四谷大塚ドットコム

学習のしくみ

週テスト

四谷大塚では、「予習シリーズ」で1週間勉強したことを、毎週末の「週テスト」で確認します。一見当たり前に思える、「学習」←→「テスト」は、「インプット」←→「アウトプット」のサイクルであり、年齢や能力を問わず、最も学力を伸ばすための、まさに車の両輪なのです。習って「わかる」という段階から、「習ったことを自在に使える」という段階へ深め、学力を飛躍的に向上させるために、「週テスト」を活用してください。

週テスト週テストの特長
●週1回のスモールステップの週テスト
(3年間で108回の週テスト)
●学力レベルに合わせたテスト問題
●5週に一度の総合テストで
  パーフェクトマスター
週テスト

テストを受験しているときに、脳の中では知識や思考を整理しながらそれらをアウトプットしようとします。このときに知識や思考力が定着して、 学力が最も伸びると言われています。

だから、テストは学習を確実に身につけるために、“なくてはならない大切なもの”なのです。そこで、四谷大塚では1週間というスモールステップの学習カリキュラムを組んで、毎週末にその1週間の学習成果を確認する「週テスト」を実施しています。

この 「週テスト」は4~6年生の3年間に全部で108回。一段一段この階段を昇っていくことにより、中学受験に必要な知識・思考力を確実に身につけていくことができます。

週テスト」は、「予習シリーズ」の1週間の学習範囲から、お子さまの学力レベルに合わせて出題します (S・C・B・Aの4コース)。

そして、5週に一度の「総合」の回では 前4週分の復習、10週に一度の「総合」の回 (組分けテスト)では前9週の復習を行い、学習内容のパーフェクトマスターを実現します。このように繰り返しながら学習することにより、“真の学力”が身につきます。

テスト時間

学年 試験教科 テスト 試験教科
小学4年生 算数・国語 通常回テスト 各30分
組分けテスト 各40分
理科・社会 組分けテスト 各20分
小学5・6年生 算数・国語 通常回テスト 各40分※
組分けテスト 各50分
理科・社会 通常回テスト 各20分※
組分けテスト 各35分

※小学6年生は、9月以降は算数・国語各50分、理科・社会各35分になります。

資料請求はこちら