父親はシングルスーツが一般的。ネクタイの柄で悩む人が多いが、派手すぎない普段仕事で使用しているもので◎。 母親は落ち着いた色のスーツを着る人が多い。靴は、ミュールではなく、かかとが覆われているものを選びましょう。 男子はセーターもしくは白 シャツとセーターに、紺のジャケットを羽織るのが主流靴は歩きやすいものを選ぼう。 女子はシャツにカーディガン、紺のジャケットを羽織る子が目立つ。灰色かベージュのチェックスカートが多い。

自分の言葉で誠意を持って伝えよう

中学受験では、およそ10.20年前から面接をとりやめる学校が増えました。今日では、男子校は、早稲田大学高等学院中学部や慶應義塾普通部などの例外はありますが、ほとんどの学校で面接を実施しません。しかし女子校では、桜蔭や女子学院、頌栄女子学院、光塩女子学院、日本女子大附属、横浜共立学園など、面接を行う中学があります。 面接の形式は、受験生のみの面接、保護者同伴面接、受験生と保護者が別々に受ける面接、受験生のグループ面接などさまざま。面接時間は5.10分程度というのが一般的なようです。 面接では、多くの学校で志望理由を聞かれます。どのように答えればいいのかが気になるところですが、よほどのことがない限り、面接の話の内容で合格・不合格が決まることはないので、心配いりません。面接は、事前に学校の教育方針を伝えるために実施する学校も多いのです。 基本的に受験生自身は、回答の内容うんぬんというより、自分の言葉で話をすることができれば、問題はないでしょう。たとえ緊張のあまり言葉がうまく出なかったとしても、かえって真剣に受けているとみなされますのでご安心を。保護者についても、誠意を持って準備をし、自分の言葉で語れば、その思いは学校側にも伝わります。変に飾った回答を暗記して臨む必要などはまったくありません。

有名校に聞きました!我が校が面接を行う理由!

面接実施校 慶應湘南藤沢、日本大学第二、明治学院、立教池袋(2回のみ)、桜陰、学習院女子、光塩女子学院、頌栄女子学院、香蘭女学校、白百合学園、湘南白百合学園、女子学院、女子美大付属、日本女子大学附属、雙葉、横浜雙葉 など

早稲田大学高等学院中学部 中山匡先生

「どんな子が早大学院を志望しているのか」という思いから、面接を実施しています。面接方法は3~5人のグループ面接なので、あまり緊張せずに受けてもらえると思います。早大学院は、活発で行動力のある生徒が多いです。「面接が嫌だから受験しない」のではなく、本当に入りたいという思いを持って、そのハードルを乗り越えて来てください。

慶應義塾中等部 斎藤慶典中等部部長

「受験生のみ」と「受験生と保護者」の2種類の面接を実施します。受験生のことはもちろん、ご家庭の雰囲気を知っておきたいと考えているからです。面接は、筆記試験ではわからない「受験生の優れたところを見つける」ため、ポジティブな採点方針を採用しています。入学後に、どんなことをやってみたいか、積極的にアピールしてください。

立教女学院 山岸悦子教頭先生

立教女学院はキリスト教の学校であり、礼拝やクリスマスなどの宗教行事を行っています。面接は、受験生と保護者にそのことを確認するためのものです。合否に関係ありません。面接を行うようになって、学校のことをよく知って受けてくれる方が増えました。校風や建学の精神、教育方針など、どこに惹かれて志望されたかをお聞きしたいと考えています。

フェリス女学院 相原伸子先生

学業面だけでなく、受験生がどんな子なのかを知りたいと思っています。小学校時代や家庭でのお話など、グループ面接の形で聞きます。ゆっくり考えるタイプ、すぐに考えがまとまるタイプなど、それぞれの個性があるので、無理に「こうしなければ」と焦る必要はありません。服装も、着替える場所などもありませんので、普段着で大丈夫です。

いきなり「ラッピングをしてくだ
さい」と言われたそうです。娘は
不器用なりにも、堂々と乗り切
りました。(女子学院)
「どんなゲームで遊ぶのか?」と
いう質問は、スポーツやクイズ
に関連づけて答えていました。
(同志社)
「アウトドアが好きです」と言っ
たら、細かい登山口の名前を聞
かれてしまい、とても焦ったそ
うです。(東洋英和女学院)
英語以外に学びたい外国語を聞
かれ、「フランス語。歴史ある国
なので行ってみたい」と答えたよ
うです。(慶應義塾普通部)

よく聞かれる質問 回答を考えておこう!

  • この学校を志望した理由はなんですか?
  • 趣味・特技は何ですか?
  • 入学後はどのクラブに入りたいですか?
  • 得意科目・不得意科目はそれぞれ何ですか?
  • 将来はどんな職業につきたいと考えていますか?

  • 1 石けんでしっかりと手洗い
  • 2 うがいをして病原体を追い出す
  • 3 食事と睡眠を十分にとる
  • 4 鼻を十分に覆えるマスクをする
  • 5 乾燥は大敵!効果的な加湿を!

インフルエンザ・花粉症は早めの対策で予防する!

