中学受験の"成功"とは?
中学受験を実りあるものにしようと考えるとき、第一志望校に合格できるか否かはあまり大きな要素ではない、と2人の校舎長は口を揃えます。では、中学受験は、何をもって"成功"と言えるのでしょうか。
「ひとつの目標に向かって、努力し続ける経験。これが大切だと思います。すべてが終わったときに、我が子をほめてあげたい気持ちになったら、それで受験は成功だったと言えるのではないでしょうか」(蛭田栄治先生)
同様に、成瀬勇一先生も次のように語ります。
「塾の使命は"合格させること"。それを承知の上で、誤解を恐れずに言えば、第一志望校に合格するかどうかよりも大切なことがあります。私は、中学受験を子どもが大人になるきっかけと捉えています。勉強という苦しいものを、他人に強制されることなく自らやれるようになったら、それだけでもよしとしましょう。それは大人でも難しいことですから」(成瀬先生)
「子どもによって伸びる時期はそれぞれ違う」と話すのは、蛭田先生です。
「実際、子どもの学力の成長には個人差がありますから、小学生のうちに成績が振るわなくとも、中学・高校で飛躍的に伸びる子もいます。私の教え子で、第一志望校に合格できなかったものの、中学受験を通して"勉強して、先生に質問する"という習慣を身につけ、東京大学へ合格した生徒がいました。小学生にとって、中学受験はまさに"勉強のスタート"です。この時期に、自分の勉強の"形"をつくることができたなら、それは必ず武器になります」(蛭田先生)
さらに、「挫折を知らない子どもは弱い」と続けます。
「テストで思うように点が取れなかったり、模試で偏差値が下がったりと、中学受験は日々、小さな挫折の機会にあふれています。第一志望校に不合格ともなると、そのショックは計り知れないことでしょう。しかし、そうした挫折を経験することで、失敗を恐れずにチャレンジし続けることの大切さに気づくのです。また、努力がすぐ目に見える成果につながるわけではないこと、それでも努力を続けないと結果が出ないことも学べます」(蛭田先生)


演技をしてでも子どもの前では冷静に
では、子どもをこうした成功に導き、実りある経験にするためには、親はどのような心構えでいればいいのでしょうか。2人の意見が一致したのは、親の入れ込み過ぎに注意すべきだということ。
「親が第一志望校にこだわり過ぎてしまうと失敗しやすいもの。熱が入り過ぎて、子どもの受験ではなく、親自身の受験になってしまい、ついつい苛立ちを子どもにぶつけてしまうのです。私たち大人でも、日々の仕事や生活に常に全力かというと、そうでもありませんよね。それを子どもに求め続けるのは、酷というものでしょう」(成瀬先生)
「親が高望みをし過ぎないことですね。特に小4、小5のうちは、テストの点をよくしようと焦らず、我が子のペースで勉強させること。早くから子どもに結果を求めると、その場しのぎで解法や解答を丸暗記して、とりあえず点数は取れたけど、何も身についていない、という状態に陥ることがあります。この時期は、多少時間はかかっても、学習内容に対し"なぜ?""どうして?"と親が聞いてやるといいでしょう」(蛭田先生)
親が心に余裕を持つための秘訣として、蛭田先生は第一志望校を複数持つことを提案します。
「第一志望、第二志望という切り口ではなく、第三志望までを"第一志望群"と捉えてみてはいかがでしょう。いずれにせよ、中学校に対する序列を親がつくらない方がいいと思います。序列の低い学校にしか合格できなかったとき、その事実は子どもの心を深く傷つけ、その後の家庭の雰囲気に影を落とすことが少なくありません。"通う学校が第一志望校"くらいの気持ちでいましょう」(蛭田先生)
ただし、現実にはそう簡単に割り切れるものではないかもしれません。
「いわゆる見栄や世間体などがあるので、やはり"偏差値の高い名門校へ"という思いは断ち切れないこともあるでしょう。実際、我が子を、よその子どもと比較してしまうお母さんを毎年目の当たりにしています。他人と比較するというのは、子どもに対して最もやってはいけないこと。そうした不安や悩みは塾にぶつけてください」(蛭田先生)
「子どもの前では演技をしてでも冷静に。怒りなどの感情は塾で吐き出しましょう。話をするだけでも、少し気が晴れるのではないでしょうか」(成瀬先生)


子どもに夢を持たせて受験の先を意識させる 
子どもがなかなか勉強しないという悩みは、どこの家庭でも共通するものです。
「これはもう、待つしかありません。大抵は入試直前にならないと、スイッチは入りません。感情的にならずに、"なぜ勉強できないのか"を子どもに聞くと効果が出ることもあります」(成瀬先生)
子どものテストの結果がよくないときには、挽回を目指して、つい「ここをもっと復習しなさい」「ここを勉強しなさい」と口を出したくなってしまうもの。しかし、こうしたときには、子ども自身に考えさせることが大事だと言います。
「最初のうちは"もっとがんばる"というレベルで構わないので、子どもに考えさせ、発言させましょう。模試なども結果に一喜一憂せず、そうした場だと考えてください」(蛭田先生)
さらに、子どものモチベーションを高めるためには、受験への動機づけが大切です。
「小4、小5のうちから親子で学校見学に出かけ、子どもにとっての憧れの学校を見つけておきましょう」(蛭田先生)
「学校見学以外にも、将来の夢について話をするのもいいと思います。夢の実現のために、"○○中学で勉強して、○○大学に入って、こんなことを学びたい"などとイメージできれば、子どもの受験へのモチベーションも高まるでしょう」(成瀬先生)

話を伺ったのは
蛭田 栄治先生
四谷大塚横浜校舎 校舎長
成瀬 勇一先生
四谷大塚渋谷校舎 校舎長
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。