通信コース案内こちらから
四谷大塚ドットコム HOME > 通塾コース入塾案内TOP > 四谷大塚の指導方針

四谷大塚入学案内

受験サポート
「学力を伸ばしたい」「志望校へ合格したい」「将来しあわせになってほしい」という生徒や父母の期待に応えるため、四谷大塚では、「人間力」の最も基本となる「心」の指導を実践しています。大きな夢を持ち、努力を習慣化し、正しい礼儀を身につけることで、人間力を高めることが可能になります。
 四谷大塚は、大切なお子さまが、人生最大の大きな目標に挑戦する際に大切な時間を過ごすパートナーです。中学受験を通して、成功体験を積み重ね、自信を育み、さまざまなことに前向きに取り組めるように、全力で指導します。
自ら求め、自ら考える「心」を育めば、
通常の授業よりも10倍の成果が得られることが、科学的にもわかってきています。
私たち四谷大塚は、一人ひとりのよいところを見つけて必ずほめます。
熱意と誠意を持って生徒と向き合い、「この子は必ず伸びる!」と
生徒の可能性を心から信じて指導を行うことをお約束します。
 
四谷大塚は、志望校合格のために「人間力」=心・知・体を伸ばすことが、必要不可欠だと考えています。中学受験を通して、自ら求め・自ら考え、全力で努力することの大切さ伝えるために、お子さまと正面から向き合い、熱誠指導します。
お子さまの将来に何を望まれますか?
お子さまの将来に何を望まれますか。高学歴? 社会的地位? それとも経済的豊かさでしょうか? 親としての本当の願いは、「夢と希望を持ち、いきいきと仕事をしてほしい」、「多くの人々から信頼され、多くの人々を幸福にする人になってほしい」、「努力を続け、自ら道を切り開く人になってほしい」ということではないでしょうか。決して、「偏差値の高い中学校に入ること」が最終目標ではないはずです。
 「将来まで伸びる力、未来でさらに伸びる力」の基礎をこの中学受験に向けた学習期間で身につけ、中学・高校の6年間およびその後の大学生活の中でその力をさらに育み、実社会に出てから、大活躍する力を育てることこそが目標でしょう。
 日本は現在、財政赤字や少子高齢化など、容易にはクリアできない様々な問題が山積しています。経済は未だ復活に向かう兆しが見えず、30年後には、現在1.3億人の人口が0.9億人まで減少してしまう予測もなされています。それに加えて、大震災による被害からの復興、国際競争力の低下・財政難からの脱却など、抱えた問題はすべて子どもたちの世代に、先送りにされてしまっているのです。
 いい中学に行き、いい大学に行きさえすれば、いい会社に就職でき、いい人生が保証される時代ではないのです。我々大人が、「子どもたちが将来、に出てから大活躍するまで」を見据えて指導していくことが必要です。子どもたちは日本の復興を担う未来のリーダー候補です。
 四谷大塚はこう考えます。「夢」に向かって、「自ら求め、自ら考え、自ら実行する」ことにより、「自信を持ち」、「次の課ら考え、自ら実行する」ことにより、「自信を持ち」、「次の課題に向けて果敢に挑戦する」という姿勢を、この中学受験を通じて身につけてほしい。夢を志に昇華させ、やるべきことを明確にすることで、努力を積み重ねる。このようなすばらしい経験ができるのが、中学受験なのです。
入塾説明会・体験授業受付中

申込ボタン 申込ボタン