受験期は、風邪やインフルエンザ、花粉症の流行が予想されるため、前もって予防と対策をしておきましょう。 昨年、若年層を中心に大流行した豚由来の新型インフルエンザ。今年の流行予想について、大和高田市立病院小児科の清益功浩先生にお聞きしました。 「昨年より、従来の季節性インフルエンザである〝A型ソ連〞というタイプが、見られなくなりました。ですので今後は、昨年流行した新型タイプが季節性に変わっていくと考えられます。この冬は例年通り、1〜2月に流行のピークを迎えるのではないでしょうか」

昨年、新型インフルエンザに感染していない人は抗体がないため、第2波と呼ばれる現象が起こると、大流行する可能性もあるとか風邪は、さまざまなウイルスが原因となって起こります。 「ウイルスは咳やくしゃみ、痰、唾などでうつります。空気が乾燥すると咳から出てくる唾や痰が小さくなり、飛散しやすくなります。さらに、低温のためにウイルスが生存しやすくなり、感染してしまうのです」 風邪やインフルエンザは重症化する恐れがあるので、かかってからの対処より予防することに重点を置くべき。 「うがいや手洗いといった、日々の生活での予防はもちろん大切ですが、インフルエンザには予防接種が最も有効的です。約1か月後に効果を発揮するので、流行する1か月前までには接種するのが望ましいでしょう。効果は6か月程度持続します」 また、今や国民病とも言われる花粉症も、ちょうど受験期にシーズンを迎えます。春先の花粉で有名なのがスギ花粉。5歳から9歳までの有病率は13・7%、10歳から19 歳までは31・4%と言われており、低年齢化が進んでいます。 「花粉飛散量は多い年と少ない年が交互に来ます。今年は少なかったので、来年は多いと予想されます。さらに、夏の日照時間や最高気温、降水量によっても左右され、今年は猛暑で晴れた日が多かったことを考えると、例年になく多い年になりそうです。今年と比べると、関東や東海では7.8倍、近畿では10倍と予想されています」 花粉症予防に必要なのは「花粉を減らす」「体内への花粉の侵入を防ぐ」「花粉に反応しにくくする」の3点。 「家の中に花粉を持ち込まないようにするため、帰宅時には衣服や髪の毛を払うなど、毎日の心がけが必要。晴れた日や風の多い日は飛散量が多いので、できるだけ外出を避けるといいでしょう。特に、花粉が飛散し始める朝と、空中に飛んでいる花粉が落ちてくる夕方は、できる限り外出を避けましょう。また、眼鏡やマスクの使用も効果的です。症状が重くなると薬の効果も悪くなるため、症状の軽い間に、医療機関で治療をする方法もあります」

当日に突然の体調不良!慌てず的確に対処する

体調管理をしていたにも関わらず、受験当日に突然、体調不良になってしまうこともあります。そのような場合はどう対処すればいいのでしょうか。

●のどの痛み のどの痛みは「乾燥を防いで潤おす」が鉄則。うがいとトローチを舐めると一時的にのどの痛みは軽減できます。

●鼻づまり 一時的に鼻づまりを抑えるには、血管収縮薬の点鼻薬が効果的。しかし連用するとかえって鼻づまりがひどくなることもあります。また鼻の分泌を抑える市販の風邪薬には、眠気の出る抗ヒスタミン薬が入っているので注意が必要。鼻を体液 に近い塩水で洗浄する方法もありますが、熱すぎても冷たすぎ ても刺激になるので、ぬるめを使いましょう。

●頭痛 鎮痛解熱剤(痛み止め)が有効。医療機関で処方されるものと、市販のものはほとんど変わりないので、ドラッグストアで購入しても構いません。

●鼻血 鼻を冷やして、綿の詰物をしてください。少なくとも30分は詰めておきましょう。鼻は一度傷つくと鼻血がでやすくなるので 、普段から鼻血を繰り返しているならば、入試前に耳鼻科で処置をした方がいいでしょう。

自身も中学受験を経験し、親として経験もある清益先生。 「志望校への入試は1回勝負のことが多いため、これまでの成果を発揮するためにも、健康管理は怠らないようにしましょう。本人が気をつけるのはもちろん、家族の協力が不可欠です。家族みんなが風邪をひかないように、日頃の生活でも心掛けてください」

腹痛
電車の中でお腹が痛くなりました。最悪降りるつもりでしたが、ストッパ(水なしで飲むことができる下痢止めの薬)を飲んでしのぎました。(渋谷教育学園渋谷)
めまい
あまりの緊張で、めまいを起こしてしまいました。電車には乗らない方がよいと判断し、タクシーで受験校の近くまで移動しました。(海城)
吐き気
もともと吐きやすい体質でしたが、やはり受験日当日も具合が悪くなりました。どうしようもないので、「今まで苦労したことを思い出せ」とひと言言って会場に入れました。(日本大学第二)
発熱
入試前々日に38度の熱を出し、注射を打ちました。精神的に参っていたので、面接では正直に「熱が出た」と言わせ、ありのまま、リラックスして答えるよう言いました。(山梨英和)

