医療系
医師
医師の働き方は大きくふたつ。患者に対して直接病気や怪我の治療、予防を行う「臨床医」。そして、病気の原因や病気そのものの研究にあたり、さまざまな治療法を探求する「研究医」。どちらもその目的は同じ。それは、一人でも多くの患者を救い、よりよい医療を提供すること。医師になるには、大学医学部の6年制の課程を修了し、医師国家試験に合格する必要があり、医師免許取得後は2年間の臨床研修が課せられる。

関連学部・学科:医学部・医学科
歯科医師
虫歯の治療や歯列の矯正を中心に、顎や口腔なども治療の対象とする歯科医師。歯や口腔に異常があったり、咀しゃく機能が低下してしまうと、身体のほかの部分に支障が出ることもあり、歯科医は重要な役割を担っている。歯科医になるには、歯科大学や大学歯学部の6年の課程を終了し、歯科医師国家試験に合格する必要がある。また、歯科医院を開業する場合は、歯科医師免許取得後1年以上の臨床研修が義務づけられている。

関連学部・学科:歯学部・歯学科、歯学研究科、口腔保健学科など
薬剤師
薬剤師とは、医薬品の製造や調合、調剤を行うことができる国家資格を持つ人のこと。病院や薬局に勤務し、医師の処方箋に基づいて調剤を行い、患者に薬を渡すことが一般的な薬剤師の仕事。そのほか、製薬会社で医薬品の研究開発を行ったり、公的機関で土壌・水質検査、薬品検査などにあたることもある。薬剤師になるには、大学の薬学部の6年制課程を修了し、薬剤師国家試験に合格する必要がある。

関連学部・学科:薬学部・薬学科、医療薬学科、生命創薬科学科など関連学部・学科

看護師
医療チームの一員として、医師が行う診療や治療のサポート、患者の身体的、精神的な苦痛を和らげ、日常生活の援助を行う。患者にとっては、医師以上に身近な存在であり、果たす役割は大きい。看護師になるには、看護師養成課程を経て看護師国家試験に合格する必要がある。かつては短期大学や専門学校の3年制課程が一般的だったが、医療の専門化・高度化にともなって、4年制大学の看護学部への進学者も増えている。

関連学部・学科:看護師看護学部、看護系の短期大学、専門学校など
獣医師
病気や怪我を負った動物の治療に加え、狂牛病や鳥インフルエンザなどの家畜の伝染病を予防するための研究、絶滅危惧種の保護なども獣医師の仕事。動物病院のほか、公的機関の職員、動物園や水族館、大学や製薬会社など、活躍の場は広い。言葉を持たない動物が相手になるため、優れた洞察力が求められる。6年制の獣医学の課程を修了し、獣医師国家試験に合格すると獣医師免許を取得することができる。

関連学部・学科:獣医師獣医学部、農学部・獣 医学科など



理工系
宇宙飛行士
ロケットなどに搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)の操作・保守にあたる。そのほか、地上と異なる環境を利用した宇宙実験や船外活動など、さまざまなミッションを担当する。宇宙飛行士になるには、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の募集に応募し、採用された後に基礎訓練を修了する必要がある。その応募条件は厳しいものだが、人類の夢ともいえる宇宙に迫る仕事とあって、やりがいは大きい。

関連学部・学科:理学、工学、医学などの自然科学系の学部関連学部・学科
ロボット設計技術者
よくイメージされる二足歩行のものだけでなく、広い意味では、工場の自動化を支えるオートメーション機器もロボットの範疇に含まれる。そうした産業用ロボットでは、安全性と生産性の両立が鍵となる。また、ロボットの挙動を制御するソフトウェアの開発も、ロボット設計技術者の仕事。こうした、「商品としてのロボット」の設計に従事するほか、大学や企業の研究所でロボットの研究にあたる道もある。

関連学部・学科:工学部、機械・電子系 の専門学校など
エンジニア
エンジニアとは、「技師」「技術者」のこと。ものづくりの過程で開発・設計を行ったり、機器の操作や運用、保守にかかわる仕事全般を指す。そのため、機械・航空・造船・宇宙、電気・電子、森林・水産など多分野にまたがり、生産をともなうすべての産業に存在すると言ってよい。一般に工学や理学の分野の知識を持ち、国家試験である技術士第二次試験に合格すると、「技術士」の資格を得ることができる。

