四谷大塚 学習の仕組み

学習の仕組みトップ 週テスト 予習ナビ 復習ナビ

予習ナビ

復習ナビとは
予習ナビの特長

「家で一人で予習をしていたら、わからないところが出てきた」もしくは「自信がなかったあの単元にもう一度チャレンジしたい」、そんなキミにぴったりなシステム「予習ナビ」ができました。これは「予習シリーズ」を使った授業を映像化したものです。中学受験のパイオニア四谷大塚が誇る一流講師陣の授業なので、わかりやすさも格別! わからなかったところをもう一度やり直し、理解するときにも使えます。「復習ナビ」と合わせて「予習」→「授業」→「テスト」→「復習」のサイクルで学習することで、その範囲をパーフェクトマスターし、次のステップ進むことができます。
「予習シリーズ」の内容を確実に理解するために、やはり授業は必要不可欠です。しかし、四谷大塚NETでは四谷大塚の教室で行われている授業が、ご自宅のパソコンの前で受講できるのです!それが「予習シリーズ」の解説授業を行う「予習ナビ」です。

1教科あたりの授業時間の目安はおよそ50分〜120分程度です。解説授業と問題演習を組み合わせながら授業を進めていきます。「予習ナビ」は受講するお子さまの学力レベルに合わせて四谷大塚の精鋭の講師が授業を進めますから、わかりにくい、理解できないということはありません。もし途中でわからなくなっても、すぐに授業映像を止めることも、そして授業映像を前に戻すこともできます。また逆に、通常の1.5倍のスピードで再生することもできますから、どうしても学習時間が確保できない場合は60分の授業をおよそ40分で受講することも可能です。教室の授業では絶対にできないことが、ご自宅のパソコン画面の中でできてしまいます。
さらに算数の「予習ナビ」では、実際の授業同様、授業の中で問題演習(パーフェクトマスターモード)を行います。制限時間を設け、お子様の学力レベルに合わせた問題を出題し、実際に問題を解きながら理解を深めます。一方的に授業を聞くだけではない、リアルな授業を展開します。

予習ナビの進め方(説明画像)