雑していると思ったので、少し遅らせて10時ごろ行きましたが、手続きまでに1時間ほどかかりました。」

    「説明会の時に、ゆっくり来校してくださいと言われていたので、午後に行きました。受験番号の早い遅いで当日教室の出入りは全く関係ありませんでした。」

    「私立と異なり、1次・2次出願と学校へ出向く機会が多く、共働きには面倒でした。早めに計画して父母で分担しました。」

    「担任の先生に報告書をお願いする際は、読書感想文で入賞したことなど、本人が頑張ったことの一覧を作成してお渡ししました。」

    「小学校の先生に必要な書類、必要な日を早めにお知らせして準備をお願いしました。」

    「願書にも小学校長の記入部分があるので注意が必要です。2次の報告書は出席日数記入の部分があるので、出願の前日に担任の先生から受け取りました。」

    「願書裏面も記入が必要なので、注意しました。住民票の取得・小学校への報告書や願書への公印依頼は、11月中にしました。」(2018年度)

    「1次出願・2次出願の手順が他の学校と比べ複雑なので、流れを記入したスケジュール表を作成して、学校の担任の先生に前もって渡しておきました。」(2018年度)

    「2次で提出する報告書には、1次出願時に決まる受験番号を小学校の先生に記入してもらわなくてはならないので、先に封をしないよう、よくお願いしました。」(2018年度)

    「報告書の内容について、空欄ができないよう、小学校の先生とよく打ち合わせしました。学校行事やボランティア・特技など、書いてほしいことをお願いしました。」(2018年度)

    「手順がとても複雑でした。小学校の印を押した願書を用意して窓口で出願し、受験番号をもらいます。その受験番号を記入した報告書を小学校に作成してもらいました。報告書の依頼は12月にしておきました。1月は最低でも小学校に2回、中学校に2回行かなくてはなりませんでした。」(2018年度)

    「2次出願には10時ごろ行きましたが、ほとんど待つことなく、5分程度で終わりました。」(2018年度)

    「2次出願の際には受領書などなく、『学力検査受験心得』の文書のみ渡されました。」(2017年度)

中学イベントカレンダー

筑波大学附属駒場中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数363校