通信コース案内こちらから
四谷大塚ドットコム HOME > 通塾コース入塾案内TOP > 四谷大塚の高学年指導

四谷大塚入学案内

4・5・6年資料請求

指導方針《高学年》

「第一志望校に合格」、そして、未来の夢へ

夢を見つけ、夢を志に高める。
論理的に課題を解決する
能力を育てる。

四谷大塚は、「受験のテクニックを詰め込むことが塾の役目」とは考えていません。お子さまが将来遭遇するであろう未知の課題に、必ずしも答えが用意されているとは限らないからです。だからこそ必要とされる力が、「論理的に課題を見つけ、論理的に課題を解決する能力」です。四谷大塚では、子どもたちの論理的課題解決能力を、次のように考えて育てています。

夢を見つけ、夢を志に高める。論理的に課題を解決する能力を育てる。

「自ら求め、自ら考える習慣」をつける

四谷大塚では【まず自ら考えて予習する→授業を受ける→復習する→テストで確認する】という流れが学習の本来の姿であると考えています。正解を教えてもらう前に、知識をフル活用して新たな問題にチャレンジすることで、創造的な考えが生まれます。1から10まで何もかも教え込まれる指導からは、自ら考える力は育ちません。課題を解決する力を鍛える最高の手段が、何も教わらないところから自ら考えること、つまり授業を受ける前に「予習」をするということなのです。理解するために復習も大事ですが、予習が課題解決能力を育てます。そして、自ら求め、自ら考える原動力になるのが、お子さまの将来の目標=「夢」です。夢があるからその夢に向かって努力することができます。四谷大塚では、日々の指導の中で、お子さまの興味・関心を引き出し、「夢」「志」につなげる指導を行い、“自ら考える習慣”を自然に身につけていきます。

「基本概念の理解」を積み重ね、「より深い知識」を身につけること

論理的に課題を解決するためには、“基本概念の理解”に加え、“より深い知識”を身につけておくことが必要不可欠です。基本概念の理解と深い知識によって、論理的に課題を解決する能力が発揮されます。基本概念をきちんと理解し、より深い知識を身につけていくと、あるとき急に思考力が高まり、それまで悩んでいた問題がスッと解けるようになる、この瞬間がお子さまの達成感を満たし、課題解決能力の飛躍的な成長につながります。四谷大塚は、受験テクニックを教え込むのではなく、基本概念を正しく理解させるところから指導を行い、基礎・基本をしっかり固め、より深い知識を身につけさせることで、お子さまの論理的課題解決能力を育てます。

学習の3つの柱

【予習シリーズ】

子どもたちの学力を飛躍的に高める
教科書『予習シリーズ』

  『予習シリーズ』のカリキュラムの特長は、1つの分野・単元の学習を繰り返して、らせん階段を昇るように段階的に学習することです。このことにより基本の理解と定着を図り、復習をしながら応用力を身につけることができます。たとえば4年生の算数 で「速さの3公式」を学習すると、5年生で「旅人算」さらに「速さと比」の学習へと続き、前の学習内容を思い出しながら、その内容を活用して解くことができないか試行錯誤することで、理解をより深め、応用力を高めていきます。

【授業】

『予習シリーズ』の内容を
完全な理解につなげます。

  超難関校への合格を目指すクラスから、基本を確実に身につけるクラスまで、お子さま一人ひとりに合わせた学力別のクラス編成をします。『予習シリーズ』を知り尽くした各教科講師が、ポイントをわかりやすく、ていねいに熱誠指導します。家庭での復習のサポートも、インターネットを活用したIT解説授業「予習ナビ」で万全です。

【テスト】

 
 四谷大塚では、[テスト]は学習を確実に身につけるために、なくてはならない大切なものとして位置づけています。それは、インプットした知識をアウトプットすることで、知識や思考力が定着するからです。毎週の[テスト]では、〈予習シリーズ〉で学んだ一週間の学習内容を確認、自分がどの程度理解できているのかを、確実にチェックできます。[テスト]後の解説授業で理解を深め、さらに[テスト]後24時間以内にスピード返却される結果をもとにIT授業「復習ナビ」を利用して再復習することで、確実に習得していきます。

レベルの異なる4つのテストコース

同じカリキュラムなのに、難易度が異なる4つのテストコース(※1)があるから、

ヽ慘呂帽腓錣擦董崚切なレベルのテストを受験」できる

学力の伸びに合わせて、「より難易度の高いテストコースに移動」できる(※2)

(※1)4年生は3つのテストコースです
(※2)テストコースの変更は5週に一度の「組分けテスト」の成績によります

4つのテストコース
入塾説明会・体験授業受付中

4・5・6年資料請求