明るい雰囲気づくりを大切にした

>

聡介くん(以下、聡介)

4年生のときから、お父さんとは文化祭を含めて 3回くらい早稲田中学校に行ったよね。文化祭の展示のレベルが高くて、好印象だった。

父・雅之さん(以下、父)

そうだな。勉強の環境も整っているから、お父さ んもすごく気に入った。

  聡介

それに、早稲田の過去問を解いてみて、問題の相性もいいと思ったしね。

  父

5年生の終わり頃の塾の面談では、先生からも今の成績だとまだ厳しそうだと言われていたけど、お父さんも第一志望校として変える気はなかったな。ただ、受験だからといってあんまりがむしゃらにやるタイプじゃないのが心配だったけど……。

  聡介

自分の意識としても、あんまり落ちるとか受かるとかは考えてなくて、〝受験のためにがんばる〞って言うより、〝目の前の宿題とかテストをがんばる〞って感じだったから、お父さん やお母さんからは「受験生の自覚がない」と思われていたんだよね(笑)。

  父

家ではあんまり勉強する素振りを見せなかったから(笑)。でも今思うと、塾の授業での集中力がすごくて、習ったことは着実に身につけていたんだよな。自分のやるべきことは効率的にこなしていたし、そこには感心したよ。

  聡介

確かに、塾の先生に言われた宿題や課題は必ずやったし、先生の話は、授業中の雑談とか、細かいことまでよく聞いてた。雑談からも、学ぶことが多くて、それが試験に出ることもあるからね。でも、受験期でも普通にテレビを見たりしてたし、やっぱりそんなに気を張ってはいなかったと思う。

  父

5年生の終わり頃の塾の面談では、先生からも今の成績だとまだ厳しそうだと言われていたけど、お父さんも第一志望校として変える気はなかったな。ただ、受験だからといってあんまりがむしゃらにやるタイプじゃないのが心配だったけど……。

  聡介

それに、早稲田の過去問を解いてみて、問題の相性もいいと思ったしね。

  父

それでも、入塾時は一番下のクラスだったのが、どんどん成績を伸ばして、一番上のSクラスに上がったな。 まあ、実は最低点で入ったことがわかって、うちでは「ギリエス」って呼んでた(笑)。

  聡介

「ギリギリでSクラス」ってことね(笑)。

  父

 お姉ちゃんが受験生だったときの猛烈ながんばりと比べてしまうから、余計にのんびりしてるように見えたのもあるな。「もう少しやればもっと伸びるのに、もったいないなあ」って、イライラするときもあったんだ。でも、だからと言って「もっと勉強しろ」と言ってもやるタイプではないし。

  聡介

やれって言われることもあったけど、僕は常に自分のペースだったね。

  父

でも、過去問対策は結構しっかりやっていたように見えたけど。

  聡介

そうだね、過去問はさすがに真剣にやったな。土日に集中してやることが多かった。早稲田は5年分、そのほかの学校も3年分くらいやった。

  父

過去問対策は、お母さんがスケジュールを立てて、お父さんが解答用紙をコピーして準備したな。

  聡介

うん、ありがとう。そう言えば 直前期は、お父さんはリビングではテレビをつけないとか、お酒も自分の部屋で飲むとか、僕が集中できるように気を遣ってくれたよね。

  父

そのくらいは最低限のことでしょ。あんまり深刻になり過ぎないように、雰囲気を明るくしようとは思ってたかな。一緒にクイズ番組とか見てても、雑学なんかお父さんより聡介の方が詳しかったりして、生意気に「こんなのもわかんないの?」とか言ってきただろう。そういうときは「こんなのがわかるなんてすごいじゃないか」ってほめたり。あと、「お父さんより僕の方が頭がいい」とか言われても、「じゃあがんばれよ」って返したりもしたね(笑)。

  聡介

そんなこともあったね。でも、そうやってお父さんが明るくいてくれたから、僕も気楽だったよ。

  父

お母さんは不安そうだったね。お母さんは、お姉ちゃんの受験のときの経験で、合格するためにはどのくらい 勉強しなきゃいけないとか、よくわかってる。だからこそ、聡介の様子を見ていて心配だったんだよね。

  聡介

お母さんからしたら、僕やお父 さんは能天気に見えたんだろうね(笑)。

第一志望には2回目で合格

>

  聡介

 僕の最大のピンチと言えば、早稲田の1回目入試が不合格だったこと。2月1日に受験して、不合格を知ったのは2日の午後だったよね。あの時はさすがに落ち込んだよ。

  父

家族全員が「ピンチ!」って雰囲気だったなあ。聡介が試験の後に、感触は良かったって言っていたから実は ちょっと安心してたんだけど。

  聡介

そう、妙な自信があったからね。2日は第二志望の学校を受験して、それが終わった直後に早稲田の不合格を知った。その夜、第二志望校のテストの答え合わせをしていたら、できたと思っていた問題も間違えていたことがわかって「ここも落ちるかもしれない」と思って、また不安になった。

  父

それで聡介はショックと疲れのせいか寝ちゃったんだよね。だけど20時過ぎのオンライン発表で、第二志望の合格がわかりホッとした。

  聡介

その学校も気に入っていたから うれしかった。これで3日の早稲田2回目に「全力を尽くすぞ!」と気持ちを切り替えることができたし。

  父

3日の早稲田2回目は、1日よりも激戦と言われていたけど、どうだった?

  聡介

僕としては1日よりも3日の方 が楽だったな。試験場に慣れてきたせいもあったと思うけど。1日より緊張しなかったから。

  父

塾の先生からも、「1回目は緊張しても2回目は落ち着いて取り組めることも多い」って言われてたし、迷ったけど3日も早稲田を受けることにして良かったな。

  聡介

2日に受けた学校は、併願校と してはレベルが高かったから、お母さんは1日、3日を早稲田にするなら、2日はもう少し入りやすい学校にした方がいいって言っていたけどね。

  父

やっぱりそこは受験をよく知ってるお母さんの方が慎重なんだよね。お母さんは聡介の苦手科目とか、入試問題の傾向とか、しっかり分析した上で、このままじゃ厳しいかもって判断してたけど、お父さんは勉強のことは一切タッチしてなかったから、逆に「きっと早稲田に受かる」って信じられたのかもしれない。

  聡介

お父さんも早稲田を気に入って たしね。

  父

うん。だから、聡介も早稲田を気に入って、合格したのは本当にうれしかった。一緒に何回も学校を見に行って良かったと思う。

  聡介

お父さんやお母さんが、もっと勉強してほしいって思ってるのを感じることもあったけど、そのためにやるっていうのも違うと思うし、行きたい学校に行くために、自分のペースでがんばるだけだよね。

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。