親も相応の覚悟が必要方針を夫婦で立てる
何事もスタートが肝心。ここで方針を決めておくことで、スムーズに受験生活に入ることができ、途中で思い悩むようなことは起きません。
まず話し合っておきたいのが、親の意識と、夫婦間の役割について。
「長い受験生活を乗り切るには、親も相応の覚悟が必要です。親も『どんなことがあってもあきらめない』と心に誓うべきでしょう。また、夫婦の協力は必須です。どちらか一方が抱え込んでしまうと、ストレスから子どもと接する際に余裕がなくなり、なかなかうまくいきません」(福島校舎長)
「偏差値や数字ではなく、『目標に向かって努力することに価値がある』ということを、まず心に刻んでほしいですね。その上で中学受験の方針を夫婦で考え、共有します。さらに塾にもそれを伝え、三者が一丸となれれば間違いなくいい受験になるでしょう。夫婦の役割分担については、最初はあまり厳格に決めず、その都度相談しながら考えていけばいいと思います」(成瀬校舎長)
ご褒美の有無や習い事なども事前に方針を固めておきたいところ。
「ご褒美が常習的になると、それがないとがんばれなくなってしまいます。最初はいいのですが、いずれはなくしていきましょう」(成瀬校舎長)
「塾に入ると誰もがやることが一気に増えた感覚に陥り、不安になるもの。しかしすぐに慣れますから、習い事はやめるよりも様子を見た方がいいでしょう。心配なことがあれば、何でも塾に相談してください」(福島校舎長)


Q 親はどんな意識・覚悟を持っておくべき?
"何があっても最後まで応援していく"ことを心に決めましょう。ーー福島校舎長
中学受験は結果ではなく、過程が大事であると認識しておきましょう。ーー成瀬校舎長

Q 習い事とはどうつき合っていくべき?
習い事を続ける条件として、「やるべきことをやる」ことを子どもと約束しましょう。ーー福島校舎長
理想は子どもから「塾をがんばりたいから、習い事をお休みしたい」と言い出すこと。ーー成瀬校舎長

Q 夫婦でどんなことを話し合っておくべき?
夫婦で受験に対する意見を一致させておく。役割分担は日々話をしながら。ーー福島校舎長
中学受験の“目標”や"目的"をどこに置くか夫婦で話し合い、ブレさせないように。ーー成瀬校舎長

Q 受験生活に対して不安を覚えてしまったときは?
悩みはすぐに塾に相談。お母さんが不安を抱えていて、いいことは一つもありません。ーー福島校舎長
どの子どもにも、必ずグッと伸びる時期があります。どんなときもあきらめずに!ーー成瀬校舎長

Q テストの点数や成績に対する"ご褒美"ってあり?
テストの点数ではなく、がんばった過程をほめる材料としては"あり"でしょう。ーー福島校舎長
きっかけとしては"あり"。ただし、いずれは子どもが「自分の将来のために」と思えるように。ーー成瀬校舎長

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。