トップ検索結果 > 桜蔭中学校

桜蔭中学校

桜蔭中学校

〒113-0033
東京都文京区本郷1-5-25
公式サイト
桜蔭中学校
80偏差値
71
女子 02月01日
四谷大塚入試結果
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。

性別
女子
学校名
桜蔭
受験日
02/01
80偏差値
71
50偏差値
67
四谷大塚入試結果の偏差値です。
80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:20

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂なし
販売中高あり

プール

屋内

なし

特特制度
奨学金制度

なし

概要

  • 学校長

    齊藤由紀子

  • 創立

    大正13年

  • 生徒数

    710名

  • 所在地

    〒 113-0033
    東京都文京区本郷1-5-25

  • アクセス

  • 系列校

    中 高

  • 小学校からの
    無い内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    なし

  • 授業時間

    1コマ50分・週34時間
      1年 2年 3年
    国語 5 5 4.5 14.5
    社会 4 4 3 11
    数学 4 5 5 14
    理科 3 4 4 11
    英語 4 4.5 5 13.5
    5教科計 20 22.5 21.5 64

沿革

1924年、社団法人桜蔭会(お茶の水女子大学の前身である東京女子高等師範学校の卒業生団体)により設立。1947年学制改革により桜蔭中学校を、1948年に高等学校を設置。2019年創立95周年を迎える。

教育方針と特色

建学の精神である校訓「勤勉・温雅・聡明であれ」「責任を重んじ、礼儀を厚くし、よき社会人であれ」のもと、礼法や道徳を重んじると共に時代に対応した学習を実践している。すべての教科において確かな基礎から応用発展まで深め、高い学習能力を培い、豊かな感受性、考える力、想像・創造する力、表現する力を養う。中学3年生では自ら決めたテーマについて研究論文を書く。多彩な行事、必修であるクラブ活動を通じて能力を伸ばすと共に社会性を身につけている。一人ひとりが学ぶ意欲を育み自らの可能性を追求できる環境を用意している。学校生活を通じて得た友人の大切さを卒業生の多くが口々に語っている。高校卒業後にはさまざまな分野で活躍している。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

教科ごとのポイント

算数
問題構成は昨年同様大問4題(計算等、平面図形、濃度、時計算)だったが、問題のボリュームとしては多く、見た目に圧倒された受験生も多かったのではないだろうか。それぞれの設問の文章が長いので、内容を把握する時間に大きな差がつき、結果としてそのまま得点差につながったと思われる。傾向や難易度に大きな変化は見られないので、過去問にしっかりと取り組み、慣れておくことが肝要である。計算量が多いのも大きな特徴なので、計算のスピード・正確性を身につけておきたい。解答欄が狭いので、スペースを意識して式や考え方を効率的に記入する練習をしておこう。
国語
論説的文章(論説文または随筆文)と物語文の長文2題構成は例年どおり。文章の総字数は約7,400字、記述総字数500〜700字程度、昨年に続いて200〜250字の字数指定の記述問題が出題されなかった。論説的文章では、文化・文明論、芸術論、哲学的エッセイなど、小学生には“難解”と思われる文章が出題される傾向がある。物語文では、少年・少女を主人公とした現代ものが基本だが、ファンタジー系の作品も出題されることがある。現代の社会がかかえる様々な問題への関心と視野の広さ、身近なところから始まるクリティカルな思索、そして、豊かな想像力と共感的理解力が求められる。
理科
大問数は昨年と同様4題で、単元は物理・化学・生物・地学1題ずつ、設問数は37問(昨年46問)でやや減少した。計算問題は、昨年と同様6題で、記述問題も昨年同様1題(20〜30字)で作図は出題されなかった。化学はシュリーレン現象が題材になった。物理は「電熱線の発熱と発電機」。発熱の問題でありながら、計算問題の無いところが異例。生物は「ヒトの血液循環と腎臓・肝臓のはたらき」。地学は「星座の動き」。全体の難易度は例年よりやや易しめ。基礎知識を正確かつ確実に習得、さらにその知識を用いて実験結果等を分析し、推測・考察ができる論理的思考力を身につけておきたい。
社会
今年は大問2題、記述は、30字程度の問題が3問で、ほぼ例年通り。気蓮交通の発達について3つの文章をもとにして、幅広い分野から出題された。統計資料から何を読み取ることができるのか、算数的な思考力も要求される問題があり、このような出題は今後も続くものと思われる。兇蓮∪治分野で、例年通り幅広く知識や理解を問う問題だった。対策として、高いレベルでの基礎力に加えて、考えて解く訓練が要求される。地理では都道府県の特色の整理、歴史ではできごとの因果関係の理解、政治では、用語や制度の正確な理解など。また、時事問題への関心や社会科学的な分析力も求められる。
  • 出願
  • 試験当日
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 願書類など

    「備考やその他欄は空白で出しましたが、合格をいただくことができました。」

    「出願後、面接のときに提出する『保護者記入用紙』をもらいますが、どの程度書いてよいか迷いましたが、とりあえず行を埋めるように書きました。」

    「保護者面接の用紙には多くは書かないようにしました。面接の場で用紙を面接官に渡すので、たくさん書いても面接官は読み切れ

    ないと思い、シンプルにわかりやすくまとめるようにしました。」(2018年度)

    「出願時に配布された保護者記入用紙は面接で使用するので、何度も下書きをして、推敲を重ねました。」(2018年度)

    「保護者記入用紙の家族構成の備考欄は空欄にするか迷いましたが、職業を書きました。その他のところは空欄で出しました。」(2018年度)

    「合否に影響はないと思いつつ、遠方なので引越し予定であること、母の母校であることを備考欄に書きました。」(2018年度)

    「通学時間を短く書くと面接で確認されると聞いていたので、通学方法・時間は正確に記入しました。」(2018年度)

    「通学時間については、実際に登校する時間の所用時間を調べて記入しました。」(2018年度)

    「願書は下書き用と清書用の2部を購入しました。」(2018年度)

    「学校への報告書の依頼は、12月中にしました。」(2018年度)

    「小学校の成績表のコピーの取り方など、細かい指示があったので、注意しました。」(2018年度)

中学イベントカレンダー

桜蔭中学校 のイベントカレンダー

実施日 開始時間 行事名 都道府県
2019-11-13
9:30
説明会
東京都
事前にインターネットで予約
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数363校