トップ検索結果 > 桐光学園中学校女子部
桐光学園中学校女子部

桐光学園中学校女子部

〒215-8555
神奈川県川崎市麻生区栗木3-12-1
公式サイト
80偏差値
43
女子 02月01日
第1回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。
性別
女子
学校名
桐光学園女子部
入試日
02/01
80偏差値
43
50偏差値
39
性別
女子
学校名
桐光学園女子部(2回)
入試日
02/02
80偏差値
43
50偏差値
39
性別
女子
学校名
桐光学園女子部(3回A)
入試日
02/04
80偏差値
43
50偏差値
39
桐光学園中学校女子部の偏差値です。
80偏差値:合格可能性80%に必要な偏差値です(併願校を選定する際にご利用ください)。
50偏差値:合格可能性50%に必要な偏差値です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。

アイコン_特長など特長など

学期

2学期制

週何日

6日制

登校時刻

8:20高校は8:30

制服

中高あり

給食

なし

食堂
軽食販売

食堂中高あり
販売中高あり

プール

屋内

女子部は中高なし

特特制度
奨学金制度

あり

アイコン_概要概要

  • 学校長

    中野浩

  • 創立

    平成3年

  • 生徒数

    436名

  • 所在地

    〒 215-8555
    神奈川県川崎市麻生区栗木3-12-1

  • アクセス

  • 系列校

    小 中 高

  • 小学校からの
    内進生

    25名

  • 高校生
    外部募集

    40名 (2年次から混合クラス)

  • 授業時間

    1コマ50分・週33時間
      1年 2年 3年
    国語 5 5 5 15
    社会 3 3 4 10
    数学 5 5 5 15
    理科 4 4 4 12
    英語 6 6 6 18
    5教科計 23 23 24 70

アイコン_沿革沿革

1972年、学校法人桐光学園として認可。同年、寺尾みどり幼稚園を設立。1978年に桐光学園高等学校を開校。1982年に中学校を開校し、中高一貫教育を開始。1984年、高等学校に理数科を設置する。1991年より別学として桐光学園中学校・高等学校女子部を開校。

アイコン_教育方針と特色教育方針と特色

40周年記念事業で全面人工芝のサッカー場、メイングラウンド、屋内アップコートなどが完成し、クラブ活動が一層活発になるとともに、ICTを導入、校内にWIFIを整備し、高1生から全員がノートPCを所持し、学習環境がさらに一層に充実した。2019年度からは新校長が就任し、一段と注目が集まっている。また、中高あわせて約3000名が在籍しているが、単なるマンモス校ではなく、それぞれの特性に応じた男女別学という制度の下、80%以上が専任である教員集団によるきめ細かい面倒見がモットー。毎年、100名ほどが、記述問題の添削や面接などの指導が必要な国公立大学に現役合格する。加えて、池上彰・隈研吾・羽生善治といった現代を代表する講師陣を招聘した「大学訪問授業」、ケンブリッジ大やイートン校などの短期英国留学、カナダホームステイ、ニュージーランド・オーストラリアでのターム留学など多種の語学研修・留学プログラム、基礎から大学別分野別の演習まで扱う600超講座の講習制度など、個性に応じた指導を実践し、難関国公立・私立大学進学を可能にする学習環境が整っている。また、小田急線複々線化で最寄りの栗平駅まで新宿駅から28分、下北沢駅から20分と通学しやすくなっている。

アイコン_進学・進路進学・進路

卒業生進路状況

主な合格実績
  • 事前準備
  • 試験当日
  • 面接・アンケート・体育実技・作文
  • 合格発表・入学手続き
  • その他

入試要項

費用(参考)

受験料 22,000 円
入学手続時 入学金 220,000 円
授業料 - 円
その他 10,000 円
入学手続後から入学まで 授業料 - 円
その他 117,000 円
入学後1年 授業料 528,000 円
その他 361,000 円
初年度納入金合計 1,236,000 円
中学3年間費用計 約 2,737,000 円
*複数回同時出願の場合、受験料は3万3千円。

入試情報 入試情報

最近6年間の入試応募者推移と倍率 / 入試教科

入試情報 受験併願パターン

アイコン_教科ごとのポイント教科ごとのポイント

算数
計算問題2問、一行問題9問、大問3題で総設問数20問の問題構成。幅広い分野から出題されるが、基本~標準レベルの問題が大部分。基礎をしっかりと固めておけば十分に対応できる。大問では規則性や場合の数、調べる問題が頻出で、過去問の類題が出題されることもある。過去問演習に力を入れよう。
国語
例年通り物語文・説明文の読解2題(文中の語彙力も問われる)だが、今年の言語事項は四字熟語だった。物語文は人物の心情や場面の様子を、説明文は筆者の考えとその理由や言いかえ内容を確認する設問が多かった。解説文は記号選択か抜き出しで、実質的な記述はないと言えよう。
理科
大問3題で、生物・地学・物理分野から1題ずつの出題。生物分野は食物連鎖、地学分野はマイクロプラスチックや地球温暖化などの環境問題、物理分野は物のあたたまり方が出題された。あたえられた資料をもとに考える問題が中心である。また、時事的題材もよく見られるので注意したい。
社会
昨年同様大問3題構成。大問1は5つの府県に関する歴史と地理の融合問題だった。分県図やおもな統計の都道府県別の順位が例年問われているので特に力点をおいて学習したい。政治はG20サミットについての出題。歴史も日本に来た外国人がテーマとなっており、海外に関連する問題が多かった。

中学受験 イベントカレンダー 中学イベントカレンダー

桐光学園中学校女子部 のイベントカレンダー

データが見つかりませんでした。
中学校イベントカレンダーで検索してください。
四谷大塚からのお知らせ
掲載中学一覧 登録数361校