四谷大塚ドットコム

進学コース

小学6年生

小学6年生では、入試対策・学校別対策を
徹底的に行います!

どんな問題にも応用が効く、本番に強い合格力を養います。きめ細かな学習から、入試に向けての総合的な学習へ。様々な問題に対応できる強い実戦力を養います。後半は出題傾向を的確にとらえた学校別対策を行います。

算数

前期では、小学5年生までに学習した内容を、「割合・比」「速さ」「平面図形」「立体図形」などの重要単元を中心に復習を行いながら、問題演習を通じて「領域ごとの応用力」を養います。また、夏期講習で「弱点補強」とレベル別の実戦的な問題演習を行い、9月以降は徹底的な「学校別対策」指導によって実戦力を鍛えます。問題演習の時間を十分に確保しながら、きめ細かいていねいな指導で第一志望校合格を確実なものにします。

国語

「文字→単語→文→文と文→段落・場面→要旨・主題」のように、〈細部〉から〈部分〉へ、〈部分〉から〈全体〉へと正確で深い読みを積み上げていく〈精読〉型学習の徹底を図ります。前期では文の「種類別」の読解に加え、「自然と人間」「ことばと文化」「葛藤と対立」「愛と友情」などの「テーマ別」の読解法も指導します。また、小学5年生に引き続き「記述問題の添削指導」を行うことによって、より高い記述力を身につけます。9月以降は、入試問題レベルの教材を用いた学習により、徹底的に「実戦型の国語力」=合格力の養成を図ります。

理科

前期では、単元学習の復習を中心に指導し、基本概念のより深い理解を目指します。夏期講習では、再度の基礎の確認を含め総復習を行うことによって、「予習シリーズ」で学習してきた各単元を各分野別に復習し、基礎力から応用力へとレベルアップを図ります。夏期講習以降は分野別のまとめと問題演習を徹底的に行い、「学校別対策」で実戦的な学力を身につけます。理科的な視点で学習した基礎力の上に、合格に必要な応用力を育てることで、理科の合格力を養成する、これが基本的な考え方です。

社会

前期では、「政治・国際」分野を、世の中の仕組みや自分の生活に直結することがらとして説明し、わかりやすく理解させます。夏期講習では、「地理」「歴史」「政治・国際」分野を、基本事項から徹底的に総復習を行います。基礎をしっかり固めることで、9月以降の志望校の入試問題などの総合的な問題演習にしっかり対応できるようになります。点としての知識ではなく、知識と知識を線でつなぐことでより深い社会の思考力を養い、第一志望校合格を確実なものとしていきます。

         

学校別対策指導

近年の難関校や上位・中堅校の入試問題に共通する特徴としてあげられるのは、知識だけでは突破できない「思考力を試される問題」が数多く出題されていることです。四谷大塚では、最難関校、難関校、上位・中堅校、それぞれのレベルに応じた基礎力の強化を図る中から、生徒の思考力は最大限に引き出されると考えています。小学6年生9月以降、入試突破に必要な基礎学力をレベル別に徹底強化します。そして、日曜日に行う「学校別対策コース」で、入試過去問対策に偏ることなく、柔軟な対応力を養成しながら思考力を徹底的に磨き上げ、難関校や上位・中堅校に見られる独自の視点・切り口からの出題にも対応できる力を養います。学校別対策コースの教材は、四谷大塚が各中学校の入試問題を分析して、学校ごとに作成した、完全オリジナル教材です。

資料請求はこちら