トップ検索結果 > フェリス女学院中学校
フェリス女学院中学校

フェリス女学院中学校

〒231-8660
神奈川県横浜市中区山手町178
公式サイト
フェリス女学院中学校
80偏差値
65
女子 02月01日
第6回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
女子
学校名
フェリス女学院
入試日
02/01
80偏差値
65
50偏差値
61
第6回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

2学期制

週何日

5日制

登校時刻

8:20

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売中高あり

プール

なし

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    廣瀬政明

  • 創立

    明治3年

  • 生徒数

    551名

  • 所在地

    〒 231-8660
    神奈川県横浜市中区山手町178

  • アクセス

  • 系列校

    中 高 大 (短大)

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ45分・週33時間
      1年 2年 3年
    国語 5 4 5 14
    社会 4 4 4 12
    数学 4 5 5 14
    理科 4 4 4 12
    英語 5 5 6 16
    5教科計 22 22 24 68

沿革

1870年米国の改革派教会の婦人宣教師メアリー・エディー・キダー女史によって創立された日本最初の女子学校。1947年学制改革により中学校を、翌年に高等学校を設置。1950年フェリス女学院と改称し現在に至る。

教育方針と特色

キリスト教信仰に基づき、その精神を受け継いで、学力の水準の高さを絶えず維持し、伝統的に自由闊達を校風とする。毎朝礼拝を行い、宗教教育の中心である聖書の授業と礼拝とのかかわりを持つ音楽の授業は中・高6年間必修となっており、情操面での充実が図られる。各教科の学習内容は、生徒の関心を広め、さらに深い知識を習得させるという基本方針に基づき、それぞれ工夫されている。基礎的な力の充実を図るとともに、生徒の理解の程度に応じ、より進んだ内容の授業が行われている。学期は2学期制をとり、日曜日の教会出席を奨励するため、開校以来土曜日を休校日とする週5日制を守っている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 25000 円
入学手続時 入学金 300000 円
授業料 - 円
その他 - 円
入学手続後から入学まで 授業料 258000 円
その他 439200 円
入学後1年 授業料 258000 円
その他 162850 円
初年度納入金合計 1418050 円
中学3年間費用計 約 2951850 円
*入学辞退者は、2月3日15時までに電話。3時3月30日15時までに申し出れば、入学金以外の納入金の一部(施設費・授業料等)を返金。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
大問5題の構成。いわゆる典型題も出題されるが、全体的に手を動かして調べる問題の比重が大きく、時間配分がポイントとなったであろう。全体としては例年通りのバランスのよい出題であり、日頃の学習から極端な苦手を作らないように準備をすることは必須である。また、過去問をしっかりとこなし、全問考えきるスピード感を身体にしみつけておきたい。
国語
文章2題に言語要素を加えた大問5題構成は例年通り。物語文(井上靖「篝火」)は戦国時代を舞台とした時代小説。選択式問題では紛らわしい選択肢もあり、正確に迅速に解答することが求められる。説明文は「社会」をどう捉えるのかが一貫したテーマで200字以内で本文を踏まえて、自分が変えたいと思う「常識」について考えさせる記述問題が出題された。正確な読解に加え、普段からの社会事象への興味関心が問われる出題であった。
理科
4分野から植物のつくりとはたらき、気象の観測、ばね、ドライアイスと大設問が1題ずつ出題された。昨年度に比べ問題数は多くなったが、全体としては易化した。いずれも基礎的な内容だが30分間でこなすには、すばやく文脈を読み取り、答えを整理してまとめ上げる、高い能力が要求される。単に理科の知識を身につけるだけでは不十分なので、日頃から身近な現象の科学的な背景に対して興味を持つことが重要である。
社会
大問数は昨年から2題増えて4題構成。昨年は総設問数が若干減少したが、今年は43問でほぼ例年通りだった。出題形式は、用語記述が大幅に増加して25問、記号選択が減り10問だった。記述問題はほぼ例年なみの8問である。ほとんどが短文のうえ、難易度は高くないが、全体に占める比率は高いので、しっかり対策しておきたい。基礎・基本の定着を図り、表面的な知識にとどまらない、できごとの背景や原因などにも触れた、深い理解が求められる。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    出願書類

    「HPを早い段階からチェックして、余裕を持って準備を進めました。」(2020年度)

    「報告書に記載する教育方針、志望動機(父母記入)は、塾の先生に添削していただきました。」(2020年度)

    「WEB出願後、受験票と一緒に印刷される差出人票を封筒の表に貼り付けて、報告書などを送付しました。百均の封筒は中身が透けてしまうのでおすすめしません。」(2020年度)

    「学校のことをよく知ったうえで、志望動機や教育方針を本人や家族と話し合い、正直に書くことができたと思います。」(2020年度)

    WEB出願

    「1月7日0時WEB出願開始で、0時1分には手続き完了しましたが、受験番号は2桁台半ばでした。直ぐに出願することをおすすめします。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

フェリス女学院中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校