中学受験は、子どもにとってはもちろん、お母さんにとってもわからないことだらけ。
「どう子どもをサポートしていけばいいのか……」という受験生お母さんのお悩みに、
現在、子どもが難関中学校に通う先輩お母さんが、アドバイスをします!
中学受験を乗り越えたからこそわかる、母と子のコミュニケーションの在り方とは?
さまざまな経験談には、たくさんのヒントがつまっています。

三浦 陽子さん(仮名)
武蔵中学に通う、息子を持つお母さん。受験期は、「食事作り」と「精神的サポート」を担当。娘も中学受験をして、現在私立高校に通っている。
向井 美智子さん(仮名)
駒場東邦中学に通う、息子を持つお母さん。「穏やかで、のほほんとしたタイプ」だという息子をサポートし、見事合格を勝ち取った。
松田 美穂さん(仮名)
女子学院中学に通う、娘を持つお母さん。小6の初めに入塾という、遅いスタートだったが、母と子が二人三脚で勉強に取り組み、受験を乗り切った。

相談1
娘が突然「受験をやめる!」と言い出したので、驚いています。

小5の娘が、突然「受験をやめたい」と言い出しました。受験への不満を、今まで特に聞いたことはなかったので、てっきり前向きに取り組んでいると、信じていました。子どもの言うことなので、ただの気まぐれかもしれないと思い、今はとりあえず様子を見ています。塾には相変わらず通っていますが、これから受験勉強が本格的になっていく中で、またこんなことを言い出すのではないかと、不安です。娘にどう声をかけていいやら……。

「やめる」一歩手前の中だるみにも要注意

松田さん(以下、松田):うちも娘が、志望校を決めてから、「やめようかな」と言ったことはありましたね。話を聞いてみると、「志望校を変えるぐらいだったら、受験しない方がいい」と考えたらしくて。テストの結果が思わしくないと、子どもって不安になるでしょう。それで、そんなことを言い出したんだと思います。頭ごなしに否定して、かえって気持ちが頑なになってもいけないと感じたので、「やめたかったら、やめてもいいよ」と答えて、「やめる」一歩手前の中だるみにも要注意のあとで「ただ、後悔しないためにも、せっかく勉強を続けてきたんだから、受けるだけは受けてみたら」と声をかけました。

向井さん(以下、向井):「やめたい」という言葉を聞いたことはなかったんですけど、受験に対する意欲が常に高かったかというと、そうでもなかったと思います。四谷大塚の授業は楽しそうでしたが、6年生の夏あたりまでは志望校が決まっていなかったせいか、受験生という意識は低かったですね。

三浦さん(以下、三浦):うちも「受験をやめたい」と息子が口にすることはなかったです。でも、やる気が出ない状態には何度も陥っていました。4年生から塾へ通っていたせいもあるかもしれませんが、6年生の前半頃までは、どうしても中だるみの時期ができてしまうのは、仕方ないのかもしれないですね。

向井:小学生だし、気分のムラはありますよ。だから、松田さんがおっしゃったみたいに、私も本人が「どうしても受験をやめたい」と言い出したら、まず「やめてもいいよ」と声をかけると思います。それで、やっぱり「やめたい」と言い出した理由を探るために、とことん話をするのが一番なのかなと。

三浦:息子が中だるみの状態に陥り、話し合うときには、「そもそもなぜ受験することになったんだっけ?」というところから始めるんです。まず、姉の中学受験合格に触発されて、通塾したいと言い出した頃の、初心に立ち返らせます。次に、受験をする場合としない場合とで、それぞれの中学生活をなるべく具体的にイメージし、シミュレーションしてみます。その結果、私立でなくても充実していると思えれば、それでもよいと思っていました。ただ、息子の場合は、いつも「やっぱり受験する」となったので、「そのためにはどうしたらいいか、考えてごらん」と答えていました。具体的に想像できた分、本人の気持ちは上向いたようです。

松田:娘が受験をやめたがったときに、「私立の女子校は、高校から入れるところが少ないから、公立中学に進学してから気持ちが変わっても、もう志望校には入れない。それでもいいの?」と言ったことはあります。子どもが選択した結果を、イメージしやすい情報を与えてあげるのは大事かも。


