通信コース案内こちらから

1・2・3年生 リトルコース入塾案内

リトルスクール資料請求

アルゴクラブ

算数脳を育てる数理教育システム
ピーターフランクル氏
アルゴクラブとば
  「アルゴクラブ」は、算数オリンピック委員会、東京大学数学科学生、そして数学者でありジャグラーとしても有名なピーター・フランクル氏が共同開発した低学年向けの数理教育システムです。パズルゲームや頭脳トレーニングなど、子どもたちが“遊び感覚”で楽しく取り組めるプログラムで、高学年になってから必要となる“算数センス”や“数学的思考力”を鍛え伸ばします。
リトルコースとあわせて受講することも、アルゴクラブ単独で受講することも可能です。
アルゴクラブの指導システム
アルゴクラブの指導システム
数理ゲーム、平面立体パズル、論理問題による知能トレーニングです。
「遊び」を通して、子どもたちの可能性を引き出します。
自ら考えて解決することの感動をくり返し、「発想→構想」を習慣化します。
ゲームやパズル、論理問題に挑戦することで、考える楽しさを体感します。
快感・達成感の繰り返しで、数理的な思考法(試行錯誤、発想、整理、組み立て、証明)が習慣化され、算数が好きになります。
アルゴクラブの教材
アルゴ(algo)
アルゴクラブのメイン教材
  アルゴは、アルゴクラブのメイン教材。数字が書かれた白黒合計24枚のカードを用い、さまざまな条件から相手のカードを推測する思考ゲームです。
柔軟な算数センスが身につき、数理的な思考力が向上します。
2つの基本ルールを応用し、難易度や人数に合わせた対戦を行え、自分で問題を作成することもできます。
「詰めアルゴ」例
ピーキューブ
ピーキューブ
 制限時間内に、いくつかのピースを組み合わせて立方体や直方体、見取図で示された立体を作るゲームです。
手・目・脳を使った作業により、空間認識力、想像力、集中力、立体的な構成力が磨かれます。
アイキューブ
  制限時間内に、枠内にピースを敷きつめるゲームです。
対戦・競争を通じて、イメージの中で図形を構成、再現、移動、転回する能力を磨きます。
アイキューブ
ジオ・1
3種類の大きさの直角二等辺三角形10枚と正方形1枚
  3種類の大きさの直角二等辺三角形10枚と正方形1枚、合計11枚のピースをすべて使って、指示した影絵と同じように並べる競争をします。
平面図形のセンス、構成、再現、イメージする力を磨きます。
チャレペー
チャレペーオリジナルプリント
算数オリンピックや中学入試でも出題される問題を集めた、オリジナルプリントです。
チャレペー
指導回数・時間
対象 指導時間 開講校舎
新年長・1・2・3年生 週1回90分 リトルコース設置校舎※市ヶ谷校舎は年長のみ実施
リトルコース資料請求