トップ検索結果 > 獨協中学校

獨協中学校
 
男子/02月01日
44
第6回合不合判定テスト
※詳しくは偏差値一覧をご覧ください。

学校長/渡辺和雄 創立/ 明治16年 生徒数/ 633名

何学期制 週何日制 登校時刻 制服 給食 食堂
軽食販売
プール 特待制度
奨学金等
帰国生
受入れ
3学期制 6日制 8:30 中高あり なし 食堂なし
販売中高あり
なし なし あり あり
サイト
http://www.dokkyo.ed.jp/
所在地
〒 112-0014
東京都文京区関口3-8-1
TEL
03-3943-3651
アクセス
護国寺駅(東京メトロ有楽町線)徒歩8分。江戸川橋駅(東京メトロ有楽町線)徒歩8分。目白駅(JR山手線)からバス「椿山荘東京前」徒歩1分

沿革

1883年、ドイツを中心とするヨーロッパ文化の摂取を目的に設立された獨逸学協会の事業として獨逸学協会学校が創立。1948年、学制改革により獨協中学校となる。初代校長の西周、2代目の桂太郎以後、130年余の歴史を誇る。1997年より完全中高一貫校として新たな歴史を重ねる。

教育方針と特色

戦後の獨協教育を基礎づけた第13代校長天野貞祐の教育理念を受け継ぎ、真の人間教育を達成するために、―得した知識に基づき、様々な角度から世界を見つめ、在るべき未来を思い描くことができる「確かな知性」と、⊆分の力を誰かのために発揮し、みんなの未来を切り拓こうとする「正しい心構え」を身につけさせ、その上で、社会とつながり、社会に働きかけることで、より良い社会づくりに貢献することができる「社会の優等生」を育成することを教育目標としている。もともとドイツ語を教える学校としてスタートした学校でもあり、現在でも語学教育には力を入れている。英語の時間は週7時間確保されており、バランスよく4技能を習得させるため、そのうちの3時間は英会話の時間1時間を含めたアウトプット練習の時間として、運用力の向上を図っている。その結果、中学3年時には約半数の生徒が英検準2級以上の級を取得。高校では第2外国語としてドイツ語を学ぶこともでき、毎年3割前後の生徒が履修している。

偏差値一覧

第6回合不合判定テストの偏差値です。


80%偏差値:合格可能性80%の学校です(併願校を選定する際にご利用ください)。

50%偏差値:合格可能性50%の学校です(第一志望校を選定する際にご利用ください)。


性別 受験日 80偏差値 50偏差値
男子 獨協  02月01日 44 39
男子 獨協 (2回) 02月02日 44 39
男子 獨協 (3回) 02月04日 44 40
会員登録がお済みの方はこちらからログイン
四谷大塚からのお知らせ
    獨協中学校に合格するなら・・・ リトルコース進学コース
掲載中学一覧 現在登録校 364校
グル−プ各社からのお知らせ