受験をやめたらどうなるか、できるだけ具体的に話し合ってみるのも手。


相談2
私が勉強に口を出すことを、拒否するようになりました。

今まで息子と私は、一緒に勉強をしていました。難しい問題の解法を考えたり、学習スケジュールを組んだりなど、私もいろいろと口を出していたのですが、最近、それを拒否するようになりました。「大丈夫、大丈夫」と言って、ひとりで勉強をしています。小6にもなったので、これも成長のひとつと思う反面、本当に勉強しているのか心配でもあり……。こういう場合、やはり親はあまり声をかけずに、放っておいた方がよいのでしょうか。

口を出すことよりも追いつめるのがNG

向井:これは受験を終えてから、息子の同級生のお母さん方とお話をしているときに、聞いた話なんですけれど。子どもがやる気を出しているときに、親が口を出すのは逆効果だと、塾の先生に言われた方が、意外と多いんですね。自分自身を振り返ってみると、追い込みの段階で、親の方がつい焦って、口を出してしまうことがありました。「お母さん、ちょっと落ち着きましょう」と、塾の先生に助言をいただいたりも……(笑)

松田:私も、口は出しました。うちの娘の受験は、親子二人三脚型で、勉強はリビングでさせ、常に様子を見ながらといった感じでしたから。

向井:私も、横で勉強しているのを見ていて、子どもの手がずっと止まっていたりすると、「5分考えてもわからないときは、後回しにしなさい」と言ってしまうんです。干渉しすぎると、よくないというのはわかるんです。ただ、親子の関係性や子どもの状態によっては、親がリードしてやらないといけないケースもあるんじゃないかと。

三浦:うちは、直接勉強を見てあげるのは、夫の役割でした。ときどき息子が、夫に反抗的な態度をとったことはありましたね。それでも、少したってわからないことが出てきたら、また夫に聞いてくるんです。だから、私としては、親に対してたまに反発するのは、成長の一過程だと考えるようにしました。

松田:結局、子どもの側が「うるさい」と感じるかどうか、感じたとして、強い拒否反応を示すかどうかは、親のちょっとしたものの言い方や、行動に原因があるのかもしれないですね。口は出しても、追いつめてはいけないというか。うちは子どもが勉強をしているときは、私も横で家事や仕事をするんです。隣でテレビを観て笑いながら、ときどき振り向いて「ちゃんとやってる?」では、子どもは親の言葉を聞く気にならないですよね。

三浦:やる気になっているんだったら放っておいてもいいけれど、親をうるさがるからと言って、放っておいた方がいいと考えるのは、やっぱり違う気がしますね。どんなときでも、子どもを見守ることは、必要ですよ。きちんと見守っていれば、「放っておいて」と言うことが、やる気になっているからなのか、テレビやゲームに逃避しようとしているからなのかは、すぐにわかります。やる気がなくなって干渉されるのを避けたい状態なのだとしたら、口うるさがられても、子どもと向き合って、話をした方がいいですよね。

向井:どこまで口出しするかは別にして、特に受験期は、子どものことを把握する努力は、絶対にしないと。小学生のうちは、少なくともスケジュール管理を親がサポートしてあげなければ、目標に向かっての勉強も長続きしないと思うんです。

松田:スケジュール管理は、見守ることにつながります。立てた計画どおりにいかなくても、把握はするように。

子どもの状態を、把握することが大事。ときにリードすることも必要。


相談3
テストの結果に一喜一憂、もう少し余裕を持ってほしい。

テストや模擬試験の結果によって、大泣きしたり、自信過剰になったりと、平常心を失っているように見える娘。テスト前になると、ひどく緊張してしまうのも、とても気になっています。受験に対して、無関心ではない表れだと思い、一応褒めることだけは、しっかりとやっているつもりです。ただ、母親として、娘にはもっと力を抜いて、余裕を持ってほしいとも思っているのですが、なかなかいい接し方が見つかりません。

落ち込んだら励まして浮かれたら抑える

松田:合不合判定テスト※の結果に、一喜一憂することは、うちの場合もありましたね。本人ががんばったという気持ちになっているときに、結果が伴わないと、ショックも大きいようです。そんなときは、こちらも「そういうときもあるよ」と、声をかけるぐらいしかないんですよね。ただ、試験当日のことを思い返してみて、些細なことでも、いつもと違ったことがあれば、そのことを言ってみるんです。「あの日はぎりぎりになって出かけたでしょう。時間に余裕を持って出かけていたら、結果は違ったんじゃない」という具合に。

