一つの分野の学習を振り返りながら段階的に学習することにより、基本の理解と定着を図り、応用力を身につけます。たとえば算数で5年生のときにある問題を解くひとつの方法を学んだとします。すると「予習シリーズ」では6年生になって同様の問題を「別の方法で解く」ことを学びます。子どもたちは、「アレ、これは前に習ったぞ」と思い出すと同時に、答えを見つける方法はひとつでないことを知り、以前習った内容をもっと深く理解できるようになるわけです。このように算・国・理・社のすべての分野でらせん型にカリキュラムが組まれ、それに沿った学習を繰り返し続けることで、問題を解くための「自ら考える力」が自然に身につきます。

算数は、掲載している全ての問題に「詳細な解説」を載せてあります。考え方や解き方につまずいたときにも、解説を読んで、しっかり理解することが出来ます。国語では、最近の入試問題に良く見られる「記述式」問題への対応を4粘性の段階からしっかりと行います。理科・社会では、カラー写真やカラーイラストが豊富に並んでいます。イラストは一点一点書き起こしたオリジナル「これは何だろう」と、思わず脅威をそそられるはずです。
「予習シリーズ」の学習範囲は、一蹴簡単で一区切りとなっています。そのため、今週自分がどこまで学べばいいのかハッキリとわかり、目標も立てやすくなります。また、一週間で学びきり学習サイクルが身につくため、ダラダラと机に向かうこともなくなります。
「予習シリーズ」を執筆しているのは、四谷大塚で実際に子どもたちの前に立ち、毎日学習指導している先生です。子どもたちが身を乗り出すテーマは何か、どのような順番で教えれば最も理化しやすいか、学習指導の現場の空気を、教材に反映しています。
「予習シリーズ」のカリキュラムは5週に一度「総合」の回が設けられ、それまでに学んだ前1週分の復習をします。学習内容を繰り返すことで、知識を確実に身につけます。
中野校舎 蒲田校舎 横浜校舎 津田沼校舎 お茶の水校舎 市ヶ谷校舎 新横浜校舎 柏校舎 高田馬場校舎 豊洲校舎 あざみ野校舎 大宮校舎 巣鴨校舎 立川校舎 上大岡校舎 南浦和校舎 渋谷校舎 町田校舎 大船校舎 所沢校舎