四谷大塚 学習の仕組み

学習の仕組みトップ 週テスト 予習ナビ 復習ナビ

週テストとは
週テストの特徴

テストを受験しているときに、脳の中では知識や思考を整理しながらそれらをアウトプットしようとします。このときに知識や思考力が定着して、学力が最も伸びると言われています。だから、テストは学習を確実に身につけるために、“なくてはならない大切なもの”なのです。

そこで、四谷大塚では1週間というスモールステップの学習カリキュラムを組んで、毎週末にその1週間の学習成果を確認する「週テスト」を実施しています。一段一段この階段を昇っていくことにより、中学受験に必要な知識・思考力を確実に身につけていくことができます。

「週テスト」は、「予習シリーズ」の1週間の学習範囲から、お子さまの学力レベルに合わせて出題します。そして、5週に一度の「総合」の回(組分けテスト)では前4週分の復習を行い、学習内容のパーフェクトマスターを実現します。このように繰り返しながら学習することにより、“真の学力”が身につきます。

「週テスト」は学力に応じてコース別に実施

週テストコースは4段階に分かれています。
テストコースは、5週に一度の組分けテストで決定します。
その時期に自分に合ったテストを受験することが、学力を飛躍的に伸ばします。

週テストコース

学年 小学4・5・6年生
コース S・C・B・A

テスト時間

学年 試験教科 テスト 試験教科
小学4年生 算数・国語 通常回テスト 各30分
組分けテスト 各40分
理科・社会 組分けテスト 各20分
小学5・6年生 算数・国語 通常回テスト 各40分※
組分けテスト 各50分
理科・社会 通常回テスト 各20分※
組分けテスト 各35分

※小学6年生は、9月以降は算数・国語各50分、理科・社会各35分になります。

各学年の新年度スタートは2月です。

小学4年生の新年度スタート時は全員、原則、Aコースからスタ一卜します。小学5・6年生の途中入会時も同様です。

5週に1度の組分けテストで、成績上位者から順にS・C・B・Aのコースに分けられます。各コース内で上位から順に約100名単位で「S1組」「S2組」… と組が決まります。

組分けテストで組・コースを再編成し、翌々週から新しいコースで受験することができます。 小学4年生の週テストは算数・国語の2教科で実施します。組分けテストは理科・社会を含む4教科で実施します。