三浦:それはうちも同じですね。こじつけでもいいから、何か問題解決の糸口になりそうな理由を、見つけてあげていました。

松田:ええ。本当の理由は、別のところにあっても、とりあえず子どもが「ああ、そうか」と思えば、気持ちが軽くなり、立ち直りは早くなりますよ。

三浦:うちの子は、入試でかなり緊張してしまったらしくて、一月の受験校には、合格できなかったんです。所属している野球チームが試合で負けても、たいして悔しがったりしないし、勉強の成績が悪くても、ひどく落ち込んだりしないから、どちらかと言うと神経は太い方なのかなと、思っていたぐらいなんです。だから、私の方も、何とか励まさなくてはという気持ちになりました。それで「こういう結果になったのは、あなたが本当に行きたい学校ではなかったからだと思うよ。本当に自分にふさわしいところには、絶対に行けるから」と言ったんです。無責任かもしれないし、根拠に乏しいと言われれば、それまでなんですが、やはり私も松田さんと同じように、親がとりあえず、何らかの理由を見つけてあげて、まず心の平静を取り戻させる方がいいと思います。

向井:わが家は、親の方が一喜一憂していましたね(笑)。息子は穏やかな性格の分、何を考えているのかを、私が理解できないことがよくありました。それでも、まったく感情の起伏がないわけではないので、当たり前のことですが、本人が落ち込めば励ますし、浮かれたら抑えるということは、意識的にやっていました。

三浦:そうなんですよね。落ち込んだら、励ます。浮かれたら、抑える。うちは夫が勉強の面倒を見ていたので、私はメンタルケアの役割に徹して、そればかりやっていました。

松田:うちもです。ダメだったときは、あれこれ言って励ます。結果が思いのほかよくて、得意になっているときは、「上がり下がりをくり返しているうちは、まだ本当の実力じゃないのよ」と、きつめのことを言っていました。


※合不合判定テスト=四谷大塚主催の志望校判定のための模試

とりあえずでもいいから、原因を見つけて子どもを納得させる。


相談4
のほほんとしたわが子が心配。本当に、合格したいの?

小6の息子は、「志望校に合格したい」とは口で言いながらも、必死になって勉強をすることもなく、その思いがまったく行動に表れていません。何とかなるだろうと思って、のほほんとしています。むしろ、母である私の方が焦ってしまい、ストレスが溜まる一方。「がんばれないなら、受験をやめよう」と、何度言いかけたことか。合格したいという気持ちを、行動につなげさせるには、どのような声がけをすればよいのでしょうか。

本気度アップは夏休み明けが目安

三浦:受験の頃を思い返すと、子どもの目の色が変わる境目というのは、やはり小6の夏休みなのかなと思います。後期の授業が始まったときに、「まわりの生徒たちの雰囲気がまったく違う」と感じるらしいんです。受験勉強が真剣味を帯びてくる感じというか、教室の空気の変化を、子どもが感じ取るんでしょうね。

向井:学校別対策コース※に入る場合は、特にクラスの雰囲気が違うようです。志望校を決めるというのが、まず第一段階としてありますよね。目標を決めると、本人がいきなり本気になるかというと、そうでない場合も多いと思います。まわりから刺激を受けながら、やる気のエンジンがかかっていくのではないでしょうか。

松田:うちの娘も、学校別対策コースのテストを9月あたりから毎週受けるようになって、目の色が変わってきました。名前と順位が発表されると、焦りと同時に、やる気に火がつくようです。ただ、まわりのみんなが敵だというよりは、「一緒にあの学校を目指そう」という、連帯感が強くなっていく感じでしたね。

向井:やはり志望校を明確にして、意識させるというのは、大きいですよね。うちの息子も目標がはっきりしていないうちは、算数の問題が好きだから解いているという感覚だったと思います。得点まで意識がいっていないんです。だから、少し難しい問題に出くわすと、簡単につまずいてしまう。やはり「合格したい」という気持ちがないと、そこから先に行くのは大変なのかもしれないですね。

