トップ検索結果 > 狭山ヶ丘高等学校付属中学校

狭山ヶ丘高等学校付属中学校
男子/01月10日
 
女子/(2回)
/01月12日
39
 
38
第6回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。

学校長/小川義男 創立/ 平成24年 生徒数/ 215名(男103名、女112名)

何学期制 週何日制 登校時刻 制服 給食 食堂
軽食販売
プール 特待制度
奨学金等
帰国生
受入れ
3学期制 6日制 8:25 中高あり なし 食堂中高あり
販売中高あり
なし なし あり あり
サイト
http://www.sayamagaoka-h.ed.jp/js/
所在地
〒 358-0011
埼玉県入間市下藤沢981
TEL
04-2962-3844
アクセス
武蔵藤沢駅(西武池袋線)から徒歩約13分。入曽駅(西武新宿線)・狭山市駅(西武新宿線)・箱根ヶ崎駅(JR八高線)・川越駅(JR川越線、東武東上線)からスクールバスあり

沿革

1950年近藤ちよにより飯能高等家政女学校を飯能町(現飯能市)に開校。1960年「学校法人 狭山ヶ丘高等学校(男女共学)」として入間市の現在地へ移転開校。2013年4月狭山ヶ丘高等学校付属中学校を開校。

教育方針と特色

「事に当たって意義を感ぜよ」という創立者近藤ちよの教えのもと、開校以来、心の教育「内観」を重視した自己観察教育を行っている。中学校では、次代を担うに足る真のリーダーを育成すべく、種々の講演会により職業観を育て、きめ細かく個人面談を繰り返し課題を明確化し、モチベーションを高めるための各種ガイダンスを行う。学習面では中3の前半で中学校の学習内容を終了させ、高2の終わりまでに高校での学習内容を終了し、高3では、難関国公立大学合格を目指し演習中心の授業を展開する。朝7時20分からの朝ゼミや夏・冬・春の講習、夜9時までの特別自習室等、授業以外にも学習できる機会を多く用意している。平成27年3月には新校舎(7階建て、300人収容の生徒ホール含む)が完成し、教育環境がさらに充実した。

偏差値一覧

第6回合不合判定テストの偏差値です。


80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。

50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。


性別 受験日 80偏差値 50偏差値
男子 狭山ヶ丘高付属  01月10日 39 34
男子 狭山ヶ丘高付属 (2回) 01月12日 38 33
女子 狭山ヶ丘高付属  01月10日 40 35
女子 狭山ヶ丘高付属 (2回) 01月12日 38 33
会員登録がお済みの方はこちらからログイン
四谷大塚からのお知らせ
    狭山ヶ丘高等学校付属中学校に合格するなら・・・ リトルコース進学コース
掲載中学一覧 現在登録校 364校
グル−プ各社からのお知らせ