息子は小学校2年生です。中学受験をさせるか悩んでいますが、塾はいつから通えばよいでしょうか?

保護者に中学受験の経験がない場合、中学受験の準備でどんなことをするのか想像しにくいでしょう。ここでは中学受験をすることを前提に話を進めていきます。

最近は、中学受験を目指す場合、新4年生から塾に通うことが一般的になりつつあります。それは、多くの大手進学塾が新4年生から学習を始めるカリキュラムを組んでいるからです。10年ほど前までは、5・6年生の2年間でカリキュラムを組む塾が大半でした。しかし、基礎学力の低下に伴い、2年間で合格までの指導を終えることが難しくなりました。その結果、3年間で学習するカリキュラムへ移行するようになったのです。

四谷大塚がアンケート調査をしたところ、中学受験を目指す生徒のおよそ50%が「4年生から塾に通い始めた」という結果が出ています。残りの50%については5年生からの生徒と、3年生以下からの生徒が同程度でした。

「5年生から塾に通うのは遅いですか?」という質問もよくあるのですが、学校の授業をしっかり理解できていれば、5年生からでも受験勉強に対応できないわけではありません。ただ、それでも入塾して最初の2、3か月は学習の量と質にとまどう子が多いのも事実です。

塾での学習は、質・量ともに学校での学習を上回っています。いきなり塾の勉強タイルに直面すると、その多くの子供が面食らうことになります。それを防ぐためにも、基礎学力をアップさせるトレーニングはしておいた方がよいと思います。

4年生から塾に通う場合も、入塾する前から計算練習をしたり、通信教育などを利用して基礎学力をアップさせている家庭が多いようです。低学年の頃から受験勉強に取り組むことが一概によいとは言えません。ですが、少なくとも塾に通い始める1年前くらいから助走期間を設けた方が、子どもも塾での学習にスムーズについていくことができると思います。

お悩み相談室
うちの夫は、受験に対して非協力的です。少しでも協力...
受験生の子どもをサポートする親には、さまざまな役割が求められます。子どもの学習計画を考えたり、学習態...>>続きを読む
脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。