トップ検索結果 > 雙葉中学校

雙葉中学校

雙葉中学校

〒102-8470
東京都千代田区六番町14-1
公式サイト
雙葉中学校
80偏差値
66
女子 02月01日
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。

性別
女子
学校名
雙葉
受験日
02/01
80偏差値
66
50偏差値
62
四谷大塚入試結果の偏差値です。
80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

中学3学期制
高校2学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:05

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売中高あり

プール

なし

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    和田紀代子

  • 創立

    明治42年

  • 生徒数

    566名

  • 所在地

    〒 102-8470
    東京都千代田区六番町14-1

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高

  • 小学校からの
    無い内進生

    78名

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ50分・週36時間
      1年 2年 3年
    国語 5 5 5 15
    社会 3.5 4 4 11.5
    数学 5 5 5 15
    理科 3.5 4 4 11.5
    英語 6 6 5.5 17.5
    5教科計 23 24 23.5 70.5
    ※上記の他に、3年次に仏語1.5時間あり

沿革

1875年、幼きイエス会の修道女たちにより始められた教育事業が前身。1909年、初代校長メール・セン・テレーズが現在の地を購入し、雙葉高等女学校を設立した。1947・1948年には、学制改革に伴い、新制雙葉中学校・雙葉高等学校となり、今日に至る。

教育方針と特色

カトリックの精神に基づき全人教育を実践。「徳に於ては純真に、義務に於ては堅実に」という校訓のもと、真の知性を養い、自ら考え、自ら判断して行動し、その結果に責任を持つことのできる人間の育成を目指す。中学3年では英語に加えて、第2外国語のフランス語がカリキュラムに組まれ、高校では英語選択者とフランス語選択者に分かれるなど、語学教育に特色がある。修学旅行・夏期学校は毎年実施され、クラブ活動やボランティア活動など生徒の自発的な活動にも力を注ぐ。教育課程内に宗教をおき、一人一人を大切にする心の教育を行っている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報

教科ごとのポイント

算数
大問5題、総設問数は12問で昨年と同様。[1]は計算問題など、[2]は平面図形、[3]は循環小数。[4]は割合と比の文章題。[5]は食塩水のやりとりの問題。近年は計算量は少ないが典型題を一工夫して解く問題が目立っていたが、今年は計算量が多いが素直に解き進められる問題が中心だった。今後はどちらの傾向でも対応できるように、計算のスピードと正確さの強化、細かい条件整理の練習はもちろんのこと、典型題の本質を理解し、活用する力も身につけてほしい。
国語
説明文と詩と漢字の書き取りの3題構成。説明文は2題の異なる文章を読ませるもの。詩は、童謡の「鯉のぼり」の歌詞。設問形式は、記述中心、字数制限のないものを中心に、長短合わせて15問。字数は昨年と変わらない。新傾向として最後に「あなたは自分をどちらだと思いますか」を理由とともに120字で書くという問題が出題された。記述の注意点としては、@いくつの内容(ポイント)を入れるのか。A抽象的に書くのか、具体的に書くのか。B文中の言葉以外に自分の言葉で補う必要があるか、一問一問方針を立てて判断すること。読む人に伝わるように正しい日本語でわかりやすく書くことを意識しておきたい。
理科
例年通り、4分野から各1題の大問4題だったが、問題用紙・小問数が増加し、内容が難化した。また、記述や途中式を書かせる計算問題は例年通り複数出題され、昨年は見られなかった作図も3題あった。時間配分に配慮して効率よく解き進められたかが鍵となった。本校は、文章を丁寧に読み、与えられた表やグラフを正確に読みとり、整理・分析する力が求められる。過去問を数年分解くことで感覚を身につけてほしい。また、例年受験生にとって初見の内容も多く出題されるので、日頃の生活から様々な事象に興味関心を持ち、考えたり調べたりする習慣をつけておくといいだろう。
社会
解答用紙は昨年に続きB4だった。大問3題の構成で、総設問数も40問弱という形式がここ数年続いている。例年通り、全体に歴史の割合が高かった。記号選択が約6割、用語記述が約3割。記述問題は短文が3問・長文が1問の計4問であった。テーマとしてはオーソドックスだが、基本事項について、比較的細かい内容を長文の選択肢で問うことが特色である。知識を覚えるだけでなく、因果関係や理由の考察を行い、複合的にとらえる学習が求められる。
  • 出願
  • 試験当日
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 願書類など

    「通知表のコピーを提出しますが、原本はA4で、指定のB4サイズに合わせてコピーすることを間違えないように注意しました。」

    「願書の備考欄には何も記入しませんでした。」

    「面接で質問されるかもしれないので、願書のコピーをとっておきました。」

    「願書はシンプルで、志望動機を書く必要もなく、誤字脱字に気をつけて記入しただけでした。小学校が2学期制で、前期の通知表のコピーに12月までの出欠日数を記入してもらわなくてはならないので、担任の先生には

    早めに相談・依頼をしました。」(2018年度)

    「説明会で書類の書き方についてのお話があったので、困ることはありませんでした。」(2017年度)

中学イベントカレンダー

雙葉中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数363校