慌てずこなそう!これだけはやっておきたい3つのこと

受験期間のスケジュールを1 枚にまとめよう

入試日が集中する2月1日からの数日間は、合格発表や入学手続き締め切りなども集中します。複数校を受験するとこのような情報が錯綜し、「入学手続きの締め切り時間を勘違いして、入学ができなくなる」などということになりかねません。いつまでに何をするのかという、スケジュールを1枚の紙にまとめて、常にチェックをしながら行動しましょう。」

学校への交通ルートは複数把握しよう

事故による電車の遅延に備えて、志望校までの交通手段を事前に複数確認しておくのは、もはや常識。同じ駅を複数の学校が最寄駅としている場合は、学校までの道のりにも注意。駅から受験生の人の流れのままに歩いたら、受験校とは違う学校だったということもまれにあります。受験する全ての学校の位置を、しっかり確認しておきましょう。

天気予報を確認しておこう

入試日の天気も、前日に調べておきましょう。気を配るポイントは主に、雪が降りそうなのか、気温は低すぎることはないか、という2点。雪が降りそうな場合、交通機関の遅れを予測して、少し早めに起きて家を出るべき。また、この時期は、雨が降ると地面が凍結してしまうこともあるので、当日履いていく靴にも注意が必要です。

雪が降ることも想定し万全の準備を

学校の下見は必ずやっておくべきことですが、併願校についてはやっていないというご家庭も意外に少なくありません。6年生の11.12月のこの時期、受験生本人は勉強やテストで下見どころではありませんが、万一の事態に備えて、保護者だけでも下見に行くことをおすすめします。下見で一般的な交通ルートを確認したのち、それとは違うアクセスを2つくらい調べておけば万全でしょう。

入試当日に雪が降って、交通機関に遅れが生じることもあります。近年では、2008年2月3日に、東京で雪が降っています。雪のために電車が遅れ、別の交通ルートに変更したところ、かえって遅れがひどくなるというケースも考えられます。事前に雪の場合の対策を示している学校や、試験の開始時間を遅らせるなどの対応をする学校もありますので、焦らず冷静に行動しましょう。

そして、入試2日目、3日目を迎える頃に効果を発揮するのがスケジュール表です。いろいろな書き方がありますが、自分や家族が使いやすく、間違いがない形式を選びましょう。〝行動する人.と〝日時.を軸にするといいかもしれません。たとえば、「2月3日は、お父さんは10時にA中学の合格発表を確認して、結果を14 時にお母さんに電話」「同日、お母さんは、子どもが受験する9時からのB中学の入試に付き添い。試験終了後、14時にお父さんからの電話を受け、その結果によって、2月2日に合格を決めている併願校の17時締め切りの入学手続きをする」といったことがわかるような表を作ります。そのスケジュール表には、学校の住所や最寄り駅、電話番号なども記入しておくと、もしものときに便利です。これさえあれば間違えないというスケジュール表があることで、心にも余裕ができるはずです。

願書は何度も読むこと雨ならば靴下の替えも

スケジュールとは別に作っておきたいのが、試験会場への持ち物リストです。基本的に、筆記用具と受験票さえ忘れなければ問題ありませんが、学校によっては上履きやコンパスなどを持参しなければならないこともあります。必要なものは、入学要項あるいは願書に明記されていますので、早めに確認しておきましょう。当日何を持っていくかをあれこれ考えすぎて、逆に願書に明記されている必ず持っていかなければならないものを、忘れてしまうという人も少なくないとか。

受験票についてありがちなのが、保護者が持っていて、学校の入り口で子どもに渡すのを忘れるというパターン。前日に受験生のカバンに入れておくのが、最も間違いが少ないようです。また万が一、受験票を忘れても、学校に事情を話せば受験は認められることがほとんどです。親が取り乱すと、試験を控えている子どもも動揺してしまいますので、落ち着いて再発行を申し出ましょう。

寒い日の必需品は使い捨てのカイロ。かじかんだ手の感覚を早く取り戻したいときにも有効です。身体に貼り付けるタイプのカイロもありますが、暖房の効いた試験会場で、温度が上がりすぎて、かえって受験生の体調が悪くなることもありますので、取り外しのしやすいものを選びましょう。温度調節に気を配るという意味では、カーディガンのようなすぐに着脱が可能な上着を着ていくと、室温の変化に対応できます。また、雨や雪で足元が悪いときは、冷たい靴下で身体を冷やすことのないように、靴下の替えも用意しましょう。

ダンボールの端切れを持たせました。イスががたがたしたときに、それを挟んだそうで、役に立ったようです。(鷗友学園女子) 子どもは、参考書ではなく好きな本を持っていきました。休み時間に読んで、リラックスできたそうです。(サレジオ学院)
親子それぞれが大きめのエコバックを持って行きました。コートを入れるのに、役立ちました。(文化女子大学附属杉並) 子どもの筆箱やお弁当箱に「がんばれ」というメッセージを入れました。かなり励みになったとのことです。(日本大学第一)

これで完璧!親がやることチェックリスト

入試本番に向け、親がやることを月別にまとめました。 万全の準備で子どもをサポートしてあげましょう!


pdfをダウンロードする
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。