松田:本人のやる気を育てるためには、志望校の話をするのがいいと思います。意識的に、文化祭や学校見学に行ったときの話題を、持ち出すことはありました。

向井:過去問を解かせるというのも、効果がありましたよ。10月頃から始めるのが一般的なんでしょうけれど、うちはひと月程早く始めたんです。終盤では、併願校も含めて、何度もやらせました。やはり難関校の問題は、最初はいい点が取れないから、本人もショックを受けていました。だけど、間違えたところを何度もやらせて、出題の傾向を把握し始めると、少しずつ自信がつくみたいです。

三浦:過去問は、自分の受験を実感する、いいきっかけになるかもしれませんね。

向井:それから、うちは6年生になったときに、「このクラスに入っておかないといけないよね」とか「この段階だと、これはわかるようになっておかないといけないよね」といった話は、よくしていました。ただ、本人が本気になるのは、2学期になってからでも間に合うと思います。それより「そんなことでどうするの!」と親が焦りすぎる方が問題かもしれませんね。かえってよくない結果になったという話も、耳にしましたから。

三浦:うちの子たちも、当時を思い出して「夏が来れば(意識がひとりでに)変わるんだよ!」と言っていましたよ(笑)。


※学校別対策コース=難関校志望者のための特設コース

今の段階では何をすべきか順々に説明して、受験の実感を抱かせる。




相談5
「疲れた」「眠い」と言って、なかなか勉強に身が入りません。

机に向かったかと思うと、すぐに「疲れた」「眠い」と言い始める娘。なかなか勉強に身が入りません。眠いときにむりやりやらせても、頭には入らないだろうと思い、「じゃあ、今日は寝なさい」と言っていたのですが、「ただ勉強が嫌だから言ってるのでは?」と感じるようになりました。このまま、塾の勉強について行けなくなるのではないかと、心配しています。どのように娘を指導していけばよいのか、アドバイスしてもらいたいです。

ただ眠いのではなくSOSサインの場合も

松田:小学校のときは、学校行事で体力を消耗してしまうこともあるみたい。うちの子もしょっちゅう「眠い」と言っていたんです。やっぱりそんなときに、無理して勉強させても、効率が落ちるだけなので、眠いときは寝かせるようにしていました。その分「朝早めに起きてやろう」と決めて。守れないことも、ありましたけど(笑)。

三浦:うちは野球をやっていて、練習を終えた後に、塾でテストという日もありました。ひと目で疲れているのがわかる程でしたから、眠いときには無理をしてまで勉強させずに、翌日に持ち越させていましたね。秋以降は、野球の方はお休みして、受験に集中させるようにしました。

向井:こういう場合、「眠い」「疲れた」という言葉が、本当に疲れて眠いから出たのではなく、本人がやる気をなくしているのを、知らせるサインかもしれないですよね。そのあたりは、親が注意深く見分けてあげるしかないと思うんです。うちは難しい問題ばかりやっていたときに、子どものやる気がなくなっていくのが、目に見えてわかりました。やさしい問題と交互にやらせたり、得意な教科をやらせたりして、気分を変えさせていました。

松田:うちは勉強に疲れてきたと思ったら、漢字をやらせていましたよ。

三浦:やっぱり、集中力を持続させるために必要なのは、メリハリです。同じことをだらだら続けていたら、大人だって飽きてしまうわけだし。疲れてきたら、優先順位を決めて、絶対やらなければいけないこと以外は、後回しにして休ませる方が、効率が上がるはず。気分転換のためには、めいっぱい遊ばせる時間も考えてあげないと。お正月は、家族でボードゲームやすごろくをやって、盛り上がりましたよ。

松田:ゲームは30分、テレビは1時間と決めると、メリハリがつきますよね。

向井:うちはある時期から、「11時に寝て、7時に起きよう」と言ってました。守らせるのは大変でしたが、習慣にすると睡眠不足解消にもなったようです。

やる気低下のサインかも。学習スケジュールの調整で、サポートしてあげよう。


先輩お母さんから受験生お母さんへ

・中学受験の勉強は、無駄になることは決してありません。今後の学びの中で、必ず活きます。子どもの成長を実感できる貴重な体験を、楽しんでくださいね。(松田さん)
・中学受験は、子どもと真剣に向き合えるいい機会です。今は辛いかもしれませんが、「中学受験は、いい思い出だ」と思える日が必ずやって来るはずです。(向井さん)
・私は、合格発表の当日まで、ずっとプラス思考を貫いていました。悩みは尽きないと思いますが、すべてのものをプラスに考える姿勢は、とても大切ですよ。(三浦さん)


サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。