トップ検索結果 > 開成中学校
開成中学校

開成中学校

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里4-7-7
公式サイト
開成中学校
80偏差値
71
男子 02月01日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
男子
学校名
開成
入試日
02/01
80偏差値
71
50偏差値
67
第1回合不合判定テストの偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

特長など

学期

3学期制

週何日

6日制

登校時刻

夏8:10冬8:20

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂条件付
販売中高あり

プール

なし

なし

特特制度
奨学金制度

あり

概要

  • 学校長

    野水勉

  • 創立

    明治4年

  • 生徒数

    916名

  • 所在地

    〒 116-0013
    東京都荒川区西日暮里4-7-7

  • アクセス

  • 系列校

    中 高

  • 小学校からの
    内進生

    併設小学校なし

  • 高校生
    外部募集

    100名 (一部混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週34時間
      1年 2年 3年
    国語 6 5 5 16
    社会 4 4 4 12
    数学 5 6 6 17
    理科 5 5 5 15
    英語 6 6 6 18
    5教科計 26 26 26 78

沿革

1871年、幕末の先覚者佐野鼎により共立学校として創立。1895年に校名を開成に改称。有名な「ペンは剣より強し」の校章は、深い知性はいかなる暴力にも屈しないという意味を表す。

教育方針と特色

自由と質実剛健の伝統のもとに、初代校長・高橋是清の理念を教育方針の柱として、生徒の心身の鍛錬に留意し、視野の広い、実行力ある人材の育成を目指す。開成の「自由」は、単なる与えられた受け身の自由ではなく、「努力して手に入れる積極的な自由」であり「自主的に動く力と自分を律する力に支えられた節度ある自由」を意味する。有名な運動会はその「自由」の象徴であり、生徒達の自主自律精神と実行力の錬成の場である。文化祭、クラブ活動はもとより、修学旅行も生徒の自主企画・自主運営であり「自由」なのである。教師陣は生徒に対して多様な価値観をもって対応し、一人一人の個性を尊重し、豊かな人間性をはぐくむ環境作りを心がけている。

進学・進路

卒業生進路状況


主な合格実績

入試要項

費用(参考)

受験料 28,000 円
入学手続時 入学金 320,000 円
授業料 - 円
その他 120,000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 - 円
入学後1年 授業料 492,000 円
その他 284,200 円
初年度納入金合計 1,216,200 円
中学3年間費用計 約 2,908,600 円
*入学辞退者は2月末日正午時までに申し出れば、施設拡充費(12万円)を返金。*制服・学用品代等別途。

入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

教科ごとのポイント

算数
試験時間は60分で85点満点。大問4題の出題は例年通りだが、問題の難易度はこの20年で最も高く、解法の詰め込みとその反復練習で対応できる問題は皆無で、来年以降の受験生に対する強烈なメッセージともなっている。長文を苦にすることなく読めて、短時間で題意を的確に把握する能力と設問の流れを意識し、丁寧に段階を踏んで考える姿勢が求められる。
国語
物語文(朝比奈あすか『君たちは今が世界』)、説明文(瀬川千秋『中国虫の奇聞録』約)。読解問題はすべて字数指定のない記述形式。解答字数(推定)30字前後の問題が2題、60字前後が5題のわずか7問勝負。物語前半の比較的平易な問いと説明文2題を手堅く押さえ、漢字を確実に取れれば合格ラインに達する。予備知識のないような問題にどう対応するかが試される。知識ではなく、経験をもとに考え、学ぶ力が求められる。
理科
大設問4題で、4分野から各1題となり、単元に偏りのあった昨年とは異なり、例年通りに戻った。総小問数は25題で昨年並み。特に難しくなったわけではないが、ケアレスミスが発生しやすく、時間的に厳しい問題であったといえる。全体を通して、初見の実験・データを読み解いて現場で思考するという従来の出題傾向はより強くなったように見える。知識を懸命に覚えるだけではなくあらゆる問題に対応できるような十分な練習を積んでおくことは必須である。
社会
大問1・2は例年通り文章を読みとり、設問に答える形式、大問3は資料などを題材に考えていく形式であった。総設問数は昨年より少なくなり、統計資料を扱った複雑な問題もなかった。ここ数年連続して出題された江戸・東京に関する問題が、今年はわずかであった。しかし、2年おきぐらいに「東京問題」は出題されており、今年のように時事的な話題と結びつけて「首都東京」に関心を持っておくようにするとよい。
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他
  • 出願

    WEB出願

    「家で子どもと一緒に出願しました。土日を利用して父親にお願いしました。」(2020年度)

    「WEB出願なので、不備がないように何度も確認しました。特に写真には気を配りました。写真サイズなどパソコンに慣れていない人は難しいと思います。」(2020年度)

    「他校は入試前日まで出願できましたが、こちらの学校は出願が1月22日までだったので締め切りを忘れないよう注意しました。」(2020年度)

    「自宅で出願できたので、何度も確認作業ができてゆとりが持てました。」(2020年度)

    「支払い段階でクレジットカードではなく、ペイジーに変更しようともたついてしまい、受験番号が後ろのほうになってしまいました。」(2020年度)

    「検定料をコンビニ払いにしたら、受験番号が少し後のほうになってしまいました。」(2020年度)

中学イベントカレンダー

開成中学校 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校