四谷大塚ドットコム

進学コース

四谷大塚の高学年指導

夢を見つけ、夢を志に高める。
論理的に課題を解決する能力を育てる。
四谷大塚は、「受験のテクニックを詰め込むことが塾の役目」とは考えていません。お子さまが将来遭遇するであろう未知の課題に、必ずしも答えが用意されているとは限らないからです。だからこそ必要とされる力が、「論理的に課題を見つけ、論理的に課題を解決する能力」です。四谷大塚では、子どもたちの論理的課題解決能力を、次のように考えて育てています。

「自ら求め、自ら考える習慣」をつけること

四谷大塚では【まず自ら考えて予習する→授業を受ける→復習する→テストで確認する】という流れが学習の本来の姿であると考えています。正解を教えてもらう前に、知識をフル活用して新たな問題にチャレンジすることで、創造的な考えが生まれます。1から10まで何もかも教え込まれる指導からは、自ら考える力は育ちません。課題を解決する力を鍛える最高の手段が、何も教わらないところから自ら考えること、つまり授業を受ける前に「予習」をするということなのです。理解するために復習も大事ですが、予習が課題解決能力を育てます。そして、自ら求め、自ら考える原動力になるのが、お子さまの将来の目標=「夢」です。夢があるからその夢に向かって努力することができます。四谷大塚では、日々の指導の中で、お子さまの興味・関心を引き出し、「夢」「志」につなげる指導を行い、“自ら考える習慣”を自然に身につけていきます。

「基本概念の理解」を積み重ね、「より深い知識」を身につけること

論理的に課題を解決するためには、“基本概念の理解”に加え、“より深い知識”を身につけておくことが必要不可欠です。基本概念の理解と深い知識によって、論理的に課題を解決する能力が発揮されます。基本概念をきちんと理解し、より深い知識を身につけていくと、あるとき急に思考力が高まり、それまで悩んでいた問題がスッと解けるようになる、この瞬間がお子さまの達成感を満たし、課題解決能力の飛躍的な成長につながります。四谷大塚は、受験テクニックを教え込むのではなく、基本概念を正しく理解させるところから指導を行い、基礎・基本をしっかり固め、より深い知識を身につけさせることで、お子さまの論理的課題解決能力を育てます。

らせん型カリキュラムで
柔軟な思考力をつける
四谷大塚の学習の大きな特長の1つが「らせん型カリキュラム」です。1つの単元で、基本的な概念や導入部分の考え方を説明し、そこから先は「らせん階段」がぐるぐると回りながら上に伸びていくように、カリキュラムが進む中で何度も繰り返しながら、より深い理解へと進んでいきます。与えられたテーマに対して、多角的な視点で考えることを身につけ、柔軟な思考力を育むことができるのが「らせん型カリキュラム」の特長です。

授業

超難関校への合格を目指すクラスから、基本を確実に身につけるクラスまで、お子さま一人ひとりに合わせた学力別のクラス編成をします。<予習シリーズ>を知り尽くした各教科の講師が、ポイントをわかりやすく、ていねいに熱誠指導します。家庭での復習のサポートも、インターネットを活用したIT解説授業「予習ナビ」で万全です。

予習シリーズ

〈予習シリーズ〉は、四谷大塚の教科書です。四谷大塚のすべての学習は、この〈予習シリーズ〉のカリキュラムをベースに進められます。〈予習シリーズ〉には、好奇心を刺激するカラー写真や、オリジナルのイラストを豊富に用いた解説とともに、1 つ解くだけで周辺問題も解けるような、本当の意味での「いい問題」が収録されています。「学習予定表」に沿って、1週間単位で区切られた学習を行うことにより、中学受験に必要な学力が無理なく着実に身につきます。

テスト

四谷大塚では、[テスト]は学習を確実に身につけるために、なくてはならない大切なものとして位置づけられています。それは、インプットした知識をアウトプットすることで、知識や思考力が定着するからです。毎週の[テスト]では、〈予習シリーズ〉で学んだ1週間の学習内容を確認、自分がどの程度理解できているのかを、確実にチェックできます。[テスト]後の解説授業で理解を深め、さらに[テスト]後24時間以内にスピード返却される結果をもとにIT授業「復習ナビ」を利用して再復習することで、確実に習得していきます。

資料請求はこちら