不安を和らげる優しい言葉、はたまた、適度にプレッシャーを与える叱咤激励。子どもを思ってこその、その声かけは、子どもにどう受け止められているのでしょうか。受験を乗り越えた中学1年生たちに、ホンネを聞いてみました。

◆あなたならどう声をかける?

◆不安の解消よりも具体的なアドバイスを

このケースで、母親の回答が最も集まったのは、C。「過去問は忘れて復習をしたら?」という声かけです。「一旦子どもを過去問から解放して自信を取り戻させる」と、コメントにあるように、過去問の不安は、一旦離れることで落ち着かせる方が効果的という思いがあるようです。 
6人のジャッジも、おおむねCを支持する結果となりました。Cを選んだ子どもたちは、その理由をこう話します。
「実際に過去問のできなかったところを見直してみると、どの年も同じ単元の得点率が低いことがわかったんです。私の場合は、理科の『てこ』。それからしばらく、『てこ』の問題を集中的に解くようにしてみたら、次第に得点できるようになりましたし、苦手意識も少し解消できたんです」(五木田さん)
「どこかできなかったところがあるから、合格最低点に達しなかったというのが事実。だから、不安になっているところを復習して、理解できるようにするしかないと思います。なので、『復習してみたら?』と具体的に指示してくれる方がありがたいです。ただし、あくまで”優しく”言ってほしい(笑)」(諸我さん) 

ただ、親の意見の中には、Cのような勉強面のアドバイスよりも、Aのように、単純に不安を取り除いてあげる方が子どもは安心できるのでは、という意見もあります。「母はどっしりと構えて、子どもの気持ちを支えた方がいい」というコメントは、そんな母親の気持ちをよく表していると言えるでしょう。 

それに対し、「確かにAもうれしいけど……」と前置きしながら、渋谷さんは「私はあまり物事が気にならないタイプだから、母から『気にしなくてもいいよ』と言われてしまうと、本当に気にしなくなってしまうと思います(笑)。完全に安心してしまうより、少しは不安な気持ちもあった方がいいと思うんです」と、あえて不安というストレス下に身を置くことを選ぶと話してくれました。
「それに、確かに過去問と同じ問題は出ないけど、そのことを強調されるよりは、過去問でできないところはやっぱり苦手分野だと思うから、そこを克服するのが合格への近道。そういう風に言ってくれると安心できます」と続けます。

◆学習姿勢や進度を踏まえ子どもに合った声かけを

川端くんは、実際にCのようなアドバイスをされていたと言います。
「過去問でできなかった単元を復習して、間違ったところを両親に口頭テストしてもらったり、難しい漢字などは何度もノートに書いたり。そうして実際に手を動かしている方が、少しずつでも進んでいける。そうすれば不安もなくなると思います」(川端くん) 
過去問からくる不安は、親が取り除いてあげるよりも、自分の努力で克服することに気づかせてくれる方がいい、という意見です。 
それに対し、Aを選んだ古賀くんは「実際に塾の先生からAのように『気にするな』と言われていたし、そう思うと、心に余裕ができました。結果、その方がいい点も取れたので、自分の経験からもAがいいと思う」ときっぱり。アンケートでCが多いことについては、「親は具体的なアドバイスがいいと思うのかもしれないけど、僕は勉強に関わることに触れられるのは好きじゃない」と反論。また、「”過去問をいくらやっても”ということは、すでに復習も何回もやっているということですよね。Cは、それなのに復習をしていないように言われているようで、あまり好きじゃない」と続けます。 
この理由は鈴木くんも同じ。「できなかった単元を復習するのがいいなんてわかりきっていること。それを言われてもうれしくないし、やろうと思っていたことを母から言われると、イラッとしちゃう」(鈴木くん)

過去問に取り組むのは、6年生の夏休み以降が一般的。子どもたちはそれまでにひと通りの復習は終え、実戦問題に取り組んでいる時期です。Cの復習を勧めるアドバイスは、”具体的な不安解消の手段の提示”と子どもが考えられれば、うれしい声かけになりますが、「復習が足りないのでは?」という指摘として受け止められる可能性もあるようです。子どもがそれまでにどのように努力をしてきたのか、性格や理解度と合わせて、適した声かけを選ぶ必要がありそうです。 
Bについては、「いきなり塾の先生に相談するより、まずは親に相談したい」(川端くん)、「先生に相談するほど深刻なのかなと思っちゃう」(古賀くん)など、否定的な意見が目立ちました。

→次ページから、CASE4を紹介します。
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。