今月のプレゼント

2017/10/19更新

応募方法

「申し込みはこちら」ボタンから応募フォームへ進み、

「ご希望のご招待券番号」
「氏名」
「氏名(フリガナ)」
「郵便番号」
「住所」
「電話番号」
「メールアドレス」
「ご意見・ご感想」

を必ず明記してご応募ください。
なお、当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

今月のプレゼント




古代アンデス文明展

1994年から5回の展覧会を開催し、400万人以上を動員した「TBSアンデス・プロジェクト」。その集大成と言える本展では、いくつもの文化が連なり、影響を与え合う中で育まれた神々の神話や儀礼、神殿やピラミッドをつくり上げる優れた技術、厳しくも多彩な自然環境に適応した独自の生活様式などを、約200点の貴重な資料から明らかにする。

累計400万人以上を動員した人気展の集大成!
開催期間:10月21日(土)~2018年2月18日(日)
観覧料:一般・大学生1,600円、小・中・高校生600円
場所:国立科学博物館(東京都台東区)
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://andes2017-2019.main.jp/andes_web/



北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

19世紀後半、西洋の人々を魅了した浮世絵師・葛飾北斎。その出会いからジャポニスムを読み解く、世界初の展覧会。モネ、ドガ、セザンヌをはじめ、西洋芸術の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70冊の約110点が一堂に会する。西洋の芸術家たちが北斎をどう受けとめ、新たな表現を生み出したのか、北斎が与えた影響を知ることができる。

世界初! 北斎とジャポニスムがテーマの展覧会
開催期間:10月21日(土)~2018年1月28日(日)
観覧料:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
場所:国立西洋美術館(東京都台東区) 
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://hokusai-japonisme.jp




ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

浮世絵や日本に関する文献を集め、日本に高い関心を寄せていたフィンセント・ファン・ゴッホ。また、1920年代には日本の画家や文学者がゴッホの終焉の地を訪問した。本展は、ゴッホの作品や関連資料を通して、ゴッホと日本の相互関係を探り、その新たな魅力を紹介する。

ゴッホと日本、交差する夢の軌跡に迫る
開催期間:10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
観覧料:一般1,600円、大学生・専門学校生1,300円、高校生800円、中学生以下無料
場所:東京都美術館(東京都台東区)
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル) 
http://gogh-japan.jp



表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち

抽象絵画の創始者ヴァシリー・カンディンスキーと、20世紀フランス最大の宗教画家ジョルジュ・ルオー。本展は、色と形を軸として、ドイツ表現主義とルオーが共鳴するさまを探る。国内有数のカンディンスキーらのコレクションを誇る宮城県美術館の作品を中心に、パリのルオー財団や国内の美術館などから貴重な作品約130点が出品される。

色と形を軸にした貴重な作品約130点を展示
開催期間:~12月20日(水)
入館料:一般1,000円、大学生700円、中・高校生500円、小学生以下無料
場所:パナソニック 汐留ミュージアム(東京都港区)
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://panasonic.co.jp/es/museum/
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。