関連学部・学科:工学部・機械工学科、土木工学科、電気工学科など

建築士
一般に「建築士」と言うと、国家資格である一級建築士、二級建築士、木造建築士のいずれかの免許を取得した人を指す。中でも、一級建築士の資格を取得すると、自身の設計事務所を開業することができ、街づくりなどの分野にまで仕事を広げることができる。一級建築士の資格を取得するには、大学や高校の建築にかかわる専門教育を修了し、建築にかかわる実務経験を2年以上経験し、国家試験に合格する必要がある。

関連学部・学科:建築士工学部・建築学科、土木工学科など
IT関係エンジニア
コンピューターの技術革新とともにニーズが増しているのが、IT関連のエンジニア。コンピューターシステムの開発や設計を行うシステムエンジニア(SE)、大量の情報を迅速に、正確に処理するためのプログラムを作成するプログラマー、コンピュータネットワークの設計、構築、運用、保守にあたるネットワークエンジニアなど、その職種は多彩。必須となる資格などはないが、日々進む技術革新に対応していく姿勢が求められる。

関連学部・学科:IT関連エンジニア情報理工学部、環境情報学部、理工学部など



その他
研究職
研究者とは、何らかの学問の研究を専門とする人のこと。「研究者」と言った場合、大学や研究機関、研究所などで研究員として働く人を思い浮かべるが、働き方はそれだけではない。製薬会社や医療機器メーカー、食品・飲料メーカーなどに勤め、企業の利益につながる製品や技術を研究する道もあり、その活躍の場はあらゆる分野に広がっている。企業の研究職から、大学や公的研究機関に転身する例も少なくない。

関連学部・学科:研究職自然科学系の各学部
教職
教職、と聞くと教育学部を思い浮かべるが、所定の教職課程を履修すれば、理系の学部であっても、中学校や高校の教員免許を取得することは可能。理系の知識を活かし、養護教諭や栄養教諭になる道もある。そのほか、理系の学部を卒業後、大学院に進んで研究を続け、修士、博士の学位を取ることで、大学の教授になる道も開かれる。近年、教員免許を持たない博士号教員を採用する教育委員会も増えている。

関連学部・学科:理系の各学部
開発職
開発職とは、機器メーカー、食品・飲料メーカーなどの企業に就職し、新しい製品や技術を生み出す人のこと。研究職が新たな法則や定理などの発見を目的にした「基礎研究」を中心に行うのに対し、基礎研究の成果を応用し、製品に結実させたり、従来の製品の品質や性能を向上させるのが開発職の仕事。具体的な製品を生み出すことが、その使命だ。メーカーの企業戦略において、重要なポジションだと言える。

関連学部・学科:理系の各学部

金融専門職
文系のイメージが強い金融の世界だが、高度な数理能力や論理的思考力を持つ人財へのニーズが高まり、理系人財が重宝されている。確率、統計などを用いて保険や年金にかかわる問題を解決するアクチュアリー、高度な数学理論を使って株式市場を分析するクオンツ、証券や為替の取引を行うディーラーやトレーダーなど、いずれも統計学、確率論、金融工学などを駆使する“理系らしい”職種と言える。

関連学部・学科:理学部、工学部、理工学部など
理系の魅力は無限大

理系人は文系職にだって就ける!
ここまでに挙げた職種には、「理系でしかなれない職業」も多く含まれます。反対に、「文系でしかなれない職業」と言われるものは、それほど多くはありません。つまり、理系は、文系出身者の多い職種も視野に入れることができるのです。実際、理系の学部や学科を経て、営業、広報、人事、経理などの職に就く人も少なくありません。そしてもうひとつの強みは、理系から文系への転身が、その逆と比べて容易であること。文理を選択した後に、心惹かれる職種や新たな夢と出会うことは少なくありません。“理系”という選択は、子どもの可能性を広げることに繋がるとも言えます。
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。