過去問データベースの活用法

過去問を解くメリット

志望校の入試問題の出題範囲をつかむ

入試問題は、学校ごとに構成や配列、形式に特徴や癖がある。あらかじめ出題傾向をつかんでおくことで、入試当日の作戦が立てやすくなる。

適切な時間配分を事前に知っておく

学校ごとに問題数や配置に特徴があることが多いため、演習を重ねるとその問題量と制限時間の兼ね合いが身体に刻まれ、適切な時間配分が身につく。

弱点や問題点が浮き彫りになる

「解くスピードが遅い」「暗記に不備がある」など、弱点や課題が浮き彫りになるため、入試当日までに改善、克服すべきポイントがはっきりする。

過去問対策の進め方

9

過去問対策
スタート!

夏期講習で一通りの復習の終わった9月から過去問対策を始めるのが一般的。志望順位が低い中学校の過去問から取り組むことで、基礎固めとしても活用できます。また重要なのは解いた後の復習です。復習ノートを作って取り組みましょう。

10

合格最低点を
意識して取り組む

出題傾向をつかむ時期です。最初のうちは、自分の持っている力を入試問題に対して、どのようにアウトプットしていけば得点が伸びるのか悩むことも少なくありません。この時期は得点に一喜一憂せず、一定のペースを守って過去問を解いていくことを心がけましょう。

11

本番と同じ
条件で解く!

11月になったら、合格最低点を意識して取り組みましょう。なかなか合格最低点に達しない場合は、その原因が解くスピードにあるのか、苦手単元を克服できていないことにあるのか突き止め、それに応じた対策が必要です。塾の先生に相談してアドバイスをもらいましょう。

12

入試開始!
直前期の進め方

できるだけ本番と同じような環境で取り組みましょう。そのために事前にトイレなども済ませておき、時間を計り、緊張感を持って取り組みましょう。ご両親が試験官やタイムキーパーの役割を務めるのも良いでしょう。

1

志望校の出題
傾向をつかもう

千葉埼玉の入試が始まり、実際の受験に取り組みながら、2月の志望校の過去問対策を行うケースもあります。塾の先生に相談しながら、直前の追い込みに取り組みましょう!

入試本番!合格を勝ち取ろう!